電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

118件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

スイス製薬大手・ロシュは、自己免疫疾患の全身性強皮症に伴う間質性肺疾患(SSc―ILD)の治療薬として、アクテムラ(一般名トシリズマブ)について、米国食品医薬品局...

ウイルスの増殖が原因ではなく、免疫系細胞から分泌されるたんぱく質「サイトカイン」などが原因とみられるとした。

遺伝的な要因などで免疫系に異常が生じて炎症が生じるが、原因は完全には解明されていない。

英インペリアル・カレッジ・ロンドンと熊本大学の共同研究グループは、新型コロナ感染症患者の肺組織のうち、免疫系の活性を調整・指揮する「T細胞」を対象に遺伝子解析を実施。... 科学技術・学術政策研究所&...

英インペリアル・カレッジ・ロンドンと熊本大学の共同研究グループは、新型コロナ感染症患者の肺組織のうち、免疫系の活性を調整・指揮する「T細胞」を対象に遺伝子解析を実施。... 科学技術・学術政策研究所&...

輝け!スタートアップ(55)E―GAO (2020/11/19 中小・ベンチャー・中小政策)

これにより、免疫系細胞から分泌されるたんぱく質「サイトカイン」の血中量が調整され、乱れの原因や強さに応じた特有のパターンが形成される。

米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は、米国で進行腎細胞がんに対するがん免疫治療薬「オプジーボ」と進行腎細胞がんなどの治療薬「カボメティクス」の併用療法の申請について、優先審査の...

炎症性サイトカイン(たんぱく質)の一種で自己免疫疾患など炎症の発症に深く関与するインターロイキン6(IL―6)が骨組織の向きを乱し、骨が弱くなる要因になることが分かった...

VIR―7831の前臨床試験では、新型コロナに対する強い中和作用や、免疫系を増強し感染細胞を死滅させる能力などを示した。

理研の最前線(71)微生物の力を有効に利活用 (2020/8/3 科学技術・大学)

地球環境レベルで、生態系や物質循環を決定づける極めて重要な生物と言え、環境や生態系、気候変動の理解に微生物の役割の解明は必須となっている。 ... 最近では、人の腸内などに共生する微...

サイトカインは免疫細胞にウイルスの存在を伝達する物質。免疫細胞は同物質の分泌を受け、ウイルスに感染した細胞を破壊する。 一方、一部では過剰に活性化された免疫細胞が、正常な細胞や組織ま...

骨や血管などの細胞を再生できると期待される間葉系幹細胞を使い、重症肺炎患者を対象として安全性や初期の薬効を評価する。 ... 脂肪組織に多く含まれる間葉系幹細胞は、過剰な免疫反応を抑...

新型コロナ/間葉系幹細胞で治療薬 ロート製薬、臨床計画 (2020/6/12 素材・医療・ヘルスケア)

骨や血管などの細胞を再生できると期待されている間葉系幹細胞を使い、肺炎患者の重症化を抑える効果を検証する。... 間葉系幹細胞は体内組織に含まれる幹細胞で、炎症や過剰な免疫反応を抑制するとされる。新型...

量子科学技術研究開発機構の平野俊夫理事長は、北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授と共同で、新型コロナウイルス感染症によって起こる致死的な急性呼吸器不全症候群は、免疫系の過剰な生体防御反応であるサ...

「再生・細胞医薬分野は六つのプロジェクトを有するが、最終的には免疫反応がなく、安全な自家細胞を用いた臓器再生を目指す。... また免疫系の研究を手がけるがん創薬研究所(大阪市此花区)と...

米タコニック、新マウスモデル発売 (2020/2/6 ヘルスケア)

米タコニック・バイオサイエンシズは新たにB2m―NOGマウスモデルを発売し、主力のがん免疫療法ポートフォリオを拡充した。がん免疫療法は、病巣への標的能力を高めながら、がん治療に身体の免疫系を活用するも...

米ベロキシスもニッチながら、今後の医療技術の変化にマッチし、免疫系や神経系医薬を得意とする旭化成と相性がいい。 ... 末期腎不全に対し、腎移植は透析よりもQOL(生活の質&...

抗TMEM180抗体、製造法を確立 凜研究所 (2019/10/24 ヘルスケア)

同社では、ヒトの免疫系に近い状態を再現したマウスに患者由来でTMEM180分子を発現している大腸がんを植え、抗TMEM180抗体を投与する試験を実施した。

サンジェン・ファーマ、6回目のANDA承認 (2019/7/11 素材・医療・ヘルスケア)

同製剤は、関節炎、アレルギー反応、免疫系障害に加え、皮膚疾患、眼疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患などの症状の治療に使用されるコルチコステロイドである。

理化学研究所生命医科学研究センターの佐々木崇晴研究員と小安重夫チームリーダーらは、食事による肥満に、近年新たに発見された免疫細胞の一種「自然リンパ球」が関与することを突き止めた。... 研究チームは、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン