電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

729件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

事業を成長させていくための人材が不足しているといった課題もある。 ... 企業庁は24年度予算の概算要求で約7億円を盛り込み、指針を基にしたモデル事業を行う計画。モデル事業の結果を参...

福島県がZEB化モデル事業補助に採択した。... 県はこの事業をモデルに、県内でのZEB普及を進める。 ... 県が補助事業で進めるZEB改修事業のモデルとして、県内に横展開していく...

経済産業省はサーキュラーエコノミー(循環経済)に関する自治体などの実証事業を支援する。... 自治体が民間事業者などと連携して進める実証事業を対象に費用の一部を補助する。... 補助を...

【さいたま】埼玉りそな銀行子会社の地域デザインラボさいたま(ラボたま、さいたま市浦和区、青木大介社長)は、埼玉県深谷市など地域の空き家課題解決に取り組む3事業が国土交通省の2023年度...

東京都は「中小企業等における排出量取引創出のためのモデル事業」の事業者を5社決定した。... 都では同事業を通じ、二酸化炭素(CO2)排出削減計画の策定や「J―クレジット」制度の市場に...

自動車関連事業の全拠点が排出ゼロとなり、前年度から22工場も増加。... 資源消費を削減する循環経済モデル事業には中国のローソン店舗設備のリファービッシュ(再整備)、賃貸住宅向け家電の...

2024年度予算の概算要求で新規事業として100億円を計上した。... CCSでは七つのモデル事業を選定し、30年までに国内の年間排出量の約1%に相当する約1300万トンの貯留を目指している。...

川崎市、SDGs補助金対象に5件 (2023/9/6 東日本)

【川崎】川崎市は「SDGs達成に向けたモデル事業創出支援補助金」の第1期対象事業者に5件を決めた。国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを促す事業。... 第1期の...

鶴ケ島市や埼玉りそな銀行鶴ケ島支店、空き家問題解決事業に取り組む空き家活用(東京都港区)と連携して、高校の探究学習にカリキュラムを提供する。... 今回の取り組みは、国土交通省の23年...

脱炭素を推進する国民運動「デコ活」の普及啓発事業が目玉で、52億円を計上。... このほか、国内外から観光客を呼び込むため、宿泊施設を整備して国立公園の魅力向上を図るモデル事業などには31億円を計上し...

関連事業で最大1500万円の予算措置をとっている。 ガストロノミーツーリズムでは大阪府南部の泉州・南河内地域の食を中心としたモデル事業を展開する。

「モビリティ環境対策課」では、交通公害対策を引き続き推進するとともに、新たに脱炭素モビリティ事業室を設置し、運輸分野の脱炭素化を推進する。... この事業の実施により、車両の価格低減やイノベーションの...

みらいワークス、地域スポーツ新興支援 経営の専門家紹介 (2023/8/11 生活インフラ・医療・くらし)

静岡県御殿場市と長野県軽井沢町でそれぞれ、地元のSCに人材を紹介するモデル事業を行う。 スポーツ庁が推進する「スポーツによる地域活性化・まちづくり担い手育成総合支援事業」の一環として...

さらに20―22年度、山形県上山市や長野県上松町など13地域が参加するモデル事業を展開し、企業側のメリットを検証した。 ... モデル事業の調査結果を専門家が分析すると、プログラム参...

環境省、カーボンフットプリントの算定支援開始 (2023/7/13 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は製品の生産から使用、廃棄までに発生する温室効果ガス排出量を集計した「カーボンフットプリント(CFP)」の算定支援事業を始めた。... 応募は8月4日までに製品・サービスのカーボ...

内訳は事業系が279万トンと前年度比4万トン増加した。... 環境省は廃棄ゼロエリアを創出するモデル事業を展開している。

環境省、地域脱炭素16件採択 (2023/6/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

環境省は地域ぐるみで中堅・中小企業の脱炭素化を支援するモデル事業に16グループを採択した。... 同省は中堅・中小企業の脱炭素化には日常的に経営を支援する自治体や経済団体からの後押しが必要と考え、20...

都、中小の脱炭素化支援 J―クレジット利用促進 (2023/6/23 中小・ベンチャー・中小政策)

東京都が2023年度から取り組むのは「中小企業等における排出量取引創出のためのモデル事業」。... エントリーは30日まで、各事業で先着12社ずつ、合計24社を受け付ける。書類審査やプレゼンテーション...

1日のCO2回収量0・3―200トンの5モデルを用意し、EPCよりも手軽に導入できる。... 13日には経済産業省が、CO2の回収・貯留(CCS)のモデル事業を七つ選定した。30年まで...

経済産業省は13日、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)のモデル事業を七つ選定した。2030年までの貯留開始と大規模化に向けてモデル事業を支援する。... ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン