21,727件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

電子情報技術産業協会(JEITA)のワーキンググループ(WG)は、サプライチェーン(供給網)を構成する企業間で二酸化炭素&...

光洋サーモ、運用費安い浸炭炉投入 真空タイプ・小規模対応 (2022/5/19 機械・ロボット・航空機2)

同1基当たりの二酸化炭素(CO2)排出量はガス浸炭炉に比べて50%低減する。

各社とも生産の自動化や脱炭素化への対応などで求められる商材の提案を加速する。... 国内の生産財事業は「工場の自動化・省人化の高まりや自動車業界などで脱炭素化の開発が加速する」(長尾雄次社長&...

脱炭素に向けた世界的な動きに対応するため、関連部品の生産体制や研究開発を強化する。

これにより、2023年3月期の二酸化炭素(CO2)排出量を前期比で約4200トン削減できるという。

提言書は脱炭素やデジタルといった社会課題や新潮流をチャンスととらえる中小は「日本の経済成長の中核」とし、新分野に挑戦する中小への支援の重要性を強調。地域金融機関によるファンドの活性化や中小のエクイティ...

ソニーグループは18日、サプライチェーン(供給網)全体を対象とする「スコープ3」までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の...

船舶向けには水素やアンモニアが中長期的な脱炭素燃料として検討されているが、短期的には既存の設備を大きく変更せずに使用できるバイオバンカーが有効な代替燃料として注目を集めている。

日揮と旭化成、再生エネで水素→アンモニア 福島に実証設備 (2022/5/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

再生可能エネルギーは二酸化炭素(CO2)を排出しないが発電量が不安定で、こうした再生エネで水素やアンモニアを安定製造するプロセスを確立し、26年の事業化を目指す。

新役員/高砂熱学工業 執行役員・村岡博之氏 (2022/5/18 機械・ロボット・航空機2)

新設された部のトップとして社外と積極的に交流し、顧客の脱炭素に向けた課題を解決する。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)や脱炭素への対応も迫られる。

特殊鋼7社の通期見通し、6社増収・5社経常減益 (2022/5/18 素材・医療・ヘルスケア)

自動車の減産長期化や中国経済低迷の影響など不透明な要素が広がる中でも、各社は生産性の向上や将来の脱炭素に向けて設備投資額を増やす方向だ。

23年度めどに石油化学・炭素事業を分離する方針で、高機能品の成長性を示す必要がある。

神鋼、国内初の低CO2高炉鋼材を商品化 今年度発売 (2022/5/18 素材・医療・ヘルスケア)

神戸製鋼所は17日、高炉での二酸化炭素(CO2)排出量を低減した鋼材「コベナブルスチール」を商品化したと発表した。... 自社工程の脱炭素効果を一部製品に...

IHI、NOx排出抑制 アンモニア専焼試験に成功 (2022/5/18 機械・ロボット・航空機1)

アンモニアは燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないため次世代燃料として期待されるが、NOxの排出濃度上昇が課題。

(大阪・冨井哲雄、神戸・園尾雅之) 岩谷産業・川重など推進 日本のエネ確保に 「安価で二酸化炭素(CO2)フリー水...

一般的にコーヒー豆の包装材には、豆から排出される二酸化炭素(CO2)を脱気し、袋の膨張・破裂を防ぐため、プラスチック製バルブが使われる。

■執行役員経営企画部長 稲室昌也氏 【横顔】石炭事業のプロジェクト管理および販売に従事した後、米国駐在時に世界銀行(世銀)炭素基金に出向。排出権創出事業を担当...

主催者企画では「新たな脱炭素技術が照らすカーボンニュートラルへの道」をテーマに講演会や企画展示を実施する。... 講演会では、脱炭素化を考える機会とすることを目的に、国のクリーンエネルギー戦略や、二酸...

トヨタは取引先に年3%の二酸化炭素(CO2)排出量削減を求めており、各社は達成に向け動きだす。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる