電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

282件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

これは、バッテリーについての各種のラベル表示情報、原材料、カーボンフットプリントなどの情報(細目は確定していないと理解している)をデジタルの形で提供することを義務付けている。

同樹脂を用いた接着剤は、カーボンフットプリント(CF、製造から廃棄までの二酸化炭素〈CO2〉排出量の合計値)低減製品として売り出している。

鉄連がグリーン鋼材の指針策定 証書分、CFと切り離す (2023/10/27 素材・建設・環境・エネルギー)

削減実績を示す証書付きの同鋼材を購入した顧客が使えるGHG削減量と、カーボンフットプリント(CF、製造から廃棄までの排出量合計値)は切り離すことを規定。

仏エコバディス、排出量算定に新機能 (2023/10/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

仏エコバディスは温室効果ガス排出量の算定支援に、新機能「製品カーボンフットプリント(PCF)データエクスチェンジ」を追加した。

カギはカーボンフットプリント(CF、製造から廃棄までの二酸化炭素排出量の合計値)の低減だ。

三菱マテリアル、英鉱業と覚書 銅製品供給網を持続可能に (2023/10/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

三菱マテリアルの銅関連製品について、製品のライフサイクル全体における二酸化炭素(CO2)排出量「カーボンフットプリント(CFP)」の算定と、その低減に向けた取り組みを進...

化学品「脱炭素」前面に 低環境負荷、川上から支援 (2023/10/17 素材・建設・環境・エネルギー2)

一方、住友化学は独自のカーボンフットプリント(CFP)算定システムの無償提供を進めている。

日本板硝子、CO2排出50%以下の建築用ガラス 欧で発売 (2023/10/16 素材・建設・環境・エネルギー)

日本板硝子(NSG)は欧州地域で、製品のライフサイクル全体における二酸化炭素(CO2)排出量「カーボンフットプリント(CFP)」を50%削減した...

カーボンフットプリント(CFP)など製品のバリューチェーンに関する情報を把握できるカテナ―Xの特徴などを紹介した。

DXの先導者たち(128)コラボゲートジャパン データに安全な「通り道」 (2023/10/12 電機・電子部品・情報・通信2)

また世界で企業の環境対応が求められる中、カーボンフットプリント(CFP)など正確なデータ把握が求められる分野にも注目する。

各社が展示で重要視し発信していたのは、カーボンニュートラル対応だ。 三井化学は大阪工場(大阪府高石市)のカーボンニュートラル構想などを紹...

富士通など、供給網全体のCO2可視化 企業間データ連携で (2023/9/14 電機・電子部品・情報・通信1)

世界標準作りに先鞭 富士通は13日、製品カーボンフットプリント(PCF)情報に関する企業間データ連携の社会実装プログラムにおいて、リアルタイムに稼働するサプライチェー...

経済産業省と環境省は3月に「カーボンフットプリント」に関する指針を公表。

EU、循環経済へ新政策 修理しやすさ・再生材利用を重視 (2023/8/16 素材・建設・環境・エネルギー)

商品が作られてから廃棄されるまでの二酸化炭素(CO2)排出量の合計値「カーボンフットプリント(CFP)」、修理のしやすさ、再生材使用量などが登録候補となっている。...

サステナブル経営推進機構、「環境ラベル」取得を支援 (2023/8/10 素材・建設・環境・エネルギー2)

同機構は生産から使用、廃棄までの影響を評価・開示する環境ラベル「エコリーフ」と「カーボンフットプリント」を運用する。

企業連携、伝達ルール化 GHGに着目し、商品が作られ、使用され、廃棄されるまでの排出量の合計値はカーボンフットプリント(CFP)と呼ばれる。... 同量の削減価値を持...

カーボンニュートラル(CN、温室効果ガス排出量実質ゼロ)のように1社では到底実現できない課題に向けて知恵を出し合うためだ。... するとカーボンフットプリント(製品全般の排出量...

今後は現場を支える熟練技能者の高齢化に加え、製品ライフサイクル全体の二酸化炭素(CO2)総排出量「カーボンフットプリント(CFP)」やマスカスタマイゼーションへの対応な...

ゼロボード、温室ガス算定サービス 国際組織の技術仕様準拠 (2023/7/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

ゼロボード(東京都港区、渡慶次道隆社長)の温室効果ガス排出量算定サービスが、製品全般の排出量「カーボンフットプリント」の計算方法を協議する国際組織「PACT」の技術仕様に準拠する手法と...

東芝、超小型熱伝導型センサー開発 混合ガスの濃度を即時測定 (2023/7/19 電機・電子部品・情報・通信)

製品やサービスの原材料調達から流通、廃棄やリサイクルまでのライフサイクル全体でのCO2の総排出量である「カーボンフットプリント」の表示が企業に求められているが、今回の技術を使えば信頼性の高いデータの取...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン