電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

319件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

伊藤忠商事は28日、NTTドコモ、ウーバー・イーツ・ジャパン(東京都港区)と、タブレット端末の回収・再利用事業を始めたと発表した。フードデリバリー事業「ウーバー・イーツ」の加盟店舗約1...

米ウーバー、採用を縮小 支出を削減 (2022/5/13 電機・電子部品・情報・通信)

米CNBCテレビによると、コスロシャヒ氏はウーバーの戦略転換について、投資家心理の「劇的な変化」に対応するための必要な措置だと説明。... ウーバーは今後、調整後EBITDA(利払い・税引き・...

楽天とウーバー連携、注文時オンライン決済 (2022/4/19 電機・電子部品・情報・通信1)

楽天グループとウーバー・イーツ・ジャパン(東京都港区)は18日、オンラインデリバリーサービス「ウーバーイーツ」と楽天IDを活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ」のサービス...

リーマン・ショックの際、ベンチャー投資を減少した日本に対し、米国はスタートアップ支援を続け、Airbnbやウーバーなど世界を代表するスタートアップを輩出した。

同社はウーバーと同業の中国企業、滴滴グローバルの大株主でもあるが、米株式市場に上場した滴滴の株価は中国当局による調査を受け大幅下落した。 非公開情報だとして匿名を条件に述べた関係者に...

ウーバーは昨年7月に同サービスを開始した。... セーフウェイやランドールズなど1200店舗をウーバーの顧客が利用できるようにした。

ウーバーが昨年同事業をスタートアップ企業のオーロラに売却した後もボルボ車両が利用されている。

ただ、すぐに米国の投資額はリーマン・ショック前の水準に戻り、ウーバーやテスラといった世界を牽引(けんいん)するスタートアップがこの時に誕生した。

トヨタとデンソーは19年にウーバーの自動運転開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」に出資し、自動運転車両の開発を目指していた。

2018年に出資して以来、ウーバー株の売却は初めてだ。 ... ウーバー株は2020年、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴うシェアリングエコノミー産業への先行き不安から3月に大き...

ウーバーの黒字化目標達成に向けた動きの一環。 ... またこの関係筋によると、ウーバーは売却後、オーロラに4億ドル出資する。... 配車サービスや食品デリバリーネットワークにおける自...

また、地域活性化に向け、ウーバーのサービスを地方自治体などにも紹介する。 三井住友海上は2019年10月から、配達中の事故に対する「見舞金」制度をウーバーとともに構築している。...

配車サービスのウーバー・テクノロジーズや民泊仲介サービスのエアビーアンドビーに代表されるように、車や部屋がないのに業界のビジネスモデルを変革し高度なオペレーションを確立する事業者が出ている。

実は当社もここに投資していて、いずれIPO(新規株式公開)するものと思っていたら、7月にウーバーに約2860億円で買収されることが決まった。 ... うちシリコンバレ...

アップルやウーバー・テクノロジーズなど著名企業のアカウントからも同様の投稿が発信された。

リーマン・ショック後の不況下では、民泊仲介サービスのエアビーアンドビーや配車サービスのウーバー・テクノロジーズが急成長を遂げている。

ウーバーは料理宅配事業「ウーバーイーツ」を展開しており、買収を通じて事業強化を目指す。... ウーバーのコスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は「新型コロナウイルスの感染拡大のような危機...

ブルームバーグによると、ウーバーの料理宅配部門ウーバー・イーツのピエール・ディミトリ・ゴアコティ副社長が、ポストメイツ統合後の料理宅配事業の運営に引き続き当たる見込み。... ウーバーは5月にも料理宅...

製造業のDX ハイブリッド社会に向けて(1)日本企業の国際競争力 (2020/6/18 電機・電子部品・情報・通信)

【ウーバー代表】 変化の一つである利用型サービスの市場規模は、ある調査会社によると2025年に約36兆円まで拡大するとの推定がある。

新型コロナ/米ウーバー、従業員14%削減 (2020/5/8 電機・電子部品・情報・通信)

ウーバーにはソフトバンクグループ傘下のファンドが出資。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン