電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

68件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

東京都交通局、都営三田線に8両編成新車 輸送力増強 (2020/11/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

東京都交通局は2022年度、都営地下鉄三田線に8両編成の新型車両「6500形」を投入する。

都交通局と東京メトロ、24時間自由乗車の技術検証 (2020/10/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

東京都交通局と東京メトロは都営地下鉄線と東京メトロ線を磁気乗車券、都電荒川線(東京さくらトラム)をデジタルチケットで24時間、自由に利用できるようにする技術検証を27―30日に実施する...

沿線地域活性化を目的として東京都交通局と東京都荒川区が共同して実施する。昭和初期の東京市電をイメージした「9002号」を装飾、1台のみの限定運行となる。

首都圏鉄道各社、12社局のアプリ連携が完了 (2020/7/17 建設・生活・環境・エネルギー)

JR東日本、東京メトロ、東急電鉄など首都圏の鉄道事業者12社局は16日、各社の公式スマートフォン用アプリケーション(応用ソフト)で、列車走行位置と時刻表の情報連携を始めたと発表した。....

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長、045・200・9600)は16日、東京都交通局から日暮里・舎人ライナーの新型車両60両(12編成)を受注したと発表...

東京メトロと東京都交通局は2日、旅行者向け地下鉄全線乗り放題の企画乗車券「東京サブウェイチケット」を、インターネットで購入し、主要駅の券売機で発券できるサービスを14日に開始すると発表した。 ...

東京テレメッセージ(東京都港区)はポケベルを展開する国内唯一の事業者だったが、9月末にサービスを終了した。 ... 上野動物園モノレール/都交通局が運営―1...

東京都交通局やJR西日本、JR九州なども導入の準備を始めた。... 生産性が高まるとして国土交通省も普及を後押しする。 ... 東京都交通局も都営大江戸線へのCBTC導入に向けた準備...

首都圏交通事業者14社、音のICT化導入 訪日客などに対応 (2019/9/16 建設・生活・環境・エネルギー)

東京五輪・パラリンピック開催前の2020年7月をめどに首都圏の駅や空港など385カ所に導入する計画。... 採用するのは京成電鉄や東京都交通局、東急電鉄といった鉄道事業者8社、JRバス関東や、はとバス...

時差出勤にポイント付与 富士通、都交通局向けシステム構築 (2019/7/2 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通は、時差出勤の促進に向けて東京都交通局が実施する「都営交通2019夏の時差Bizキャンペーン」を支援する。... オフピークポイントサービスは、交通系電子マネー「PASMO」と連動したポイントサ...

東京都交通局は、都営地下鉄の駅の壁や天井のタイルをモチーフにしたチョコレート「Toei Détail(トエイディテール)=写真」を11―17日の期間限定で販売...

三菱重工エンジ、AGT車両を追加納入 埼玉新都市交通向け (2019/2/14 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、小林繁久社長、045・200・9600)は、埼玉新都市交通(埼玉県伊奈町)が運営する新交通システムのニューシャトル第...

東京都交通局は20日、都営バス車両内の通路後方にある段差を解消した「フルフラットバス=写真」を25日から日本で初めて営業運行するのに先駆け、都庁で報道陣に公開した。運行開始路線は「都02系統」...

東京都交通局は2021年度にも、都営地下鉄の三田線に新型車両を投入する。... 都交通局は7月、車両の詳細設計および製造について指名競争入札を実施し、近畿車両が消費税抜き134億円で落札した。

公共交通オープンデータ協議会(坂村健会長=東洋大学情報連携学部学部長)の主催する第1回「東京公共交通オープンデータチャレンジ」の入賞作が発表され、応募作品約100件の...

駅案内ロボ音声対話システム シャープ、日本信号に提供 (2018/3/26 電機・電子部品・情報・通信)

日本信号は東京都交通局と協力し、都営大江戸線都庁前駅に同ロボットを設置して29日まで実証実験を行っている。

駅案内ロボ、日本信号が都庁前駅で実証 (2018/3/22 機械・ロボット・航空機)

日本信号は駅案内ロボット「ekibo(エキボ)」の実証実験(イメージ)を、東京都交通局の協力により都営大江戸線都庁前駅で始めた。

首都圏の主要な公共交通事業者が運行情報など公共交通データを公開し、それをもとにさまざまなアプリケーションやアイデアを世界中から募集するオープンイノベーション型のコンテスト「東京公共交通オープンデータチ...

東京都交通局は奥多摩湖(小河内〈おごうち〉ダム)の多摩川第一発電所、青梅市御岳の多摩川第三発電所とともに、白丸調整池ダムの白丸発電所の合計3カ所で多摩川の水を利用した発電事業を手がける...

東京都交通局、大規模改修不要ホームドアの実用化にめど (2017/11/15 建設・エネルギー・生活1)

東京都交通局は車両の大規模改修を必要としないホームドア開閉連動技術の実用化にめどをつけた。... 2020年の東京五輪・パラリンピック開催までに新橋、大門、三田、泉岳寺の4駅で同技術を活用したホームド...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン