電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

154件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

既存の発汗センサーより検出感度が1ケタ以上高い。... 蒸発した汗を検出するため、非接触で運用できる。... 金の配線に白金薄膜を重ねて検出性能を高めた。

レーザーテック、FPD検査装置投入 疑似欠陥検出、50%以上低減 (2021/11/10 電機・電子部品・情報・通信1)

最高検出感度0・3マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のハイエンドマスク向け機種と、コストパフォーマンスに優れたミドルエンドマスク向けの2機種。... 最高検出感度を従来の0・...

魚の生態調査に新手法 花王が環境RNA活用 (2021/8/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

デオキシリボ核酸(DNA)を使った既存の手法と比べると誤検出が少なく、実際に生息する生物だけを検出できる。... RNAはDNAに比べて分解されやすいため、調査時点で生息していた魚だけ...

堀場、赤外線ガス分析で新技術 検出感度10倍超 (2021/7/30 機械・ロボット・航空機)

【京都】堀場製作所は29日、従来技術と比べて検出感度10倍以上で、高速・高精度計測できる赤外線ガス分析向け独自技術「アーラム」を開発したと発表した。

EUV光は欠陥の検出感度が高いのが特徴だ。

塩野義製薬は北海道大学の北島正章助教らと共同で、下水中の新型コロナウイルスを高感度かつ自動的に検出できる技術を開発した。実験室レベルで確認した感度は従来比約100倍にあたる、100万人中1人の感染者を...

従来EUV露光用マスクの検査では、主に光源に深紫外線(DUV)光を用いてきたが、EUV光の方がDUV光より波長が短く、欠陥の検出感度が高い。現在最先端の回路線幅5ナノメートル(...

スマホなどでは高い検出感度を実現するため、電極の狭ピッチ化や超微細化が求められており、ニーズがあると判断した。

新型コロナ/JNCなど、ウイルス迅速検出 検出感度も向上 (2020/11/25 素材・医療・ヘルスケア)

JNCと東京農工大学は24日、共同開発した「アプティア法」を用いて、新型コロナウイルスの迅速、高感度な検出に成功したと発表した。... 抗体を使ったELISA法と比べ、時間は2分の1から3分の1、感度...

電通大と国立天文台、宇宙研究で連携協定 (2020/11/19 科学技術・大学)

これまでに電通大と国立天文台は、チリにある巨大電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」での観測に重要な波長の検出に使う部品を開発。... 重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」では、レーザー干渉計の検...

検出感度は100ナノメートル。大手検査装置メーカーが現在販売している装置は感度30ナノメートル前後のものが一般的だが、研究機関では感度より検査スピードを求められることが多いという。 ...

イオンを効率よく内部に導入し、不要成分は除去する「イオンフォーカスユニット」を新規搭載して装置の汚染を低減し、検出感度・精度の低下を防ぐ。

重力波の検出はレーザーや鏡、光検出器などで構成される装置を使う。... 19年から精密なレーザー干渉計として動作させるための調整や検出感度を高めるための試験、調整を進め、最終の試験運転を経て重力波の観...

新型コロナウイルスの検査は、ウイルスに特有な遺伝子の配列を検出する手法「PCR法」が用いられているが、検査時間や装置の数など、1日に検査できる数は限られる。... ウイルスを簡易的に検出する検査キット...

2019年 第62回十大新製品賞 (2020/1/6 十大新製品賞)

【レーザーテック/アクティニックEUVパターンマスク欠陥検査装置 ACTIS「A150」】 最先端の半導体加工技術である極端紫外線(EUV)露光用マ...

大阪大学大学院基礎工学研究科の冨士田誠之准教授と永妻忠夫教授らはロームと共同で、小型電子デバイスの共鳴トンネルダイオードで、電波と光の中間の周波数を持つテラヘルツ(テラは1兆)波の検出...

EUVでパターン欠陥検出 レーザーテック、マスク検査装置を製品化 (2019/10/16 電機・電子部品・情報・通信2)

【横浜】レーザーテックは、半導体加工技術の極端紫外線(EUV)露光用マスクパターンの欠陥を高い感度で検出するEUV欠陥検査装置「ACTIS A150=写真」を製品化した...

従来の病原菌の検出方法は判定に時間がかかる。... 研究チームは、検出感度を上げて時間をかけずに診断する技術を検討。... また検出時に抗体と病原菌の結合を妨げる物質が存在するため、感度よく病原菌を特...

産業界で研究始動 判定・検出技術の開発進む 産業界では基礎研究が始まっている。... これは優れたセンサーなら、攻撃の検出感度を上げられるともいえる。 パナ...

静電気の微細動を捕捉 阪大が高感度顕微鏡 (2019/2/11 科学技術・大学)

大阪大学大学院理学研究科の松本卓也教授と荒木健人大学院生らは、物質に発生した静電気を観察できる静電気力顕微鏡で、300ナノ秒(ナノは10億分の1)での動きを捉える時間分解能と、高い検出...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン