電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

25件中、2ページ目 21〜25件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

「99年7月の事業開始以来、投資した679社中119社のエグジット(投資回収)に成功した」とか。

エグジット(投資回収)の方も高いバリュエーション(企業価値)がつかず、当初予定していたエグジットができなくなっている。

将来の“エグジット(出口)”も上場より、企業の合併・統合(M&A)が向くのでは、と思案している。

「投資銀行の基本はフィー(手数料)ビジネスで、PEファンドは投資先のエグジット(売却)で収益を得る。

一方、スポンサーのメリットであるが、仮にエグジット時点で、企業価値が変わらないとしても、有利子負債の返済が順調に進むことで、その時点での株主価値が高まることになる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン