115件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

自動倉庫、安全で効率よく 三浦工業は、主力の貫流ボイラの国内向け製品を北条工場(松山市)敷地内にある物流センターから送り出している。... 物流センターは1992年の...

ビッグデータで成立向上 トランコムは、全国に115拠点を構える総合物流会社。

事業拡大とともに物流部門の負担が増す中、物流拠点の効率化に着手した。 ... その上で、物流業界が人手不足やコスト増が課題となる中、「物流関連業務の集約や業界を超えた連携が進めば、物...

同社は目下、物流網の再構築を進めている。3年後をめどに、米国や欧州に新しい物流拠点を設ける計画だ。... 「物流の改善は営業の拡大に直結する」(同)ときっぱり。

専用コンテナで環境保持 生鮮品の中でも鮮度低下が早く、輸送管理が難しい魚介類。特に生きた魚を地方から首都圏や関西などの大消費地へ届ける際の管理は、水揚げした場所との距離に左右される。...

人手不足や運賃上昇に悩むECの物流現場に対し、包装作業の見直しを起点にした物流改善を提案している。 ... 物流の現場では、各所で深刻化する人手不足が作業の遅れやコスト上昇の弊害を引...

物流のモーダルシフトを進めていたことが完全に裏目に出てしまった」と説明する。... これを踏まえ、物流網の見直しを行う考えだ。... また、一定の各エリア内で物流の自給管理を高める。

物流業界からの需要が高まり、これまで約20台を納入した。... ニトリ系物流会社のホームロジスティクス(東京都北区)やプレコフーズ(同品川区)などがこの圧縮機を活用して...

自社専用トラック増便 アイカ工業は、主力のメラミン化粧板や室内ドアなど建装建材の物流網を再整備している。... 「専用便の破損事故率は路線便などの10分の1以下になる」(安川...

FRは物流を一部門で完結させるのではなく、企画から生産、販売に至るサプライチェーン全体で見直す組織改革を断行。... 実際の現場で物流を阻害する課題を探った神保執行役員は「人海戦術で改革を進めたからこ...

チーム一丸の思いが新発想の梱包技術につながった。

タンクは商社や石油化学メーカーなどに貸し出し、化学品の物流拠点としては国内最大級となる月間タンクローリー3000台もの出荷量を誇る。

長距離運転手不足に対応 三菱ケミカル物流(東京都港区、福田信夫社長、03・5408・4500)は、基幹拠点の一つである首都圏ロジスティクスセンター(埼玉県加須...

食品流通のインフラとして、全国に約70拠点の物流施設を構える。小ロット多頻度配送や一括物流といった、小売業者の仕入れ・販売ニーズは多様化しており、物流施設内の生産性向上を課題としてきた。... 同社ロ...

新本社は移転前から導入していた印南製作所(東京都足立区)の宅配便梱包総合出荷システムを1台から2台に増強。... 設備投資を機に、従業員一人ひとりの動線を改善し、働きやすい環境づくりも...

生活路線の維持と同時に物流の効率化を狙いとした取り組みは、それぞれに成果をあげつつある。 ... 時間に余裕ができたことで「ドライバーが休憩をしっかりとれるようになり、働き方の改善に...

物流と情報の流れを連携させる独自の情報システムを自社開発するなど、自らの知恵と工夫で物流効率の改善に努めている。

企業のパソコン運用、円滑に/設定・修理・輸送など集約 日立システムズフィールドサービス(東京都江東区、飯間正芳社長、03・5621・2920)は、企業で使う...

危険物の取り扱い考慮 フタハシ技研(大阪市鶴見区、二橋貞之社長、06・6913・0284)は、大手企業向けに物流倉庫内の設備や作業環境などを考慮したレイアウトの提案・...

グループの中核を担うエバラ食品工業が商品の種類を増やす中、栃木県さくら市の栃木工場内に建設したエバラ食品グループの新「栃木物流センター」を2017年11月に稼働した。 同センターはエ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン