電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5,027件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

独立系の昇降機専業メーカーとして国内外で事業を展開するフジテック。... 新設事業は日本市場では首都圏での受注は堅調なものの、年間2万台前後で推移する成熟市場であることに変わりはない。... 我々も業...

国内市場の堅調さに加え、北米市場での受注増と円安効果が主な要因で、長期ビジョン「エアマンビジョン2030」で最終年度に連結売上高700億円を目指す構え。 ... 佐藤豪一社長は「これ...

三菱重工、千代化にCO2回収技術を供与 (2024/5/8 機械・ロボット・航空機)

需要拡大が見込まれる国内のCCUS(CO2の回収・貯留・利用)市場で、CO2回収プラントの設計・調達・建設(EPC)対応力を強化する。 ... 三菱重...

国内市場が人口減少で縮小する中、海外市場に活路を見いだす。 飲食店「ロイヤルホスト」や「天丼てんや」を展開するロイヤルHD、回転ずしチェーン「すし銚子丸」を手がける銚子丸の知見と、双...

それまでのキーエンスの海外事業は、国内市場向けに企画開発された商品を海外に販売する、いわば「卸売」の形態を取っていました。中国のFA市場では日本企業の影響が大きかったため、商品が市場に合わないという経...

埼玉の中堅・中小、インドへ進出 (2024/5/7 東日本・西日本)

埼玉県内の中堅・中小企業がインド市場への展開を強化している。... 中国を抜いて14億人超の人口を抱える巨大市場に挑む3社を取材した。... 国内市場メーンなら最大の消費地である北...

個包装の分野は日本国内では食品向けが多く、人口減少による市場縮小から海外市場に目を向ける動きもある。一方、日本国内の生産現場では人手不足による自動化ニーズは底堅い。... 国内市場では縮小傾向が続いて...

少子化が進む国内市場は魅力がないためだ。... 第3次中間整理(案)では、国内投資とイノベーションを推進することで、成長分野で国内需要を喚起する必要があると説く。... 魅力ある国内市...

MRIのAI活用加速 医療機器メーカー、検査・診断を効率化 (2024/4/30 生活インフラ・医療・くらし)

キヤノンメディカルシステムズは、国内市場ではコンピューター断層撮影装置(CT)でシェアが高く、これまではMRIよりもCTで存在感が大きかった。こうした中、同社はAIや画像再構成技術の進...

親会社のトヨタ自動車から協力も得て認証対応体制を改め、出荷停止で落ち込んだ国内販売を立て直す。... ダイハツは22年度の国内生産が軽自動車を中心に92万台、国内を含む世界生産が178万台だった。能力...

久光、創業地から世界にらむ 佐賀・鳥栖の研究所始動 (2024/4/24 生活インフラ・医療・くらし2)

ただ少子高齢化が進む国内市場で大幅な伸びは見込みにくい。サロンパスなどは北米やアジア地域で投入しているが、今後は「ナイジェリアを起点にアフリカでの展開を目指したい」(磯部雄一執行役員)...

インタビュー/ACSL社長・鷲谷聡之氏 成長へ正念場 (2024/4/24 機械・ロボット・航空機2)

22年に起きた墜落事故の影響によるもので、国産ドローンへの期待が大きかった分、失望も大きかった」 「当社が優位点とした『脱・中国』も国内は民間市場で想定ほど広がらなかった。... 円...

米電気自動車(EV)大手テスラは国内市場に続き、中国やドイツなどの主要市場でも値下げを実施した。

鉄鋼業界や製紙業界の国内市場縮小による需要減や、クボタの生産設備の老朽化などを勘案して決めた。 鉄鋼業界は国内市場の縮小で高炉が減っており、鋳物部品の需要減が鮮明となっていた。

(田中薫) 【注目】国内、収益体制変革で堅調 TOTOは1917年に東洋陶器として創立。... 足元ではコロナ禍に高まった住宅リ...

マツダ、新型「CX-80」公開 3列シートで広い室内空間 (2024/4/19 自動車・モビリティー)

欧州では5月から予約を受け付け、国内市場への投入も見据える。... レジャーや家族利用を想定し、欧州のミッドサイズプレミアムSUV市場でシェア獲得を狙う。

従来は国内外の成長市場を取り込むことを主目的とした「アドオン型の買収」が一般的であったが、近年では異業種の取り込みや、国内外を巻き込んだ大規模な産業構造の転換のためにM&Aが活用され始めている...

湾岸市場では急伸する円安環境下も「依然高過ぎる日本のスクラップ価格」(流通筋)に輸出が停滞。... 一方、国内市場では円安急進で湾岸市場のスクラップ輸出に優位な環境と捉えがち。... ...

新社長登場/日立造船・桑原道氏 意識改革、環境で競争力 (2024/4/10 機械・ロボット・航空機2)

祖業の造船時代から引き継ぐ社員の保守的なマインドセットの改革に意欲を見せる》 「ゴミ焼却発電プラントなどの環境事業は、国内市場が縮小する中で業界再編が遅かれ早かれ起こる。

生命保険の国内市場が頭打ちとなる中、日本生命は介護事業に本格参入を決めるなど、保険以外のサービスに業容を拡大している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン