263件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

【価格競争に】 20年1月から国際海事機関(IMO)による船舶燃料油中の硫黄分濃度(SOx)規制が強化され、環境や省エネ技術に強い日本メーカーには追い風だ。

海運業界では2020年1月から硫黄酸化物(SOX)規制が、国際海事機関(IMO)によって全体的に強化される。... 主機関と発電機機関に二元燃料エンジン「ME―GIエンジン」を搭載。... エネ効率4...

川重、LNG二元燃料システム 設計承認を取得 (2019/12/27 機械・ロボット・航空機)

国際海事機関(IMO)による硫黄酸化物(SOx)規制強化と二酸化炭素(CO2)排出量規制強化を背景に、LNGなどクリーン燃料の利用拡大が見込まれている。

石炭火力発電は環境負荷の高さが国際社会から批判されており、運搬時の環境負荷を抑える。... LNG燃料船は重油燃料船に比べ、国際海事機関(IMO)の今後の環境規制強化に対応しやすい。

国際海事機関(IMO)は20年1月から、船舶燃料油中の硫黄分濃度(SOx)規制を強化し、50年までに温室効果ガス(GHG)を08年比半減する目標を掲げる。

中国ではLNG需要が急増しており国際エネルギー機関(IEA)は2024年までに中国の輸入量が日本を上回ると予想する。... 国際海事機関(IMO)が20年1月に船舶燃料の環境規制を強化するため、LNG...

◇ ―国際海事機関(IMO)が2020年1月にC重油の硫黄分上限規制を強化します。

油田の生産量が増えている上、国際海事機関(IMO)による20年1月の船舶燃料規制強化で「適合油種の販売を見込む」(植松孝之常務執行役員)としている。

一方で、国際海事機関(IMO)による2020年からの低硫黄燃料の使用義務化に伴い、船舶会社はより環境に優しい燃料への切り替えに動く中、ガスオイルや超低硫黄燃料油(VLSFO)の需要増加により、製油マー...

機関単独で国際海事機関(IMO)の窒素酸化物(NOx)3次規制をクリアするなど環境性能に優れ、大型ガスエンジンでのシェアは最近では9割に達しているという。

国際海事機関(IMO)による環境規制強化で天然ガスを燃料とする新世代エンジンが注目を集める。

日本郵船、外航船で自動航行成功 衝突回避課題を精査 (2019/10/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

国際海事機関(IMO)が6月に制定したガイドラインに従って船籍国の承認、沿岸国の協力を得て実施したものとしては世界初。

主要機器をエンジンに一体装備することで機器がコンパクトになり、機関室の設計や船舶建造工程への影響が少ない長所がある。... 国際海事機関(IMO)の環境規制強化で、NOx3次規制ではNOx排出量を特定...

国際海事機関(IMO)が定める環境規制の排出ガス規制対応エンジンにも搭載できる。

国際海事機関(IMO)は、2017年9月に発効したバラスト水管理条約に続き、20年1月から硫黄酸化物(SOx)規制を強化する。 バラスト水管理条約はバラスト水管理のための国際条約であ...

日揮、オマーンでLNG設備受注 (2019/7/18 機械・ロボット・航空機1)

国際海事機関(IMO)による2020年からの船舶燃料の環境規制強化を背景に、LNGの需要拡大が見込まれる中、計画された。

同規制強化は国際海事機関(IMO)が策定したもので2020年1月から、船舶燃料に含まれる硫黄分の上限が現行の3・5%から0・5%に引き下げられる。

富士通など、AIで船舶燃料削減 最適航路を提案 (2019/6/7 電機・電子部品・情報・通信1)

現行の世界の燃料備蓄を2020年1月から「硫黄含有量0・5%以下」とする国際海事機関の新条件を満たす燃料に置き換えた場合、市場予測によると、セクター全体で350億ドルのコスト増となるとされている。&#...

国連の国際海事機関(IMO)の規制で、船舶燃料の硫黄分の上限が現行の3・5%から0・5%に引き下げられることになっており、同製油所ではこの規制に対応した船舶燃料を生産する。

【ニューヨーク=ロイター時事】米国の製油各社は、2020年に実施される船舶燃料の国際規制変更に伴い策定した重質原油分解装置への投資拡大計画について、見直しの必要を迫られている。... 国際海事機関(I...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる