電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,550件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

経済産業省と東京証券取引所が、2024年の「健康経営銘柄」を選定した。... 大和証券グループ本社は医務室による社員向けオンライン診療を導入した。

リスク要因と展望について大和証券の坪井裕豪チーフストラテジストに聞いた。

大和証券の坪井裕豪チーフストラテジストは「利益率の向上に加え、最終的には生産性や全体の売り上げを伸ばせる状況をつくることが各企業に求められる」と分析する。 今後の展望について、野村証...

ソフトバンクG、個人向け社債5500億円 (2024/3/7 電機・電子部品・情報・通信2)

野村証券やSMBC日興証券、大和証券など11社が引き受ける。

(総合1参照) SMBC日興証券の吉岡秀二専務執行役員は「潮目の強い相場」と表現し、「さまざまなポジティブ要因が積み重なって上昇基調が加速した」と分析する。... 株...

「企業価値を高めるには稼ぐ力が大事だ」と話すのは、大和証券グループ本社副社長の松井敏浩さん。

日本株の買い優勢は、「株価純資産倍率(PBR)改革や資本効率の改善が進み、株高でも自社株買いが高水準にある」(大和証券・坪井裕豪チーフストラテジスト)点が大きい。

歴史的な記録更新を迎え、大和証券グループ本社の中田誠司社長は「象徴的な数字を超えたことは日本が変わった証しだ」とコメントした。SMBC日興証券の近藤雄一郎社長は「割高感、バブル感は全くない企業の利益成...

大和証G、環境債100億円発行 (2024/2/23 金融)

大和証券グループ本社は国内公募形式によるグリーンボンド(環境債)を27日に発行する。

2023年下期の新社長《上場会社》 (2024/2/22 下期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「23年下期の新社長、201人」 上場会社 社&#...

十六銀行や南都銀行、中小企業基盤整備機構、大和証券グループなども加わって55億円規模の出資を実現している。

日本株の急騰に対し、大和証券グループ本社の松井敏浩副社長は「2023年度末で3期連続の最高益は確実で、4期連続も見込める。... 大和証券グループの松井副社長は「為替と増益の強さが合わさり4万3000...

日本証券業協会と日本取引所グループは13日、1月に開始した新たな少額投資非課税制度(NISA)をテーマに、大手証券5社のトップが討議するシンポジウムを都内で開いた&...

証券会社の業績は回復傾向が続いている。... 大和証券グループ本社はリテール部門で資産管理型ビジネスモデルへの移行が進み、連結経常利益が同2・1倍だった。... 23年10月はSB...

日立建機、環境債を来月発行 総額100億円 (2024/2/6 機械・ロボット・航空機1)

主幹事証券会社は大和証券、野村証券、SMBC日興証券の3社が務める。

日本株が見直される転機として、23年3月に東京証券取引所が上場企業に要請した「株価や資本コストを意識した経営改革」の進展が大きい。... SMBC日興証券の安田光チーフ株式ストラテジストは「企業の統治...

大和証券の山本賢治シニアエコノミストは「まずは中立な状態に戻して次の段階として利下げに向けた窓を開く」と予想する。 ... 大和証券の山本氏は「最低3回引き下げるイメージでもう少し増...

今後の展望について、大和証券の林健太郎シニアストラテジストに聞いた。... 日本における脱デフレへの期待に加え、米国の利下げ局面と日銀の政策修正観測の後退が、中長期的にも安心感につながり、株価を押し上...

大和証券の坪井裕豪チーフストラテジストは「米国の景気悪化による利下げと過度な円高進行の懸念が後退し、日本株が買い戻された。... 野村証券の西執行役員、中長期の上昇幅焦点 ...

(編集委員・宇田川智大) 【概要】▽所在地=東京都港区元赤坂1の6の6▽設立=01年11月▽資本金=5億8297万円(18日付で8億6...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン