電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,303件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

NTT西日本は11日、多言語化音声合成技術と音声拡張現実(AR)を組み合わせた実証実験に関連するイベントを大阪市内で開いた(写真)。... 実証実験...

ソフトバンク、ARで座席案内 福岡PayPayドームで実証成功 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

スタジアムやアリーナで、拡張現実(AR)による座席までの高精度な経路案内や、来場者のスマートフォンなどに応援コンテンツを一斉表示するといった観戦体験を提供できる。 ....

ボルボ、EV試乗会を開催 ブランド発信拠点1周年 (2024/4/9 自動車・モビリティー)

拡張現実(AR)などのデジタル技術を活用し、最新のボルボのEVや持続可能性、安全性に関する取り組みを体験できる。

製造業に特化したARとして、自動車や産業機械、舶用機器など多様な業種に導入を提案する。... AR画像には作成済みの3DCADデータを活用する。... ARのために新たな画像を制作する必要がなく「早く...

中興メタバース(5)世界で進む官民一体の施策 (2024/3/29 電機・電子部品・情報・通信)

その中で、「ユーザー主導のインターネット」を掲げるWeb4・0や仮想世界の定義を説明するとともに、仮想空間の世界市場が22年の270億ユーロ(約4兆4000億円)から30年までに800...

ダッソー、透析室の飛沫視覚化 (2024/3/19 機械・ロボット・航空機2)

仏ダッソー・システムズはパリ公立病院連合サン・ルイ病院と連携し、飛沫感染におけるリスクを把握して患者の治療や看護を最適化するために、気流シミュレーションと拡張現実(AR)を組み合わせた...

大型パネルにとどまらず、スマートフォンやスマートウオッチ、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、医療用モニター、自動車のメーターディスプレーなど幅広い用途を見込む。...

飛島建、3Dの音場情報を可視化 MR・ARデバイス活用 (2024/3/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

複数断面内または物体表面上の音圧レベル分布を複合現実(MR)・拡張現実(AR)デバイスを用いて可視化することで、空間全体の騒音源や遮音欠損部を一度に探査できる。... ...

キヤノン、VR撮影対応のデジカメ機種拡充 利用者層を拡大 (2024/3/5 電機・電子部品・情報・通信1)

キヤノンはカメラのほか、XR(VRや拡張現実〈AR〉などの総称)領域にも注力。

米アップル、商標登録求め提訴 (2024/2/29 電機・電子部品・情報・通信2)

米アップルは開発者向けの拡張現実(AR)コンテンツ制作ツール「リアリティー(現実)・コンポーザー」と「リアリティー・コンバーター」の商標登録を米特許商標庁(US...

利用客の座るいすに貼り付けた拡張現実(AR)マーカーで配膳前に正確な停止位置を確認した後、料理を配膳する。

ARで検査データ投影 東北某所に立つ普通の橋脚。... 拡張現実(AR)とスマートグラスを組み合わせ、検査したその場で測定結果を視認できるシステムを、大学や計測機メー...

米アップル、ARゴーグル発売 (2024/2/7 電機・電子部品・情報・通信2)

米アップルはコンピューターグラフィックス(CG)と現実の景色を重ね合わせて表示する拡張現実(AR)に対応したゴーグル型端末「アップルビジョンプロ」を米国で発売した。

スマートフォンに拡張現実(AR)で避難支援情報を提示し、避難所では生成AIが応対する。 ... などのメッセージをARで表示する。

シャープは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)など現実世界と仮想世界を融合したエクステンデッド・リアリティー(XR)を中心とする新規事...

日本IBM、虎ノ門ヒルズに本社移転 (2024/1/31 電機・電子部品・情報・通信1)

名刺上に自身の分身を表現できる拡張現実(AR)ソリューションや360度スクリーンによる没入型体験空間などもそろえ、新しい働き方を推し進める。

空質・空調機器を一括管理 パナ、システム商品拡充 (2024/1/31 電機・電子部品・情報・通信1)

また、エアコンから出るイオンの拡散状況などを事前確認する拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ツールも開発した。

清水建など、ARでシールドマシンの現在位置確認 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー2)

掘進イメージ可視化 清水建設は菱友システムズと共同で、地中を掘進するシールドマシンの現在位置をタブレット端末の拡張現実(AR)画面でリアルタイムに確認できるシステム「...

第66回十大新製品賞/本賞 アマダ (2024/1/30 機械・ロボット・航空機1)

映像に拡張現実(AR)でワークを固定する位置を赤く示し、作業者は赤い表示にワークを重ねれば、複雑な形状でも正確に曲げられるようにした。

KDDI、音楽ライブコンテンツ充実 アーティストも発掘 (2024/1/24 電機・電子部品・情報・通信2)

通信業界では第5世代通信(5G)をはじめとする通信技術や、拡張現実(AR)や人工知能(AI)といったデジタル技術の発展を背景に、消費者に新たな体験をもた...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン