電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

468件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大阪大学発スタートアップとして、レーザー核融合の実用化に取り組んでいる。 ... 「レーザー核融合は今後拡大する電力需要に応えられる上、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出...

希少鉱物を安定供給 日揮、低温精製の新興に出資 (2024/4/1 機械・ロボット・航空機2)

ベリリウムは実現が期待される核融合発電に必要だが、生産量や価格が課題。... 日揮HDは非鉄金属精錬分野で培ったエンジニアリング技術を持ち、ミレッソの技術との融合を目指す。

政府は核融合発電の安全規制の策定に着手する。... 原子力発電と異なる核融合発電の特性を踏まえ、安全確保の要件を検討する。... 核融合反応でも放射性物質は生じるが、原発と比べると...

天田財団、国際交流・技能検定助成決定 今年度後期(中) (2024/3/26 機械・ロボット・航空機1)

【国際会議等参加助成(若手研究者)(塑性加工)】▽岐阜大学工学部機械工学科助教箱山智之「The 27th International ESAFO...

協議会では核融合発電に関する動向調査や技術の標準化活動、安全規制などの政策提言を行う方針。 国は2023年4月に核融合発電に関する国家戦略を初めて策定した。核融合発電の実用化に向けて...

京セラ、CVCファンド組成 国内・アジア向け新興投資 (2024/3/25 電機・電子部品・情報・通信)

京セラが組成するCVCファンド「京セラベンチャーズ・イノベーションファンド1号」は、環境・エネルギーや医療・ヘルスケア、半導体、モビリティー、情報通信、核融合などが投資領域。

BLFによる核融合発電の開発のほか、同社の独自レーザー技術の半導体材料加工などへの応用で協業する。... 同核融合炉は22年に米ローレンスリバモア国立研究所が実証実験に成功したことで関心が高まっている...

高温超電導コイルは核融合炉の小型化に必要な技術。... ヘリカルフュージョンは核融合発電スタートアップ。... 20年代後半には核融合反応を起こさず、各種機器の性能を確かめる実験装置の完成を目指す。

同機構に所属する国立天文台とはアストロバイオロジー、核融合科学研究所とはプラズマバイオロジーに取り組む。

また、日本の原子力発電の電源構成比が低い要因の一つに、使用済み核燃料の管理があると考える。... 経産省は第六次エネルギー基本計画で核燃料サイクル政策の推進を掲げており、日立はGEとともに米テラパワー...

半導体再興へ 大学の最先端研究(9)SiCでLSI作製 (2024/2/8 科学技術・大学1)

SiC半導体は高温や高電圧、放射線に強く、宇宙探査機や原子力発電所、核融合炉など極限的な環境で使える。

MTC-PSの事業領域は、核融合、大型研究施設、原子力といった基幹産業からの高い需要により拡大しています。 ......

レーザー核融合開発のEX―Fusion(大阪府吹田市)や、産業廃棄物処理の興徳クリーナー(同岸和田市)など中小企業・スタートアップ8社が、脱炭素の取り組みや万博への意気...

核融合“切り札”に このためには、核融合が切り札になる。日本は核融合に関しては世界の先端を走っている。日本単独で核融合発電を実現するだけの技術力も有している。

また大学間の連携を促し、核融合発電の開発人材を育成する。... 米国や英国が核融合開発を加速する中、日本政府は2023年4月に国家戦略を初めて策定した。... 核融合発電は太陽のエネルギー運動を再現し...

核融合との関わりが薄い業界からも参画してもらうことで、核融合発電の産業化を加速させる考えだ。 ... 核融合開発の主体は民間に移りつつある。米核融合産業協会が20...

日本大学で研究する磁場反転配位(FRC)型と筑波大学のタンデムミラー型の核融合方式の知見を使い、核融合発電の実現を目指す。また、重水素と三重水素(トリチウム)による一般...

数値シミュレーションはそのための強力な手段だが、その計算には核データと呼ばれる原子核の基盤データが不可欠だ。核データとは中性子などの放射線と原子核の反応の起こりやすさなどに関するデータのこと。... ...

高付加価値の素材を航空・宇宙や半導体、核融合をはじめとするエネルギーなど幅広い業界に提供する。... 「次世代エネルギーとして注目される核融合だ。... 核融合で発展させた技術を粒子加速器など他業界に...

政府は26日、核融合発電の実用化を目指し、研究開発を行う産学官の連携組織を2023年度内に立ち上げると発表した。... 核融合は海外で実用化に向けた動きが加速しており、日本でも4月に策定した戦略に基づ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン