40件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

背景の一つとして、世界最高水準の研究・教育体制の確立などを狙いに文部科学相が数大学を指定、支援する「指定国立大学」制度の関連法案が、今国会で成立する見通しとなったことがある。... (編集委員・山本佳...

政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長=安倍晋三首相)は、世界最高水準の研究開発成果の創出を目指す「特定国立研究開発法人(特定研発)」の対象機関として、材料科学分野に強みを持つ物質・材...

海外トップクラスの研究者の招へいなど研究費を豊富に用意し、遅れている日本の状況を10年後に大転換することを狙う野心的な試みだ。 ... スーパーコンピューターのポスト「京」開発も倍増...

【専門分野中核に】 一方、「卓越大学院」構想は、情報通信技術など、特定の専門分野に強い大学院を中核に、他大学や研究開発法人、企業が連携する内容。... このほか、議論はまだ進んでいな...

〈「国立研究開発法人」に移行−文科省、トップ刷新の時期適切〉 4月から理研などは独立行政法人の制度改革により、主務大臣や政府との関わりをより強めた「国立研究開発法人」に変わる。......

近年主要国が研究開発投資を増額している状況を考慮すれば、1%目標の着実な達成が求められる。 現在、民間が大学に投資する研究開発費は大学の研究開発費全体の2・5%。... 民間の資金や...

研究開発法人に関しては、業務サービスを主事業とする他の独立行政法人などと分離する法律が成立。... このうち国の戦略と密接な「特定国立研究開発法人」を認定する法律の成立は、理化学研究所のSTAP問題で...

政府の総合科学技術・イノベーション会議が司令塔機能を発揮し、政策運営を強力に進め、世界で最もイノベーションに適した国を目指していく」 ―理化学研究所などを特定国立研究開発法人(仮称)...

STAP細胞問題で指定が先送りになった「特定国立研究開発法人」。... その一因は2007年に文科省の「世界トップレベル研究拠点プログラム」で独立行政法人として唯一、採択されたことだ。... これが論...

政府は「特定国立研究開発法人(仮称)」について、今国会中の法案提出の見送りを決めた。

基礎研究と実用化の分断をなくすため、政府は研究開発法人(公的研究機関)の“橋渡し機能”強化を打ち出した。... ここは独立行政法人や国立大学の制度改革、研究者キャリアパス多様化などの実践の場にもなる。...

理化学研究所は、STAP細胞の研究論文に不正の疑いがあった問題で、外部の有識者6人で構成する「研究不正再発防止のための改革委員会」(岸輝雄委員長=新構造材料技術研究組合理事長)を組織し、10日に初会合...

【新研究開発独法、創設先送り−菅官房長官】 STAP細胞をめぐる騒動は、成長戦略の一環として政府が進める独立行政法人改革にも飛び火した。菅義偉官房長官は9日の記者会見で、理化学研究所...

【チェック難しく…自由な研究にも配慮】今回の問題は「特定国立研究開発法人(仮称)」の決定にも影響を及ぼした(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター)小保方氏(左)は会見を受けて「不服申し立てを行う...

下村博文文部科学相は20日の閣議後会見で、理化学研究所によるSTAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)の論文問題ついて、閣議で「特定国立研究開発法人」を決定する前に最終的な報告書の提出を求め...

政府は12日、総合科学技術会議を開き、独立行政法人のうち、世界最高水準の研究開発成果を目指す「特定国立研究開発法人(仮称)」として、理化学研究所、産業技術総合研究所の2法人を対象候補とすることを決めた...

政府の研究開発法人のうち、国家戦略遂行で業務運営の自由度を増した「特定国立研究開発法人」(仮称)の候補に、理化学研究所と産業技術総合研究所が決まった。... 総合的研究機関で世界最高水準の実質を備えて...

このうち三つめの研究開発型の法人を「国立研究開発法人(仮称)」と名付け、中期目標期間を5年から7年に延長。... 中でも国家戦略に基づいて世界最先端の科学技術に取り組む法人を「特定国立研究開発法人(仮...

【研究開発/世界最高水準で】 研究開発の競争激化の中で、世界トップレベルの研究を国家戦略として手がける「特定国立研究開発法人(仮称)」の新法が、内閣府を主体に、総務省との共管で準備さ...

政府は24日、独立行政法人のうち、世界トップレベルの研究成果を生み出す業務を担う法人を「特定国立研究開発法人(仮称)」とし、研究者の給与水準や評価などの運用に特例措置を設ける方針を閣議決定した。優れた...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる