電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,250件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【日立造船マリンエンジン】鎌屋樹二氏(かまや・たつじ)84年(昭59)同志社大経済卒、同年日立造船入社。

日立造船といすゞ自動車は7日、ゴミ焼却施設から排出される二酸化炭素(CO2)を用いてメタネーション反応で生産した合成メタンを、天然ガス自動車の燃料として利用できることを確認したと発表し...

【略歴】桑原道氏 86年(昭61)長崎大経済卒、同年日立造船入社。18年日立造船イノバ会長、同年日立造船執行役員、20年常務執行役員、21年取締役、22年常務。... 素顔&#...

経営ひと言/日立造船・三野禎男社長「万博の機運醸成」 (2024/2/2 機械・ロボット・航空機)

2025年大阪・関西万博への出展に向けて「機運醸成に取り組んでいきたい」と話すのは、日立造船社長の三野禎男さん。

日立造船系、舶用エンジン設備増強 熊本・長洲町と立地協定 (2024/1/31 機械・ロボット・航空機1)

日立造船マリンエンジン(HZME、熊本県長洲町、山口実浩社長)は、メタノールと液化天然ガス(LNG)を燃料とする舶用エンジンの関連設備を増強する。....

日立造船、TNFD提言に賛同 (2024/1/22 機械・ロボット・航空機2)

日立造船は自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラムが2023年9月に公表した情報開示提言への賛同を表明した。

日立造船、新社名のロゴ決定 (2024/1/15 機械・ロボット・航空機1)

日立造船は10月1日付で社名を「カナデビア」に変更するのに合わせて、このほどシンボルマーク(ロゴ=イメージ)を決めた。

展望2024/日立造船社長・三野禎男氏 バイオガスに積極投資 (2024/1/11 機械・ロボット・航空機2)

海外はスイス子会社の日立造船イノバのゴミ焼却事業が、ここ数年欧州と中東市場のシェアが50%以上と競争力がある。... 日立造船イノバグループのイタリア設計会社ではバイオガスプラントなどの設計者...

2024TOP年頭語録/オークマ・家城淳社長ほか (2024/1/9 機械・ロボット・航空機)

日立造船・三野禎男社長 挑戦の精神 グローバル人材育成研修を始動した。

日立造船のグループ会社で船舶用エンジンを手がける日立造船マリンエンジン(HZME、熊本県長洲町、山口実浩社長)は、西部ガス(福岡市博多区)とカーボンニュートラル(...

2024年 経済・産業 主な日程 (2024/1/4 総合3)

1月 4日(木)▷岸田文雄首相が年頭記者会見 ...

日立造船イノバ、英でゴミ焼却発電施設受注 (2024/1/4 機械・ロボット・航空機)

日立造船のスイス子会社である日立造船イノバ(HZI)は、英国のウェスト・ミッドランズで、ゴミ焼却発電プラントの設計・調達・建設(EPC)を受注した。

日立造船系、豪で海水淡水化プラント受注 60億円で (2023/12/27 機械・ロボット・航空機)

日立造船の豪州子会社のオスモフロー・ホールディングスは、豪州資源採掘大手のリオ・ティントから鉱山向けの海水淡水化プラントを受注した。

「生まれ育った島は向かいの島にある日立造船で働く人が多く、どこも活況を呈していた。ところが80年代の造船不況で大規模なリストラが行われると街じゅうに失業者があふれた。

小型で安全、長寿命 2022年、宇宙で全固体電池の充放電に世界で初めて成功した日立造船。... 全固体電池は同社が02年に造船事業を分離し、新しい事業の芽をつくろうと開発に着手した分...

ロボット変革―ゼネコン技術連合が描く未来像(4)作業員の負担軽減 (2023/12/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

作業員の高齢化も進む中、「発症リスクを軽減する手段の一つ」(日立造船安全部の友平尚男専門課長)と見るのがバイタルセンサーだ。

VACUUM2023真空展/半導体製造の課題解決 (2023/11/30 機械・ロボット・航空機2)

日立造船はスマートフォンやパソコンの保護フィルムに、反射防止や水滴などの防汚の機能を付与する一体型成膜装置を展示した。

経営ひと言/日立造船・三野禎男社長「新たな歴史築く」 (2023/11/14 機械・ロボット・航空機2)

2024年10月に社名を「カナデビア」に変える日立造船。... 02年に祖業の造船事業を分離したのち、ゴミ焼却発電施設を柱とする環境事業へと主力事業を転換。... 造船事業の分離後...

東ガス、「eメタン」実証 グリーン水素、低コスト量産へ (2023/11/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

一方、22年春に導入したメタネーション装置(日立造船製)の製造能力は毎時12・5立方メートル。

VACUUM2023真空展/紙上プレビュー(1) (2023/10/25 機械・ロボット・航空機1)

【日立造船/反射防止・撥水 2機能一体成膜】 日立造船は反射防止膜・防汚膜一体型ロール・ツー・ロール(RtoR)成膜装置(...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン