396件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、キノコの一種である「霊芝」から免疫細胞の機能を高めるとされる成分のβ―グルカンを、一般的な方法に比べ約5倍の量...

寿命が短くなったマウスの肝臓と腎臓の遺伝子発現データを調べた結果、免疫制御や免疫疾患にかかわる遺伝子ネットワークが活性化していた。慢性的な軽度の炎症が発生し、老化した免疫細胞が増加した。 &#...

横浜市立大学学術院医学群微生物学の梁(りょう)明秀教授らは、病原性ウイルスを検知して感染を阻止する人工免疫細胞を開発した。... 研究チームは、がん免疫療法のために開発された細胞表面の合成受容体「sy...

ユーグレナとカンザス州立大学の田村正明教授は、クロレラ培養液の上清に含まれる成分「クロレラ細胞壁由来成分」が免疫を介して結腸がんを抑制することを示唆する研究結果を得た。同成分を結腸がん細胞の培養時に添...

がん患者自身の免疫細胞を強化する療法「CAR―T細胞療法」に遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を応用し、改変した免疫細胞が患者の体内で機能することを臨床試験で確認したと、米ペン...

同社と同大学はこれまでの共同研究で確立した3次元細胞解析ソフトウエアを用いて肺がん患者由来の組織に抗がん剤が及ぼす影響を評価する。... 肺がん患者由来の組織内で抗がん剤の一種である分子標的薬を介して...

腎臓病治療薬、ネコからヒトへ 東大が開発 (2020/1/20 科学技術・大学)

(安川結野) 体内には、死んだ細胞や不要なたんぱく質といったゴミが存在し、免疫細胞の一種「マクロファージ」などが取り込み分解して不要物を除去する。... AIMは単独では尿中に排出さ...

北海道大学遺伝子病制御研究所の清野研一郎教授らは、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞が成熟する器官「胸腺」の上皮様細胞を作製してマウスに移植すると、免疫反応を制御できることを突き止め...

ヒトの卵巣がん細胞株の培養液中に抗がん剤を加えて生き残ったがん細胞内で、IL―34を作るのに必要な遺伝子の発現が上昇していた。... IL―34が欠損しているがん細胞を調べると、がん細胞を攻撃する免疫...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の江藤浩之教授らは、免疫による拒絶反応が起きない、誰にでも輸血できる血小板をiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製に成功した。強力な免疫反応を引き起こす白血球の型「...

京都大学大学院医学研究科の成宮周特任教授とタムケオ・ディーン特定准教授、桂義親大学院生らは、免疫細胞であるT細胞の活性化で、細胞の形態を維持する役割のたんぱく質「アクチン」が果たす役割を解明した。.....

KW乳酸菌で目の疲労軽減 キリンHDが機能性食品 (2019/11/15 素材・医療・ヘルスケア)

KW乳酸菌が目の網膜細胞の傷害を抑制する新たな機能を実証できたことから商品化した。... KW乳酸菌が小腸から傷害を修復する免疫細胞を活性化し、目の網膜細胞のダメージを内側から改善する。... 今回、...

研究チームは、スーパーセンチナリアン7人と50―80歳5人から血液を採取し、合計約6万個の免疫細胞を調べ、細胞内のリボ核酸(RNA)を解析した。その結果、スーパーセンチナリアンは免疫細胞のうちT細胞の...

キリンホールディングスは免疫機能を高める効果が期待できる独自素材のプラズマ乳酸菌を、12日に東京港晴海埠頭(ふとう)を出発する南極地域観測隊の砕氷艦(南極観測船)「しらせ」向けに無償提供する。... ...

CAR―T細胞“量産” 渋谷工業、自動装置21年投入 (2019/11/7 機械・ロボット・航空機1)

【金沢】渋谷工業は6日、ノイルイミューン・バイオテック(東京都港区)と固形がん治療に有効な次世代型キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR―T細胞)の自動製造システムを共同開発すると発表した。渋谷工業の無菌...

たんぱく質、インフル認識 筑波大が特定 (2019/10/31 科学技術・大学)

筑波大学医学医療系の川口敦史准教授らは、気道上皮細胞にインフルエンザウイルスが感染したことを認識するセンサーのようなたんぱく質「MxA」を特定した。... インフルエンザウイルスが気道上皮細胞に感染す...

文化勲章、吉野氏ら6人選出 (2019/10/30 総合3)

坂口特任教授は免疫学分野での貢献でノーベル賞候補者として名前が挙がっている。... 免疫反応を抑える免疫細胞「制御性T細胞」の発見が認められ、坂口氏は「これを励みに今後も研究を続けていきたい」と意気込...

近畿大学医学部の高村史記講師らは、あらゆる種類のインフルエンザウイルスに有効な免疫の仕組みを発見した。全てのインフルエンザウイルスに共通のたんぱく質を標的とする免疫細胞が、肺気道の表面で持続的に供給さ...

森教授は、細胞小器官である「小胞体」の中に存在する変性たんぱく質の検出と修復の仕組みを発見したことにより、15年に有力候補者に選ばれた。... 今年は物理学分野では量子計算と量子暗号に関する研究が選ば...

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、古くから漢方薬に使われてきたキノコ「霊芝(れいし)」の抽出成分に、免疫細胞を生み出す造血幹細胞を活性化させる効...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる