133件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

「東京大学の梶田隆章卓越教授による素粒子の一種『ニュートリノ』の研究は、基礎的ですぐ実用化できるものではない。

素粒子の一種「ニュートリノ」の研究で2015年にノーベル物理学賞を受賞した。 研究していた当時、ニュートリノに関して観測データが予想値に比べ少なかった。

素粒子の一種であるニュートリノに関する発見で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は4日、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催中の「VACUUM2019真空展」で講演し...

文部科学省は東京大学宇宙線研究所などが計画する次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」について、建設費の一部18億円を2020年度予算の概算要求に盛り込んだ。

文部科学省は、次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」の建設を2020年度にも開始する。... ニュートリノは、物質を構成する陽子が崩壊する際に発生する素粒子。東京大学の小柴昌俊特別栄誉教...

ニュートリノなど、ノーベル賞につながる発見に光技術で貢献。

 東京大宇宙線研究所などが計画するニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」について、文部科学省は調査費約5000万円を計上した。

採択拠点は、15年のノーベル物理学賞につながった東大宇宙線研究所のニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」のように、設備を強みとするところが多い。

最新の光技術一堂に 浜松ホトニクス、車載用HUDなど展示 (2018/11/2 電機・電子部品・情報・通信1)

同社の光電子増倍管が使われノーベル物理学賞につながったニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」の内部を仮想現実(VR)で体感できるなど、今回は体験型の展示も増やした。

現在の物質が生成されたメカニズムを解明するカギと考えられているニュートリノの性質を調べるT2K実験(東海―神岡間長基線ニュートリノ振動実験)がそれである。 ... 【神岡へ出射】&#...

 東京大宇宙線研究所は9日、岐阜県飛騨市のニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」のタンク内部を報道公開した。  ... 内部には素粒子ニュートリノをとらえる「光電子増倍管」約1...

茨城県東海村にあるこの施設では、この世界を形づくるもっとも基本的な原子核である陽子を、光速近くまで加速して、炭素や水銀などの標的に照射し、中性子やミュオン、K中間子、そしてニュートリノといった2次粒子...

15年にニュートリノ振動の発見で同賞を受賞した梶田隆章同研究所所長がかぐらプロジェクトの代表を務める。

世界最高クラスの陽子ビームによって、中性子、ミュオン、K中間子、ニュートリノなど多彩な2次粒子ビームを利用できる。

40億年前に放出された素粒子の一種「ニュートリノ」を南極で観測。巨大ブラックホールを持ち強いガンマ線を出す銀河系外の天体が、高エネルギーニュートリノとその元となる宇宙線の放射源天体であることを突き止め...

弔辞では、ニュートリノの検出でノーベル賞を受賞した小柴氏が「世界一の光電子増倍管を作ってくれた。... 梶田氏も「(昼馬氏が)世界最大の光電子増倍管の開発を決断した時が、日本のニュートリノ研究の始まり...

みずほフィナンシャルグループ(FG)は、オミセジャパン(東京都渋谷区)が設立するブロックチェーン(分散型台帳)に特化した共有スペース「ニュートリノ」(東京都渋谷区)に参画する。... みずほFGがニュ...

15年に日本に物理学賞をもたらした「ニュートリノ」の研究も、現在は加速器を使った第2ステージに突入している。

スーパーカミオカンデのニュートリノ検出器タンクは、1ミリリットル当たり0・1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以上の粒子を100個以下に抑える5万トンの超純水で満たされ、ニュートリノ検出性能...

ニュートリノ観測やヒッグス粒子発見につながる光技術で「ノーベル賞の陰の功労者」と呼ばれる浜松ホトニクス。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる