電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,243件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

未来にはばたくスタートアップ(11)PRONI 中小の外注先探し効率化 (2024/5/21 中小・ベンチャー・中小政策)

柴田大介CEOは「BツーB(企業間)領域の受発注基盤を変える」と熱く話す。 ... (石川侑弥)(随時掲載) 【日本...

従来は個人向け販売が多いが、企業の健康意識や顧客サービスの拡充ニーズに対応し、BツーB(企業間)を強化する。 ... 空と陸の輸送などBツーBでバクネシリーズの普及を...

不動産テック市場のうちBツーC(対消費者)領域は、同約2・6倍の1兆8600億円になると見込む。... BツーB(企業間)領域は、同約2・3倍の5180億円に伸びると予...

ビジネスの主体が長らくBツーC(対消費者)だった自社を「量産型で付加価値を作る考えが染みついている」と分析。これからBツーB(企業間)を主力事業に育てるに当たり、「ソリ...

BorderTech(千葉県流山市、岸本誠社長)は、食品企業向けにBツーB(企業間)の越境電子商取引(EC)サイト「JVREXTra...

特にBツーB(企業間)の顧客は価格ではなく、自らの問題を解決してくれることを望んでいる」 ―特定領域に秀でている企業も多いです。

大画面で色彩鮮やか LGジャパン、プロジェクター4種 (2024/5/9 電機・電子部品・情報・通信2)

LGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区、孫成周社長)は、BツーB(企業間)向けプロジェクター「BU70QGA」を含む4機種を発売した。

挑戦する企業/鹿島(12)「建設」題材に教材作成 (2024/5/7 素材・建設・環境・エネルギー)

とりわけBツーB(企業間)を中心とする企業にとって、社名の浸透と知名度アップは難題だ。

ゼネコン、ブランディングに重点 (2024/4/30 素材・建設・環境・エネルギー)

PR戦略の強化は、こうしたBツーC(対消費者)向けのサービス関連事業の拡大を目指していた時期と重なる。... リクルート活動では、一般的な知名度でBツーC企業に劣り、同じBツーB...

BツーB(企業間)製品を主体とする8社が、アウトドア用品などを持ち寄る。

特にBツーB(企業間)ビジネスが中心の中堅・中小にとって、訴求法は永遠のテーマだ。

千歳喜弘氏は磁気テープ事業への依存から脱却を図りながら、BツーB(企業間)企業への移行を進めた。... 勝田善春氏も引き続きBツーBに注力。... プロジェクター事業からの撤退や国内B...

千代田化工建設、米ファンドに出資 (2024/4/9 機械・ロボット・航空機2)

千代田化工建設はBツーB(企業間)スタートアップへの投資を手がけるベンチャーキャピタル(VC)「DNX Ventures(DNX)」が運営する第...

材料の代替乳製品のBツーB(企業間)取引にも注力し、食品メーカーなどと交渉を進めていく。

業容拡大を目指す上でBツーBツーC(企業間対消費者)のマーケティングに詳しい人材がいないことが悩みだった。

しかもFA(自動化)製品などのBツーB(企業間)業界が主要顧客だ。... BツーBの顧客基盤は強みであり、企業などの要望を受けてオリジナルゲーム3作品の開発が進行中だ。...

BツーC(対消費者)の民生品事業は全体売上高の56%(08年当時)を占めており、ポートフォリオ転換が急務となっていた。... 22年にはBツーB(企業間...

企業間取引(BツーB)の場合、この答えを拙速に求める行動の典型例が、大手の顧客の要望にそのまま応えて製品をつくることである。... 2023年現在、B2B Makers共同代表...

MS&ADインターリスク総研と岡山大、脱炭素メリット分析 (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

一つ目はBツーB(企業間取引)を中心とした企業を対象とし、高い排出削減目標を掲げるなど脱炭素に意欲的な企業群と、そうではない企業群の業績を分析する。

インド中華は外食店から一般家庭へと情報が流れることを踏まえ、まずはBツーB(企業間)で基盤づくりを進めており、有名ホテルや大手チェーンなどで採用実績が出てきた。... 21年に同国の新...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン