電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

429件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

食品ロボ、海外開拓本格化 テックマジックなど積極出展 (2024/5/9 機械・ロボット・航空機2)

(編集委員・嶋田歩) テックマジックの炒め調理ロボット「I―Robo」は、1月のCESで「イノベーションアワード」を受賞した。... フィンガービジョンもCESで、視...

視触覚センサーの技術は1月に米ラスベガスで開かれた家電・IT見本市「CES2024」にも出展。

CES2024に、試作ネット有志メンバーが共同開発した排熱発電システムのコンセプトモデル(機能試作)を出展するためだ。前回のCESを視察し、世界的な大企業やベンチャー関係者と交流できた...

CESは、毎年1月に米国ラスベガスで開催される世界最大規模の最新テクノロジーの展示会である。... 今年のCESで示されたV2Xの取り組みは参考となるだろう。

ホンダ、独創性で独走! (2024/3/6 自動車・モビリティー)

同車両は24年1月に米ラスベガスで開催された家電・IT見本市「CES2024」で世界初公開した。... CESの会場では「独創的なホンダが戻ってきた」など高評価の声があったという。

クボタがCESに初出展 未来の農業、データ活用 (2024/2/7 機械・ロボット・航空機2)

1月上旬に米国ラスベガスで開催された、世界最大のデジタル技術見本市「CES2024」に初めて出展。... クボタはCESで、自社が描くスマート農業に向けたコンセプト機を出展した。... そんな未来の農...

米国のハイテク技術見本市「CES」では韓国やシンガポールを筆頭にアジアのスタートアップ企業が多数参加して高い評価を得ており、移民法改正が「米国で起業する」の夢に立ちはだかるようになればその影響も看過で...

米ラスベガスで同日開幕した家電・IT見本市「CES2024」でも、26年に新しいEVシリーズを北米から投入すると発表しており、EV市場で攻勢をかけている。

ホンダは10日(現地時間9日)、米ラスベガスで開催中の家電・IT見本市「CES2024」で、2026年に新しい電気自動車(EV)「0(ゼロ&...

9日開幕の米デジタル技術見本市「CES2024」では生成人工知能(AI)が話題の中心。

両社の技術を組み合わせた見守りソリューションを米ラスベガスで9日―12日(現地時間)に開催される「CES2024」で初披露する。

9日(現地時間8日)、米ラスベガスで開幕する家電・IT見本市「CES2024」のプレス説明会で発表した。... CESのプレスカンファレンスに登壇した川西SHM社長は「人とモビリティの...

米CES、日本勢が最新技術 ソニー、XRで3Dモデル制作 (2024/1/10 電機・電子部品・情報・通信)

パナ、有機ELテレビ/三菱電、LiDAR計測 世界最大級の家電・IT見本市「CES 2024」が米ラスベガスで現地時間9日に開幕する。

きょうの動き/9日 (2024/1/9 総合3)

■政治・経済■ ◇12月と23年の都区部消費者物価(8時半、総務省) ◇11月の家計調査(8時半、総務省) ◇11...

THIS WEEK (2024/1/8 総合2)

8日(月) 先勝 成人の日 ■国際 ▽23年11月の独貿易統計(統計局) ▽23年11月...

2024年 経済・産業 主な日程 (2024/1/4 総合3)

1月 4日(木)▷岸田文雄首相が年頭記者会見 ...

CES出展は今回が初めて。... CESに出展するのは、排熱などが通るパイプと外気の温度差を利用して発電する熱電排熱発電システムのコンセプトモデル。... 国内を中心に試作受託で実績を重ねてきたが、今...

マレリは米ラスベガスで2024年1月9日に開幕する国際見本市「CES2024」に、自動車用ランプとディスプレーの新しい製品プラットフォーム(基盤)「Lean(...

ホンダ、CESで新EV公開 4年ぶり出展 (2023/12/8 自動車・モビリティー)

ホンダは米ラスベガスで2024年1月9日から開かれる国際見本市「CES2024」で、世界市場向けの電気自動車(EV)の新シリーズを公開する。ホンダのCES出展は20年以来、4年ぶり。....

イノフィス、アシストスーツで北米開拓 CESに2機種出展 (2023/11/23 機械・ロボット・航空機1)

2024年1月に米国ラスベガスで開催される国際見本市「CES2024」に2機種を出展する。... CESへの出展は2回目。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン