電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

34件中、2ページ目 21〜34件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、地球から3億キロメートル離れた小惑星に向かって航行中の探査機「はやぶさ2」を使い、地上と探査機との通信遮断時間をゼロにする技術を確立した。米航空宇宙...

うち1カ所は日本の小惑星探査機「はやぶさ」にちなみ、「はやぶさ大陸」と命名された。 ... このほか、世界初の人工衛星スプートニク、世界最高峰のエベレストに初登頂したエドモ...

東京大学の中須賀真一教授と船瀬龍准教授、JAXAなどは、地球から見て月の裏側に超小型深宇宙探査機「エクレウス」を航行させる計画を進める。 ... 【はやぶさ後継機】 ...

東京大学大学院新領域創成科学研究科の小泉宏之准教授は、超小型衛星や探査機に使える超小型イオンエンジンを開発している。同時に超小型衛星や探査機の開発プロジェクトにも参加し、技術のニーズを探る。... 1...

東京大学の中須賀真一教授と船瀬龍准教授、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究グループは、地球から見て月の裏側にある、地球と月との力が釣り合う場所「ラグランジュ点」に超小型深宇宙探査機...

開催は10回目で、今回の目玉は宇宙ロケット。... ロケットの普及・教育活動にも力を入れ、全国の高校生や社会人を対象とした競技会「スペースプローブ(宇宙探査機)コンテスト」を10月1日...

東京大学は6日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発し、運用中の超小型深宇宙探査機「プロキオン」の技術実証状況などについて発表した。プロキオンは2014年12月、小惑星探査機「は...

東京大学をはじめ宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京理科大学などが共同で、超小型の宇宙探査機の開発を進めている。通常の探査機に比べ約10分の1の59キログラムと軽量で、開発費用も同5...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、次世代太陽電池と期待される「ペロブスカイト太陽電池」の宇宙空間での使用を想定した評価試験を9月にも始める。... 宇宙放射線や紫外線、振動・衝撃、温...

ベーゴマから宇宙探査機まで―。... さらに宇宙分野に進出。2010年に打ち上げられた金星探査機「あかつき」、14年度の打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」向けに、宇宙空間で姿勢を制御する噴射ノズ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、2014年末に国産基幹ロケット「H2A」に載せて打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」に相乗りする小型衛星について、公募で選んだ3機を発表し...

「宇宙探査機はやぶさのように、前人未到の挑戦や、達成するまであきらめないという気概を感じた」という日本宇宙フォーラムの間宮馨理事長の乾杯のあいさつに合わせ、受賞各社の関係者は開発技術の一層の飛躍を誓っ...

衛星の軌道制御や宇宙探査機の飛行などに使われ、遠くの天体の観測に向いている。 ... 《後継機のはやぶさ2、C型小惑星を探査/14−15年に打ち上げ》 はやぶさの後継機とはど...

同社が開発したスポット溶接機「マイスポット」は、金属を溶接する部分に電流を流す電極部が可動する。... 地球と火星の間にある小惑星「イトカワ」の地表の砂を採取した宇宙探査機が年内に地球に帰還する。「サ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン