100件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

バイオ薬は化学合成でつくる低分子医薬品に比べて生産が難しい。... 日本のメーカーは年間売上高が1000億円を超える低分子薬を、いくつも世界に送り出してきた経緯がある。... 20世紀(の新薬)はほと...

化合物を用いた低分子医薬品と生物の抗体を利用した抗体医薬品の次の創薬ターゲットとして注目されている。 低分子薬は生産の場がインドなどの新興国に移った。... 例えば低分子薬の合成では...

(斎藤弘和) 武州製薬社長・横濱潤氏 成長へ工場引き受け必須 ―先発薬メーカーが工場を医薬品製造受託機関(CMO)などに売却する動きは今後も続くとお考えですか。&#...

富士フイルムは7日、生物由来のバイオ医薬品の開発・製造受託(CDMO)事業を拡大するため、今後2年間で総額約100億円の設備投資を行うと発表した。... バイオ薬は化学合成による低分子医薬品では実現が...

「従来は(化学合成による)低分子医薬品だけで広範囲な疾患に対応していた。

武田は医療用医薬品の生産体制再編を進めてきた。... 光工場では主に、低分子医薬品やワクチンを扱ってきた。... 「(低分子以外の)新規モダリティの製品化までには時間的猶予があり、(光工場の設備や人員...

かつ、日本は欧米に比べるとバイオ医薬品がまだそれほど浸透していない。... 武田は4月、国内医療用医薬品事業の体制を刷新。... エンタイビオは生物由来のバイオ医薬品であり、武田が多く手がけてきた低分...

武田は2008年、米バイオ医薬品企業ミレニアム・ファーマシューティカルズを買収した。... 従来、武田は化学合成でつくる低分子医薬品を得意とし、研究開発対象とする病気も生活習慣病関連が多かった。

低分子医薬品と抗体医薬品、中分子医薬品は極力、自前でやりたい」 ―なぜ、中分子に着目しているのですか。 ... 低分子は細胞内の標的に作用するが、分子サイズを大きく...

低・中分子原薬の製法開発機能を強化し、早期に工業化技術基盤を確立する狙い。... 中外は創薬手法として、従来の低分子医薬品や抗体医薬品以外に、中分子医薬品の研究も進める方針を掲げている。 &#...

カネカは23日、医薬品の製造品質管理基準「GMP」に準拠した、希少疾患に対応する低分子医薬品分野の原薬や中間体の連続生産設備を新規導入し、シンガポールで商業生産を始めたと発表した。... 低分子医薬品...

大塚製薬は化学合成による低分子医薬品を中心に手がけてきたが、中長期的な成長のためには抗体関連技術の強化が必要と判断した。

核酸医薬品は、核酸や修飾核酸が直鎖上に結合したオリゴ核酸を活性本体とする。たんぱく質を発現させず、疾患の治療に役立つ標的分子に直接作用して薬効を示す。低分子医薬品や抗体医薬品に比べ、標的となる分子に高...

日本では、化学合成による低分子医薬品を得意としてきた新薬メーカーが多い。... バイオ薬の代表格である抗体医薬品をつくるには動物細胞の培養に関する専門知識や設備が必要で、低分子薬の受託を主体とするCM...

一方、大正製薬HDは富山化学工業から大正富山医薬品(東京都豊島区)の株式を買い取り、完全子会社化する。... 低分子医薬品を手がける富山化学工業と放射性診断薬・治療薬を担うRIファーマの知見を融合し、...

英調査会社エバリュエートファーマによると、2017年の武田の医療用医薬品売上高は世界20位の見通し。... 従来、創薬手法は化学合成による低分子医薬品が主流だった。だが近年、生物由来のバイオ医薬品が増...

ペプチドのような中分子医薬品は低分子医薬品に比べて治療標的を狙いやすく、抗体をはじめとする高分子医薬品よりも分子量が小さいため細胞に入りやすい。

中外製薬は2019年からの次期中期経営計画で、重点的に研究を進める創薬手法として抗体医薬品、低分子医薬品、中分子医薬品を設定する見通しを示した。... 次期中計で中分子を抗体と低分子に続く第3の柱と位...

同社は北海道大学発ベンチャー認定企業で、バイオ医薬品に比べて低コストで製造できる低分子医薬品を独自方法で研究開発する。

18、19年度はミラーレスカメラやバイオ医薬品の開発・製造受託(CDMO)、半導体材料といった成長を加速させるべき分野、それに医薬品・再生医療のような将来のコアに育成する分野への積極投資を繰り出してい...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる