53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

製造したSAFは3空港以外も含めて日本の空港で発着する航空会社に供給する。 航空業界で二酸化炭素(CO2)排出量削減が求められる中、SAFは原油由来の燃料に...

そして、低燃費の機材の導入や持続可能な航空燃料(SAF)の導入などの取り組みを推進するために、航空会社が「航空運送事業脱炭素化推進計画」を作成し、また、空港における取り組みを推進するた...

石連会長、ガソリン補助金「出口戦略に時間必要」 (2022/6/23 建設・生活・環境・エネルギー)

また、同日開催した理事会で2023年度税制改正要望を取りまとめ、持続可能な航空燃料(SAF)に関係する要望を追加した。具体的にはSAFの原料輸入に係る関税とニートSAF(バイオ...

中日本航空など、バイオ燃料ヘリ試験飛行 国内初 (2022/6/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

約30分の飛行を通じてSAFの使用感を検証し、本格導入につなげる狙いだ。 ... 今回の実証で使うSAF600リットルのうちサステオは1割で、残りの9割は既存の石油系ジェット燃料を混...

経済産業省と国土交通省は持続可能な航空燃料(SAF)の普及に向けた官民協議会を設置した。国産SAFの開発や製造を推進するとともに、供給側の元売り事業者と利用する航空会社の連携...

具体的にはバイオ原料の開発や新技術によるSAF製造、サプライチェーン(供給網)の構築を行う。 ... また、仏トタル・エナジーズとは、ENEOS根岸製油所&...

航空輸送のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)について、「持続可能な航空燃料(SAF)が達成の切り札だが国産化できていない」と指摘する...

ガラス繊維製の吸音材「セキソーアコースティックボード(SAB)」の素材構成の改良や、不織布製の吸音材「セキソーアコースティックファイバー(SAF)」を組み合わせることな...

ボーイング787をはじめ、燃費の良い航空機の導入を進めているほか、SAF(持続可能な航空燃料)の活用が重要になる。SAFはフィンランドのネステや米ランザテックからの調達を予定するが、世...

SAFは廃食用油、バイオマス、微細藻類、廃棄物など化石燃料以外を原料にした航空燃料。... SAFの原料は多様なため、参加企業のネットワークや情報共有を進める。セミナーやイベント、学校教育によるSAF...

経営ひと言/日本航空・赤坂祐二社長「国産SAF推進」 (2022/3/4 建設・生活・環境・エネルギー)

航空の持続性を担保するにはSAF(持続可能な航空燃料)が必要だ」と話すのは、日本航空(JAL)社長の赤坂祐二さん。 このほど国産SAFの商用化や普及・...

平子裕志ANA社長は「経済安全保障の観点からもSAFは大きな意味を持つ」と指摘。赤坂祐二JAL社長は「航空の持続性を担保するためにSAFが絶対に必要だ」と決意を示した。両社は21年10月、SAFの必要...

寅年生まれの経営者 (2022/1/1 寅年生まれの経営者)

航空会社として2050年のゼロエミッション(排出ゼロ)達成に向け、持続可能な航空燃料(SAF)の開発をはじめ、本格的に取り組む1年としたい。

SAF(持続可能な航空燃料)への対応は。 ... 航空会社としては少ない燃料で済む飛行機に置き換えを進めた上で、SAFを使っていく」 ―海...

製造時に出る二酸化炭素(CO2)を回収する「ブルーアンモニア」や、木くずなどを利用した持続可能な航空燃料(SAF)向けプラントの建設の検討・事業化が、その一例だ。...

両社でSAFの量産と活用について幅広く発信し、SAFの普及に取り組む。 ... 平子裕志社長は「SAFの具体的な取り組みは欧米で先行している。... 日本ではSAFの多くを輸入に頼り...

ニュース拡大鏡/ANA、SAF活用促進 航空機利用企業と連携 (2021/10/15 建設・生活・環境・エネルギー)

航空機を利用する企業と共同で二酸化炭素(CO2)削減に向けて取り組むプログラム「SAFフライトイニシアチブ」を立ち上げ、産業横断的にSAFの利用促進に結びつける。... 日本ではSAF...

ANAとJAL、脱炭素へ連携 SAF共同開発 (2021/10/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

30年までに世界の航空燃料の10%を、CO2排出削減につながる植物由来などの「持続可能な航空燃料(SAF)」に切り替えるべきだと提言。その上で、両社がSAFの共同開発などで連携...

航空分野では「SAFが重要な役割を担う」(相良明彦丸紅常務執行役員)と、丸紅は廃プラスチックからSAFを製造する事業性調査を日本航空(JAL)などと進める。... JE...

メノン事務局長は記者団に対し「難しい目標だが、取り組んでいく」と述べ、燃料効率の向上、運航・インフラ面の取り組み、カーボンオフセット、持続可能な航空燃料(SAF)の使用促進により達成可...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン