322件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

「社員が真剣に取り組んでいた」と目を細めるのは、ケーヒン社長の相田圭一さん。

ケーヒンも営業利益を下方修正し、11社の中で最大の減益幅。

ホンダ系サプライヤーのケーヒン、ショーワ、日信工業が日立オートモティブシステムズ(AMS)と合併を決め、メガサプライヤーへの道を歩み出した。... 10月30日に開いた会見でケーヒンの相田圭一社長、シ...

日立・ホンダ、車部品合併 (2019/10/31 総合1)

(最終面に 「深層断面」) 日立の完全子会社の日立オートモティブシステムズ(AMS)、ホンダが筆頭株主のケーヒン、ショーワ、日信工業が合併し、新会社を設立する。

特に「電動化はナンバーワンになれる」(コッホCEO)と挙げ、日立AMSとケーヒンの電動化技術での相乗効果を狙う。... ケーヒンはPCUの小型化などで性能を高め、国内工場で生産能力を増強した。... ...

ケーヒンは「第46回東京モーターショー」で電動車用新型パワーコントロールユニット(PCU)と最廉価新型ポート噴射用インジェクターを初公開する。

●工場に被害なし ケーヒンは宮城製作所(宮城県角田市)で14日の稼働を取りやめた。

技術力のある従業員が英語を話せるとは限らない」と分析するのは、ケーヒン取締役上席執行役員の鈴木真志さん。

ケーヒンは、人材の活性化や従業員の健康増進などにより、働きやすい環境づくりを積極化する。... ケーヒンは2030年度に現状比2倍の売上高7000億円を目指す長期ビジョンを掲げる。

ケーヒンの鈴木真志取締役上席執行役員は「残業増による人手確保などイレギュラーな対応をしなくて済んだ。

「企業も駅伝と同じだ」と持論を展開するのは、ケーヒン代表取締役専務執行役員の阿部智也さん。

「開発に使う最新のシステムやツールなどは、完成車メーカーが先行して取り入れている」と指摘するのは、6月に就任したケーヒン社長の相田圭一さん。

部品メーカーも、ホンダ系のケーヒンがホンダの工場閉鎖決定に伴い、英国の販売子会社を21年12月に解散する。

「日本が中心でやってきたが、技術の現地化を進めていきたい」と意気込むのは、ケーヒン代表取締役専務執行役員の今野元一朗さん。

「コスト低下だけでなく、多面的なやり方ができるようになり提案の幅が広がる」と語るのは、ケーヒン取締役常務執行役員の伊藤康利さん。

「お客さまに喜びを提供する」と意気込むのは、ケーヒン上席執行役員の島田育宜さん。

開発・生産、連携でコスト競争力 ―2030年度をゴールとした長期ビジョンで売上高を2倍増の7000億円とする目標を掲げました。 「エンジンマネジメントシステムや、パ...

ケーヒンは主要取引先であるホンダ以外の受注を広げる「他販拡大」に力を入れている。... 【より早い段階で】 例えばこれまで、完成車メーカーがエンジンシステムを設計し、ケーヒンがソフト...

四角形状のアルミダイカスト製のケースで、ケーヒン向けエンジン関連部品などを生産する宮城工場で試作・サンプル製作を始めた。

2030年度に売上高を倍増するという長期ビジョンの実現に向け、ケーヒンが中核に据えるのが電動化対応だ。... ケーヒン製PCUの特徴は、出力密度の高い点だ。... ケーヒンの成長を加速させる製品として...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる