電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

212件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

JR西、新幹線「N700S」増備 26年度までに4編成 (2024/2/15 生活インフラ・医療・くらし)

JR西日本は14日、東海道・山陽新幹線の新型車両「N700S」を2024―26年度に4編成追加投入すると発表した。JR西所有のN700Sは従来比2倍の8編成になる。... N700...

JR西、グリーンローンで200億円調達 省エネ車両導入向け (2024/2/6 生活インフラ・医療・くらし)

山陽新幹線では、走行抵抗を低減した先頭形状や次世代半導体「SiC素子」の駆動システムの採用でエネルギー消費を改善した「N700S」の導入を進める。

台湾高鉄は東海道新幹線の車両「N700S」を基にした新型車両も発注しており、導入に向けた支援も展開する。

東海道新幹線の車両「N700S」のバッテリー装置に採用されたほか、JR西日本、東京メトロなどの車両にも使われる。

鉄道、防犯カメラ設置進む 相次ぐ事件、対策急務 (2023/7/7 生活インフラ・医療・くらし2)

最新車両のN700Sは客室や通路に合計165台、N700Aは105台を設置。

JR西、高性能新幹線「N700S」追加投入 異常時の対応力強化 (2023/6/23 生活インフラ・医療・くらし2)

24-26年度には「N700A」タイプの40編成でN700Sの機能を反映する改造を行い、安全・安定性向上を図る。 N700Sは自動列車制御装置(ATC)とブレ...

JR東海の最新の新幹線車両である「N700S」がベースの車両を製作し、2026年から順次納入していく。 ... 同社は日本の新幹線システムを導入して07年に開業し、日本の「700系」...

キヤノン、映像制作カメラアプリ2種投入 自動追尾で撮影の負担減 (2023/2/2 電機・電子部品・情報・通信1)

同社のリモートカメラ「CR―N700」に自動追尾機能などを搭載でき、作業負担を軽減する。

展望2023/JR東海社長・金子慎氏 沿線住民対象ビジネス開拓 (2023/1/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

一方、私たちの取り組みとしては、『N700S』を入れるなどして省エネルギー化を推進する。

激動の経営/excellent(1)自社製品探索の旅 (2023/1/10 中小・ベンチャー・中小政策)

excellent(エクセラント)もそんな1社で、N700系新幹線をはじめとした鉄道車両部品を手がけている。 ... N700系やW7系、近鉄観光...

JR東海、新幹線のアルミ材再利用 駅店舗の装飾・新車両に (2022/12/30 建設・生活・環境・エネルギー)

22年11月にオープンしたギフトパレットの新エリアには、後継車両「N700系」のアルミ材を活用。... JR東海の子会社「東京ステーション開発」は18年8月、700系の引退を前に新幹線アルミの活用を検...

九州新幹線を走るN700系車両の整備に用いる。

JR東海、新幹線「N700S」に電圧維持ソフト搭載 確認試験順調 (2022/11/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

結果を受けて他のN700Sにも本機能の搭載を広げていく考えだ。 ... N700Sを用いた機能確認試験では、地上設備や車両の他の機器への影響など、さまざまな環境下...

JR西、サスティナビリティーボンド100億円発行 (2022/11/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

山陽新幹線では走行抵抗を低減した先頭形状や炭化ケイ素(SiC)半導体を用いた駆動システムで省エネ化した「N700S」を増やす。

東洋紡の「ブレスエアー」、西九州新幹線のシート座面に採用 (2022/9/23 建設・生活・環境・エネルギー)

軽量・高反発で耐久性や通気性に優れ、JR東海の東海道新幹線「N700S」やJR西日本の特急「サンダーバード」などのシート座面に採用されてきた。

キヤノン、屋内遠隔カメラ最上位機種 12月発売 (2022/9/22 電機・電子部品・情報・通信)

キヤノンは、屋内型の映像制作用4Kリモートカメラの最上位機種「CR―N700=写真」を12月下旬に発売する。

JR東海、駅構内の個室型ワークスペース拡大 新幹線との相乗効果狙う (2022/8/31 建設・生活・環境・エネルギー1)

「のぞみ」7号車をビジネス専用車両に設定して通話やウェブ会議などを認めているほか、「N700S」では通常の2倍の容量のWi―Fi(ワイファイ)サービスの提供やノートパソコン用ACアダプ...

東海道新幹線、走行中の電圧低下解消 JR東海が「N700S」に抑制ソフト (2022/8/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

JR東海は走行中の新幹線の電圧低下を抑えるソフトウエアを東海道新幹線「N700S」の20編成に搭載し、2023年2月まで機能確認試験を実施する。22年度末までに導入予定のN700Sのうち、約半数に当た...

中小企業が健在な限りは新幹線も健在だろう」 ―20年7月にN700Sが運行しました。 「新幹線の進化の過程を知ってからN700Sに乗ると面白い。... JR東海はN...

荒天時のブレーキ性能向上 JR東海、新幹線向け新試験装置導入 (2022/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

東海道新幹線の「N700S」では時速285キロメートルの状態でブレーキをかけると、2800メートル先で停止できる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン