電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

10,117件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

米ルーシッド、400人リストラ EV減速でコスト削減 (2024/5/28 自動車・モビリティー)

EV市場が大きく減速する中、コスト削減を急ぐ。 規制当局に提出した書類によると、人員削減は7―9月(第3四半期)末までに完了する予定。... EV業界では足元、人員削...

地域ごとにカスタマイズできる余地も残し、コストを抑えながらきめ細かく対応する」 ―円安に伴うコスト上昇の対応は。 「原材料や人件費などの高騰に対応するため、22年度...

各社、コスト削減技術など提案 カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、自動車メーカー各社が電動化を推進している。... 22日にパシフィコ横浜...

社員とコスト削減の知恵を出し合うなど社内外の多くの人に支えられ生き残った。

旭化成、CAE活用促進 講習会・サポート体制構築 (2024/5/23 素材・建設・環境・エネルギー2)

23年度に生産技術本部内で講習会などを実施し、コスト削減など一定の成果を上げた。... CAEの活用が課題解決につながるというイメージを持たれにくく、コストが高いといった認識もあったと捉える。 ...

ファナック、CNC一新 顧客目線の使いやすさ重視 (2024/5/23 機械・ロボット・航空機2)

従来溶接品だった走行軸ベースとスライダーを鋳物に置き換えることで剛性を高め、脚数を削減。設置幅を従来比約30%減に幅狭化し、輸送コンテナにも2列積載が可能になるなど輸送コスト削減も見込める。&...

日本経済は「失われた30年」で低成長が続き、国内でのコスト削減と海外への生産移転が進んだ。

クラレ、ビニロンなど来月値上げ (2024/5/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

原燃料などのコスト増に加えて物流費用が高騰しており、コスト削減など自助努力の範囲を超えたため、国内外向けともに値上げを決めた。

米インディード、従業員8%1000人削減 R&D部門を再編 (2024/5/22 生活インフラ・医療・くらし2)

人員削減はここ2年で2回目。... インディードは2023年、売上高が伸び悩む中、コスト削減のため2200人を削減。当時とは対照的に、今回の人員削減は組織の肥大化を抑え、意思決定を迅速化することを目的...

日鉄、自動車技術展で環境型部品展示 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

部品の一体化による軽量化や省力化、コスト削減に役立つ技術やモーター、バッテリーなど電動化関連の技術について特別展示コーナーを設けるほか、プレゼンテーションの場を用意する。

大倉工業、農機から提案 フィルム製品を拡販、省力化・コスト減支援 (2024/5/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

フィルムなど関連製品と合わせて、農業の省力化やコスト削減などをトータルで提案する。... 同フィルムは厚さを従来品の0・02ミリメートルから0・012ミリメートルに薄くして長尺巻きにしたことにより、コ...

OA5社の通期予想、4社が増収営業増益 在庫調整・コスト減寄与 (2024/5/21 電機・電子部品・情報・通信1)

ペーパーレス化の加速などで印刷需要は緩やかな縮小が見込まれる中、各社は収益源の多様化や一段のコスト削減、事業の選択と集中にも迫られる。 ... 複合機の開発生産の統合・効率化によるコ...

NEC、クラウドに移行 ERP更新・運用コスト削減 (2024/5/20 電機・電子部品・情報・通信)

クラウドへの移行に当たり、カスタマイズ(個別対応)を最小限に抑え、将来のシステム更新と運用コストの削減を目指す。

製紙6社の通期見通し、全社が営業増益 製品値上げ、利益押し上げ (2024/5/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

三菱製紙はコスト削減効果が増益に寄与する。

CO2分離回収技術の普及に向けては、要素技術の省エネルギー化とコスト削減が重要である。

エルモッティ氏はまた、130億ドルのコスト削減により生じた資金について、事業の強化などに充てると語った。

武田薬、効率化投資 構造改編・DXに1400億円 (2024/5/15 生活インフラ・医療・くらし1)

「組織の機動性」、「調達コスト削減」「データ、デジタル、テクノロジー」の3本を柱に、全社的に効率化を図る。例えば組織の機動性向上においては、組織の階層を減らして意思決定を迅速化するほか、人員削減にも取...

JDIの通期見通し、当期赤字266億円 液晶ディスプレー減収 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信1)

独自の次世代有機ELディスプレー技術の中国への提供などによる技術収入のほか、コスト削減による事業効率化などで収益を改善する。

乗用車7社の通期見通し、6社が増収 北米など販売堅調 (2024/5/14 自動車・モビリティー)

一方でインフレ影響などコスト増が収益面で負担となる。... 日産自動車は販売台数の増加に加え、為替差益やコスト削減効果が寄与し営業増益を見込む。

帝人が新中計、事業益500億円 成長投資1000億円超 (2024/5/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

セグメント別の戦略では、マテリアルセグメントはアラミド繊維や複合成形材料の生産性向上、生産安定化によるコスト削減、新規用途の取り込みなどを推進。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン