78件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

富士フイルム、リポソーム内包抗がん剤 来年米で臨床試験 (2018/11/14 素材・ヘルスケア・環境)

富士フイルムは13日、卵巣がんなどを適応症とする既存の抗がん剤「トポテカン(一般名)」を新規開発のリポソームに内包した薬剤「FF―10850(開発コード)」の臨床試験を...

患者が、がんに関する不安を早期に取り除いて治療に臨める効果を見込む。... 当初は乳がんや卵巣がんに関する相談を受け付けていたが、6月からはがん全般に領域を広げた。 ... 今西取締...

京大、卵巣がんの免疫回避機構を解明 (2018/5/21 科学技術・大学)

京都大学医学部付属病院の滝真奈医員と同大学院医学研究科の安彦郁助教らの研究グループは卵巣がんが免疫の攻撃を回避する仕組みを解明した。卵巣がんに現れる遺伝子が生み出すたんぱく質が、免疫抑制細胞を引き寄せ...

当面は乳がんや卵巣がんに関する相談を受け付け、2018年末には1日当たり10件程度の新規相談を獲得したい考え。 ... 今後は対象疾患を肺がんや消化器がんなどへ広げる計画。同社の調べ...

18年については卵巣がん治療薬「リムパーザ」などの発売で「意義ある節目の年になる」と展望。

アストラゼネカ(大阪市北区、06・4802・3600)は卵巣がん治療薬「リムパーザ錠」が、白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣がんにおける維持療法を適応症とし、国内で製造販売承認を取得し...

第一三共、ADC事業化で独社と契約 (2017/11/2 ヘルスケア)

グリコトープが抗がん剤として開発中の抗体「パンコマブ―GEX(一般名)」を、第一三共の技術を活用してADC化し、事業化する狙い。 ... パンコマブは現在、グリコトー...

特に膵臓(すいぞう)がんや卵巣がんへの効果が高かった。... ヒトのがん細胞を移植してがんを発症したマウスに投与すると、がん組織の体積が未治療時の12%にまで小さくなった。&#...

【名古屋】名古屋大学医学系研究科の梶山広明准教授らは、培養液中に大気圧低温プラズマを照射して作製した「プラズマ活性溶液」により、卵巣がんの新たな治療法になり得る技術を開発した。マウスを使った実験で腹腔...

武田薬、抗がん剤を米社から導入 (2017/7/28 素材・ヘルスケア・環境)

重点分野のがん領域で品ぞろえを拡充する。... 武田薬品は日本では全てのがんに、韓国、台湾、ロシア、豪州では前立腺がん以外のがんについて同剤の権利を得る。... 同剤は米国では4月に発売され、卵巣がん...

アストラゼネカ社長、「がん領域の開発品強化」 (2017/4/19 素材・ヘルスケア・環境)

がん領域の開発品強化などで補いたい」と述べた。2018年に卵巣がん治療薬「オラパリブ(一般名)」の承認を目指すなどして品ぞろえを広げる。

国立がん研究センター研究所の落谷孝広分野長と横井暁研究員らは、卵巣がんの細胞が腹の中を覆う腹膜にばらまかれたように広がる「腹膜播種(はしゅ)性転移」の仕組みを解明した。... 転移や再...

中外薬、スペイン社と抗がん剤で契約 一時金36億円支払い (2016/12/26 素材・ヘルスケア・環境)

中外製薬はスペインのバイオ医薬品企業ファーママー(マドリード市)の抗がん剤「PM1183(開発コード)」の日本における開発・販売でライセンス契約を結んだ。... 同社が...

がん細胞にはグルタチオン濃度が高いタイプがあり、放射線で活性酸素を発生させたり、抗がん剤を投与したりしても治療効果が上がらないケースがあるとみられる。この技術で生きたがん細胞のグルタチオン濃度を正確に...

東北大学大学院医学系研究科の八重樫伸生(のぶお)教授や豊島将文助教らは、卵巣がんの発生に関する新しい可能性を明らかにした。... 卵巣がん発生の仕組みが解明されることで、予防や早期発見...

慶応義塾大学などは高コレステロール血症の治療薬「スタチン」が卵巣がんの発生や進行を抑えることを特定。... 卵巣がんを自然発症する遺伝子改変マウスにスタチンを経口投与すると、がんの発生を抑制できること...

スタチンの投与によってがんの発生を抑えられる可能性が指摘されていたが、卵巣がんではその効果が証明されていなかった。コレステロールの合成を阻害するスタチンは世界中で服用されており、卵巣がんへの適応拡大が...

5ミリリットルの採血で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮・卵巣がん(女性のみ)の検査ができる。今回、これに膵臓が...

卵巣がん細胞を腹腔に転移させたマウスに試薬を投与し、がん細胞を可視化できた。 腹腔に転移したがんの場合、1ミリメートル以下の小さながん組織まで取りきれば術後5年生存率が大きく改善する...

【京都】タカラバイオとの共同研究者である三重大学医学部の珠玖洋教授らのグループが、T細胞受容体(TCR)遺伝子治療技術を用いたがん治療の第I相臨床試験を実施するため、医薬品医療機器総合...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン