電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

366件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

物価上昇に追い付かず 厚生労働省が9日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、3月の実質賃金は前年同月比2・5%減で、24カ月連続のマイナス...

「せっかく賃上げが進んでいる状態なのに、実質賃金に影響を及ぼすのはまずい」と危機感を持つ。

日本がこれから持続的な成長と分厚い中間層の形成を進めるためには、賃金と物価の好循環が不可欠だ。... 我々の業界はとかく横並びと言われるが、積極的に賃金を引き上げる動きは良い方向に違いない。 ...

7月以降に実質賃金が増加に転じる可能性もあり、今夏にも追加の金融引き締めに踏み出すことが期待される。 ... 米国の1―3月期の実質成長率は7四半期連続のプラス成長で、堅調な経済によ...

有識者は夏から年末にかけて実質賃金が増加に転じ、経済の好循環が回り始めると見通す。... 賃金が上昇しても、円安に伴う輸入物価の上昇に相殺されかねない。... 通貨の購買力を示す実質実効為替レートは1...

賃金については、物価上昇を上回る賃上げを前提に、実質賃金と消費の増加が焦点となる。... 三井住友DSAMは、実質賃金の前年同月比の伸びが24年7―9月期にはマイナスからプラスに転じると予想する。企業...

また2月の実質賃金が23カ月連続で前年同月比マイナスだったことについて、プラスに転じるには「(需要がけん引する)デマンドプル型で2%のモデレート(穏やか)な物価...

「名目増」も物価高に追い付かず 厚生労働省が8日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、2月の実質賃金は前年同月比1・3...

2月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)の上昇率2・8%を上回っており、実質賃金が増加に転じることが期待される。 ... 厚生労働省の23年「賃金引上げ等の実態...

実質賃金は減少しているものの、小売りや宿泊業・飲食などで価格転嫁が進み、訪日外国人客はコロナ禍を上回る。

非正規は正社員を上回る6%台であり、格差是正と賃金底上げに向けて一歩前進と評価したい。... 賃金と物価がともに上昇する好循環を定着させるため、非正規の正規化や同一労働同一賃金の周知徹底などの...

企業による意欲的な賃上げが相次ぎ、株価は4万円を突破したものの、日本の1―3月期の実質成長率はマイナスに転じるとエコノミストは予測する。 日本経済研究センターの「ESPフォーキャスト...

株価上昇は歓迎だが、1ドル=150円台が定着する行き過ぎた円安は輸入物価を押し上げ、実質賃金の回復を遅らせかねない。... 日銀によると、通貨の購買力を示す1月の実質実効為替レート(2...

また賃上げを通じた実質賃金の上昇、設備投資の増加という好循環につなげていくことが重要になる」(TDB)としている。

金融市場の正常化に向けては、まずは実質賃金がプラスに転じ、かつ継続していくことがカギとなる」と受け止めを語った。

23年10―12月期の実質国内総生産(GDP)成長率はプラスながら、個人消費は前期比0・3%減と停滞している。春闘での意欲的な賃上げで実質賃金が増加に転じるまで、日銀には慎重な...

経営ひと言/自動車総連・金子晃浩会長「賃上げ浸透」 (2024/3/20 自動車・モビリティー)

「物価上昇や実質賃金の低下から組合員の生活を守る必要性を労使で共有できた」と話すのは、自動車総連会長の金子晃浩さん。

白物家電機器では、実質賃金の上昇や政府の総合的な経済対策の効果を受けた消費意欲の回復などが背景にあると分析。... 同日都内で会見した島田会長は「カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼ...

円滑な価格転嫁と同一労働同一賃金の実現が求められる。 ... 1月まで22カ月連続で減少していた実質賃金が増加に転じ、消費喚起を起点とした経済好循環が回り始めると期待したい。 ...

2024年の春季労使交渉(春闘)は13日、大手企業の経営側が労働組合の賃金要求に回答する集中回答日を迎えた。自動車や電機などの産業別労働組合で構成し相場形成への影響力が大きい全日本金属...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン