電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,165件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大成建・みやちゅう、24時間換気システム用給気口向け遮音装置 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー1)

意匠・通気性保ち遮音 大成建設は30日、みやちゅう(仙台市若林区)と共同で、意匠性と通気性能に優れた24時間換気システム用の給気口用遮音装置「T―Silent ...

大成建、土砂ホッパー内量計測 掘削土搬出を効率化 (2024/1/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

大成建設は橋梁や構造物の基礎部構築などに活用される「ニューマチックケーソン工法」による土砂掘削工事で、掘削土を一時的に蓄える土砂ホッパー内の土量をセンサーで計測・可視化する技術「ホッパースキャナ」を開...

大成建など、三角コーン再資源化実証 廃プラ発生量抑制 (2024/1/24 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設と八木熊(福井市、八木信二郎社長)は共同で、建設現場で不要になった三角コーンの再資源化に向けた実証試験を始めた。... 製造した再生三角コーンは、製造後に引っ張り強度や伸びなど...

展望2024/大成建設社長・相川善郎氏 エンジ・環境分野を強く (2024/1/22 素材・建設・環境・エネルギー)

―建設需要が旺盛です。... 「建設技能者に関しては、まず新規の入職者を増やす必要がある。... カーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)化に向...

大成建、コンクリ骨材粒度把握システム開発 即時に分布算出 (2024/1/19 素材・建設・環境・エネルギー)

大成建設は18日、コンクリート骨材やダム堤体材料の粒度をリアルタイムで高精度に把握できるシステムを開発したと発表した。... ダム建設現場で同技術の実証を継続し、試験データの蓄積やシステムの機能改善に...

財務分析(145)大成建設 ROE10%へ基盤改善 (2024/1/18 マネジメント)

資本コストの意識徹底 大成建設は2021年度から3カ年の中期経営計画で、「株主資本利益率(ROE)10%程度」「実質無借金の維持」といった財務の重要業績評価指...

防爆エリアで所在確認 大成建設が小型ソーラービーコン開発 (2024/1/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は危険物取り扱い施設の防爆エリアで使用が可能な小型・軽量のソーラービーコン「EP Beacon」を開発した。

経営ひと言/大成建設・相川善郎社長「安定成長目指す」 (2024/1/15 素材・建設・環境・エネルギー)

「2024年も不確実性が高く、将来の予測が困難な状況が続くものと想定する」と外部環境の変化に気をもむのは、大成建設社長の相川善郎さん。

専門技術、生成AIが回答 大成建が新システム (2024/1/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は専門知識が必要な技術に関する質問に対し、生成人工知能(AI)を使って信頼性の高い情報を迅速に提供できる「専門技術検索システム」を開発した。

住友大阪セメント、人工石灰石の生産拡大 炭素回収・利用 (2023/12/7 素材・建設・環境・エネルギー1)

住友大阪セメントを幹事会社とし、UBE三菱セメントや大成建設、山口大学など4大学と産学連携体制で技術開発を進めている。

企業の自然配慮、データで説得力 大成建、建設事業の影響を定量評価 (2023/11/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は、建設事業が自然に与える影響を定量的に評価できる手法の開発に着手した。... 大成建設は、九州大学の馬奈木俊介教授の指導を受けて評価手法を開発する。... また、建設のために調達した資材も評...

ゼネコン大手4社の通期予想、全社増収 国内建築需要が堅調 (2023/11/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

営業損益では鹿島と清水建設、大成建設の3社が営業増益を予想。... 大成建設は売上高を700億円引き下げ1兆6900億円に下方修正した半面、投資有価証券の売却益の計上により当期利益は20億円増の470...

大成建、ゼロカーボンで新棟 (2023/11/15 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は埼玉県幸手市に建設中の自社施設で、国内初の「ゼロカーボンビル」となる研究管理棟の建設を始めた。... 調達(建設資材の製造・入手)、施工、運用(建物の運用および修繕・...

大成建設は9日、中堅ゼネコンのピーエス三菱を買収すると発表した。... 建設業界は、労働者の高齢化や人手不足、資材価格の高騰などの課題を抱えている。... 大成建設はこれらの課題に対応し、ピーエス三菱...

大成建設は建設業に特化したネイチャーポジティブ(自然再生)の評価手法の開発に乗り出した。建設事業全体の自然資本に与える影響を適切に把握・評価することによって、ネイチャーポジティブ実現に...

大成建、施工データ総合管理の機能拡充 場所打ち杭も適用 (2023/11/1 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は杭基礎の施工データ総合管理システム「T―Pile Recorder」で、従来の既製杭に加え場所打ち杭にも適用できるよう機能を拡充した。... 杭基礎工事では建設地の地盤条件などに応じ...

第19回 企業力ランキング (2023/10/30 深層断面)

※ROEは株主資本当期利益率、ROAは総資産当期利益率、EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシャフロー &#...

大成建とリコー、墨出し投映の精度向上 4K画質で面積3.5倍 (2023/10/26 素材・建設・環境・エネルギー1)

大成建設とリコーは建設工事の墨出し技術の高品質・高精度化を実現した。... 建設工事では、各工程で設計図などに記載された寸法情報を施工現場に原寸大で書き出す墨出し作業があり、多くの...

以前から清水建設は「S・LOGI(エス・ロジ)」シリーズを展開しているほか、大林組や大成建設も開発に積極姿勢を示す。... 清水建設も同11棟(同約54万平方メートル)...

要望は東商の災害・リスク対策委員会(山内隆司委員長=大成建設名誉顧問)がまとめた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン