418件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

家計の金融資産の半分以上が現預金。その現状を把握した上で「銀行、証券会社の連携で顧客の資産形成のサポートや金融リテラシー向上のため、貯蓄から投資の流れを促す」と旗を振る。

ロボアドバイザーとは、年齢や年収、保有金融資産額、資産運用目的などに関する質問への回答を踏まえ、人工知能(AI)が投資家のリスク許容度などを自動的に判定し、その属性に適した資産運用ポートフォリオを提示...

NECは、欧州ITベンダー3社の買収で獲得した「デジタルガバメント(DG)」と「デジタルファイナンス(DF)」のソフトウエア資産の相乗効果を高めるため、各サービスのプラットフォーム(基盤)に横串を通す...

資産形成層で需要高まる わが国において、「貯蓄から資産形成へ」は進んできたのだろうか。... 一方、わが国の個人金融資産構成の比率において、現金・預金が54・3%...

産業春秋/想定外・想定内 (2021/7/13 総合1)

所得税の増加は個人の金融資産が増加したためだ。

海外資産運用会社の日本市場参入や海外の運用専門人材を取り込むことで「世界に開かれた国際金融センターの実現を目指す」(麻生太郎財務相兼金融相)方針だ。... 海外資産運用会社の日本市場参入は、日本の資産...

まずストック資産を積み上げて、将来は収益に対する比率を50%にしたい。... またローンや保険、事業承継、不動産、遺言など金融全般のサポートに加え、超富裕層には、家訓作成やプライベートジェットの手配、...

ところが、投資家と投資先をつなぐ資産運用会社数の伸び率は、シンガポールや香港に比べると大きく見劣りする。... 具体的には海外の資産運用会社の東京進出を税制面やビジネス環境面で後押しするほか、国内の資...

担当期間も7―10年の長期間にし、顧客との資産運用を綿密に実施する。... また、株式の売買手数料だけでなく、投資助言サービスを通じて顧客の預かり資産残高を増やし、収益全体に占めるストック資産の割合を...

日本の金融資産は高齢者に偏る中、株式などの売買取引ではなく、総資産をどう運用し次世代に相続できるかへの関心が高い。... 高度金融人材に加えデジタル人材などを社内で育成し定着させる。既存社員においては...

産業春秋/「FIRE」志向 (2021/5/20 総合1)

基本的には節約と積極投資でまとまった金融資産を築き、配当などを得る。

野村総合研究所によると、純金融資産が1億円以上の富裕層は2019年に約133万世帯と17年比で6万世帯増加している。

また、保有する小売り事業や金融資産が、十分な収益を生んでいないと批判した。

今後の資産の行方に注目 資金循環統計とは、国内の金融機関、法人、家計といった各経済主体の金融資産・負債の残高や増減などを、預金や貸し出しといった金融商品ごとに記録した統計のことであり...

楽天証券は26日に資産運用に関心を持つ個人と独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)をつなぐ新サービス「お金の健康診断for楽天証券」の提供を始める。... 年齢や金融資産、家族構成など家計に関す...

娯楽性の高い投機と違い、そうした企業に預けても徐々にしかもうからないと考えるべきだ」 ―日本の家計の金融資産は過去最高の水準です。

魅力的な資産形成商品の提供が難しい中、高齢化を背景にニーズが高まる贈与や相続など、資産承継につながる商品を機動的に提供する構え。... 「個人金融資産が高齢者に偏在する状況が続いている。... 「金融...

日銀や金融団体などで構成する金融広報中央委員会がまとめた2020年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上の世帯が保有する預貯金や株式といった金融資産の平均額は1436万円となった。.....

1人の顧客により密度高く、高度に提案できる体制を整えた」 「約50人のチームをつくり、78万口座に従来の取引履歴や預かり資産を見ながら、当社から積極的に電話ベースで営業をかけている。...

消費や生産面への打撃もその分大きくなり、救済のために金融を大幅緩和してみれば、市中に購買力があふれた。将来のインフレ懸念故か増発通貨の手中留保より、他の金融資産に移転させる動きが加速。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる