97件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

今後のニッケル相場・需給について大越氏は、「主要産地のインドネシア、フィリピンはニッケル鉱石の供給規制を徐々に緩和しているため、今後、供給が増加してくる可能性がある」と指摘した上で、「ニッケルの在庫水...

ニッケル増産への動きが続いている。... インドネシア政府が発給するニッケル鉱石輸出枠は増加し続け、既にインドネシア政府が総輸出枠として承認した数量は2049万wetトンとなっている。これにより17年...

フィリピンのニッケル鉱石輸出に関する動向に対して、中国は敏感である。... また最近、議員立法による河川での鉱石採掘の禁止と原鉱石での輸出の禁止を盛り込んだ法案提出もある。... だが、それに代わる各...

またインドネシアからは、ニッケル鉱石230万トンとボーキサイト240万トンの中国向け輸出が許可されたことが報じられている。同国の国策に従って進められていたインドネシア国内でのニッケル銑鉄やフェロニッケ...

そのため、「さらに輸出許可枠が多くなる可能性もあり、それがニッケル価格の見通しを不確定にさせている」との見方もあるが、現時点でインドネシア政府から輸出承認が得られているのは370万トンの低品位ニッケル...

非鉄先物はロンドン市場でニッケル相場が下落した。... ニッケル相場について三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部の芥田知至主任研究員は、「インドネシアがニッケル鉱石の輸出規制を緩和。これに加え5...

また、ニッケルは需要の大半がステンレス向けで、鉄鋼相場の下落が相場を押し下げた。 ... これに加え供給側の要因として、「これまで鉱石の輸出を禁止していたインドネシアが禁輸を緩和し、...

フィリピン環境天然資源省、停止鉱山に出荷許可 (2017/3/28 素材・ヘルスケア・環境)

フィリピン環境天然資源省は操業を停止しているニッケル鉱山8カ所に対し、採掘済み鉱石の出荷を認める覚書を出した。... ロイター通信が確認した覚書によると、ロペス環境天然資源相は鉱山付近の水域に沈泥(シ...

インドネシア財務省、鉱物輸出税率を新たに設定 (2017/2/21 素材・ヘルスケア・環境)

含有量1・7%未満のニッケル鉱石と、酸化アルミニウムが少なくとも42%のボーキサイトについては、税率を一律10%とする。

1月12日、インドネシアは二つの条件下でのニッケル鉱石とボーキサイト輸出禁止の緩和を発表した。... インドネシアの当該省令では、低品位とは1・7%以下のニッケル鉱石、42%以下のボーキサイトとしてい...

インドネシア・エネルギー・鉱物資源省高官は議会で政府は加工・精製ニッケル販売に課すロイヤルティーを現在の4%から2%に引き下げる方針だと述べた。... 同高官によると、ニッケル鉱石の売却には引き続き4...

ニッケル資源が少ない中国では、鉱石、フェロニッケルなどの輸入依存度が大きい。低品位ニッケル鉱石を輸入してのニッケル銑鉄(NPI)による対応や、NPIそのものの輸入も多い。... 同国では最近、鉱石禁輸...

インドネシア鉱物資源省のパムジ事務次官は2014年に導入された鉱物原石の輸出禁止制度が改正されれば、17年のニッケル鉱石輸出量が最大で1500万トンに達する可能性があると述べた。... パムジ氏は「製...

インドネシア政府、鉱業法改正案を近く策定 (2016/10/7 素材・ヘルスケア・環境)

鉱業各社が国内で進める製錬所建設の完工期限を最大5年間延長することや、2014年以降禁止されてきたニッケル鉱石の輸出解禁が盛り込まれるとみられる。

鉛、亜鉛、そしてニッケルなどのベースメタルが価格の回復を示している中、銅は低迷が続き、さらに軟化する見通しさえある。 ... ニッケルの価格は6月にフィリピンでのニッケル鉱石輸出が全...

中国のニッケルに対する関心は、引き続き最大のニッケル鉱石供給国であるフィリピンの環境政策とその影響に集中している。... また、20日にはフィリピンの東サマールにある鉱業企業の「ニッケル鉱石搬出再開に...

フィリピンのニッケル鉱石の供給ネックに関する情報が、引き続き中国で関心を持って迎えられている。... フィリピンは中国にとって最大のニッケル鉱石供給国となっている。 ... ニッケル...

フィリピンのロペス環境天然資源相はニッケル国内最大手ニッケル・アジアに対し、中国向けニッケル鉱石の輸出停止を要請した。... 輸出停止の要請は、マニカニ島でのニッケル・アジアの鉱石事業に関する政府監査...

ニッケル価格が上昇している。... 一部では輸出が回復されたとの情報もあるものの、高品位鉱石が産出されるタウィタウィ自治州の動向が今後どのように影響するか、関心は続いている。 ......

LMEニッケル、8週ぶり大幅安 (2016/7/7 商品市況)

5日のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は反落し、8週間ぶりの大幅安となった。中国へのニッケル鉱石供給大国であるフィリピンについて、環境規則を満たさない鉱山を閉鎖するとした同国政府の対応に、予...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる