電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

336件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

安全性の評価方法を検討 日本財団が主導する「MEGURI2040」では、どのように2025年の無人運航船の実用化までレベルアップを図るのか。... それにはまず船の安全性を示す必要が...

実際の走行環境で変形がタイヤを伝わる様子を評価できる。走行性能や安全性評価に提案していく。 ... この振動を解析するとタイヤの衝撃吸収性能などを評価できる。

キユーピー、ドレッシング容器に100%再生PET樹脂採用 (2023/7/12 生活インフラ・医療・くらし2)

対象は「テイスティドレッシング」シリーズの全7品と機能性表示食品のドレッシングの全5品。... 再生PET樹脂のリサイクル容器は飲料で採用が広がっているものの、調味料は油や酢など原材料の種類が幅広いな...

三菱重工子会社、水素専焼エンジン発電 来年度実証 (2023/7/11 機械・ロボット・航空機1)

都市ガスよりも燃焼性が高く、燃焼範囲が広いなどの水素の特徴を考慮し、発電装置として求められる安全性評価や性能検証を実施する。

東洋システム、二次電池の評価拠点強化 滋賀に新棟 (2023/6/30 電機・電子部品・情報・通信)

【いわき】東洋システム(福島県いわき市、庄司秀樹社長)は、二次電池を評価する拠点の関西評価センター(滋賀県彦根市)の増築を30日に完了し、二次電池の...

コーセー、3次元で口唇再現 製品開発に活用 (2023/6/20 生活インフラ・医療・くらし)

化粧品成分や製品の有効性・安全性評価を実際の口唇に近い環境で検証できる。 ... これまで口唇モデルの評価系がなく、成分の有用性・安全性評価には皮膚や口腔粘膜のモデルで代用してきた。

一つの材料で多様な生体分子を運べると安全性評価などのコストを抑えられる。... 投与された細胞の生存率はほぼ100%で安全性は高い。 既存の薬は投与量を減らせる可能性がある。

南海、係員乗せて自動運転 和歌山港線で走行試験 (2023/6/15 生活インフラ・医療・くらし)

自動運転システムの安全性や安定性の確認、係員が行う作業での課題抽出を行う。... 試験結果を踏まえて有識者で構成する検討委員会で安全性評価を行う。

自動運行装置として認可を受けるにはシステムの冗長性や信頼性が求められ、現状の実証実験で使用される車が、そのまま審査にパスするとは限らないのである。 自動運転車の安全性評価については、...

安全性評価に関する標準化活動も並行して進め、自動運転車の高度化や社会的受容性を高め、交通事故防止にも貢献する。 ... 自動車メーカー各社は独自の評価指標で開発を進めており、安全性や...

【ワシントン=ロイター時事】米政府は23日、人工知能(AI)を使った企業による従業員の監視・評価手法について調査する方針を表明した。 ... 会談はAIの透明...

エクサウィザーズは8日、京都大学と共同で医薬品医療機器総合機構(PMDA)の過去の評価結果を学習させた医薬品安全性評価人工知能(AI)を開発したと発表した。患者の健康被...

東京衡機、理研発VBと提携 試験機開発を加速 (2023/4/26 機械・ロボット・航空機2)

東京衡機の試験機事業は主に、自動車や船舶、航空機の性能や安全性評価、線路や橋脚の耐久性確認を行う試験・計測機器を製造・販売する。

仮想空間で安全性評価 内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)から自動運転や先進運転支援システム(ADAS)向けの安全性評価シミュレーター...

センサー・ソフト安全評価 BIPROGY(ビプロジー、旧日本ユニシス)は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP&#...

研究・開発の生産性を高め、創造性を発揮できるよう、ワークスペースを工夫した。... 新実験棟の働きやすさは、外部から高い評価を得ている。ビルやオフィスを人間の健康や快適性から評価する米国の認証制度「W...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と産業技術総合研究所は、セルロースナノファイバー(CNF)の安全性評価書を公開した。... 環境影響は生態影響と生分解性の...

東洋システム、滋賀に新棟 関西で二次電池評価体制増強 (2022/12/5 電機・電子部品・情報・通信)

完成後の関西評価センターでは二次電池の充放電を評価するチャンネルが600から2000に増える予定で、いわき市および愛知県豊田市の拠点と合わせた評価チャンネルは8000となる。 ......

タナック、手技練習用模擬骨を投入 整形外科など向け (2022/11/15 素材・医療・ヘルスケア2)

日本人・アジア人の骨格形状や質感をリアルに再現した模擬骨で、医師の医療教育や手術器具の開発といった活用のほか、衝突シミュレーションなど機械の安全性評価への応用も期待される。

日本メクトロン、阪大と生体向け導電性粘着剤開発 (2022/11/15 素材・医療・ヘルスケア1)

生体と親和性の高い粘着樹脂と導電性ポリマーをテープ加工して一体化し、貼るだけで手軽に生体信号計測が可能になる。... 心電、筋電、脳波など生体信号計測の用途全般で一般的に使用されるハイドロゲルシートと...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン