電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

39件中、2ページ目 21〜39件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

その中で日本は国立天文台が運用するチリのアルマ望遠鏡のほか、韓国や中国などと共同設立した東アジア天文台の運用で貢献している。... 南米・チリにある国立天文台のアルマ電波望遠鏡のほか、米アリゾナ州、ハ...

国立天文台がチリで運用する「アルマ望遠鏡」を利用。... アルマ望遠鏡での観測の結果、メタノールやアセトンなどの有機分子を円盤中で多数発見した。

惑星系の元になる円盤状の構造を電波望遠鏡で観測。... 国立天文台がチリで運用するアルマ望遠鏡で同円盤を観測し、今回の発見につなげた。

未熟「原始星」に円盤 東大など発見 (2018/9/6 大学・産学連携)

誕生後1000年程度の未熟な原始星を電波望遠鏡で観察。... おおかみ座にある原始星を、国立天文台がチリで運用するアルマ望遠鏡で観察。

電波望遠鏡での高解像度観測と解析を行い、銀河全体でガス分子が集まり大量の星が生まれやすくなっていることを突き止めた。... 国立天文台がチリで運用する電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で、ろくぶんぎ座の方角を...

観測には国立天文台がチリで運用する電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」を使用。

南米チリにあるアルマ電波望遠鏡などで観測した。

チリにある電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で、中心から電離ガスを放出する活動的な銀河を観測。

■人間関係拡大 国際プロ参画 愛知県の東三河に、国際的な天文プロジェクト「アルマ望遠鏡」に部品を納入する企業がある。... アルマ望遠鏡は南米チリの標高5000メートルの地に...

「過去一番の苦労」は2013年に本格稼働した「アルマ望遠鏡」の部品製作だ。

研究チームは、チリ・アタカマ砂漠に建設された電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」の観測データから、太陽程度の質量を持つ若い原始星「IRAS 16293―2422A」を解析した。

チリ・アタカマ砂漠にある電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」を利用し、地球から131億光年(1光年は光が1年間に進む距離で9兆4600億キロメートル)離れた銀河を観測。

電波天文学の聖地で、国際拠点でもある「国立天文台野辺山」(長野県)に端を発して、1999年には世界最大級の大型光学赤外線望遠鏡「すばる望遠鏡」(ハワイ)を完成させた。最...

富士通は14日、自然科学研究機構国立天文台と共同で、チリで進めている大型電波望遠鏡「アルマ」向けに専用スーパーコンピューター「ACA相関器システム」を開発し稼働したと発表した。... 望遠鏡のアンテナ...

また、国立天文台の井口聖氏が「21世紀の天文学―アルマ望遠鏡が挑む宇宙の謎―」と題した特別講演を行う。

同社はアルマ望遠鏡でも、相関器と呼ぶ専用のスパコンシステムでその運用を支えている。複数のパラボラアンテナが受信した大量の電波信号を一つの望遠鏡でとらえたように重ね合わせるには、膨大な計算が必要だ。.....

電波望遠鏡のシンボルである巨大なパラボラアンテナは三菱電機が製作した。66台で構成するアルマ望遠鏡のアンテナのうち、日本は直径12メートルのアンテナ4台と直径7メートルのアンテナ12台の製造を担当する...

「アルマ望遠鏡」と名付けられ、日米欧など約20カ国・地域が参加する国際共同プロジェクトで建設が進んでいる。... (3回連載) アルマ望遠鏡は「アタカマ大型ミリ波サブ...

(藤木信穂) 【直径18kmに相当】 日の丸技術の結晶ともいえるアルマ望遠鏡のパラボラアンテナ(三菱電機提供) チ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン