135件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を目指すベンチャー企業への投資など、好奇心とモノづくりへの情熱は尽きない。

内閣府の宇宙政策委員会は10日、20年先を見据えた今後10年間の国の宇宙政策の基本方針となる次期宇宙基本計画の素案を示した。... 宇宙安全保障を確保するため、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を新編すること...

政府は、スペースデブリ(宇宙ゴミ)にならないよう人工衛星を監視する体制を構築する検討に入った。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)をはじめ関係機関と連携し、老朽化する人工衛星の適切な処理体制を構築...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、宇宙ゴミ対策の事業化を目指して実施する大型宇宙ゴミ除去実験のフェーズIの連携事業者候補に選んだ。... JAXAの大型宇宙ゴミ除去実験は、宇宙に残された日本由来のロ...

民間/新ビジネス開拓へ意欲 リアルタイム観測/人工流れ星/ゴミ除去 政府は今後の宇宙産業の利用拡大を目指す「宇宙産業ビジョン2030」を打ち出し、30年代早期に国内の宇宙産業の市場規...

宇宙への夢、子どもたち導く 川重が各務原市と教育講座 (2020/2/4 機械・ロボット・航空機1)

岐阜工場(各務原市)に2019年9月設置した、宇宙ゴミ除去衛星運用の地上局アンテナを子どもに公開したり、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館でモスクワ市立宇宙飛行士記念博物館の協力のもと、モスクワの小学生と...

「志ある若手が中心となり宇宙開発に取り組んでいる。だが設備や資金など研究環境が十分ではなく、国が宇宙ベンチャーを積極的に支えるべきだろう。... 国連の持続可能な開発目標(SDGs)も絡めながら、宇宙...

日本でも宇宙ゴミの除去技術を持つアストロスケール(東京都墨田区)が参入を狙う。「宇宙ゴミは国際的な問題。... 一方で、宇宙ゴミ除去でどう利益を得るのかは課題だ。

川重、東京海上・三井物産と宇宙ゴミ除去で連携 (2019/11/19 機械・ロボット・航空機1)

協業では川重は宇宙分野の実績と宇宙ゴミ除去の知見、東京海上は宇宙分野におけるリスクマネジメント、三井物産はマーケティング力と事業開発力などを持ち寄る。 川重は2011年から宇宙ゴミ除...

川重が宇宙ゴミ除去参画 岐阜に衛星運用アンテナ (2019/10/7 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去衛星運用の地上局アンテナを、岐阜工場(岐阜県各務原市)屋上に設置した。アンテナは2020年度に打ち上げ予定の宇宙ゴミ除去実証衛星のコマンド...

大型宇宙ゴミ除去11億円 技術実証衛星を開発 文部科学省は所管の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と民間事業者を通じ、2020年度から宇宙空間に漂うロケットなどの残骸である大型のスペー...

今では活動の場が宇宙にまで広がり、海や宇宙にまでゴミをまき散らしている。... プラスチックの破片などで海洋汚染の元になるマリンデブリ(海洋ゴミ)と、衛星やロケットの残骸で宇宙開発の妨げとなるスペース...

「民間による宇宙分野だ。我が国は1980年代に欧州初の民間衛星事業者SESを輩出しており、18年には宇宙ビジネスを振興する国立宇宙機関を設置した。... 月面探査を目指すispace(東京都港区)や宇...

宇宙ゴミは軌道上の人工衛星や宇宙機と衝突することで破壊につながる可能性がある。すでに宇宙開発の妨げになるような大きさ1センチメートル以上の宇宙ゴミが75万個以上存在するという。 .....

安倍晋三首相は29日に主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でスペースデブリ(宇宙ゴミ)の削減を呼びかける見通しだ。会場内の国際メディアセンターにはデブリ除去技術が展示されており、28日に平...

安倍晋三首相は17日、自民党の宇宙・海洋開発特別委員会の河村建夫委員長らと首相官邸で会い、宇宙ゴミ対策に関する提言書を受け取った。... 提言書は日本が世界に先駆けて行う宇宙ゴミ問題の技術実証の推進や...

民間領域拡大の例には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による国際宇宙ステーションの衛星放出事業がある。... 熱変動に強い生産ライン用の電子機器を宇宙・衛星用に改造できれば、ゼロからの開発よりも大幅に...

「1月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型固体燃料ロケット『イプシロン』で打ち上げた初号機に関して、直前までJAXAが求める水準を満たしておらず審査に落ちる寸前だった。... これはスペースデブリ...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は4日、国の宇宙開発計画実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂に向けた重点事項を決定した。米国が構想する月近傍有人拠点「ゲートウェー」への参画方針の...

宇宙ゴミ除去衛星打ち上げへ 宇宙開発の過程で衛星やロケットの残骸となるスペースデブリ(宇宙ゴミ)が宇宙空間で発生し大きな問題となっている。... 2020年に宇宙ゴミ実証衛星の打ち上...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる