65件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

TDK、発電効率1.3倍の太陽電池 IoT機器向けに年内製品化 (2018/1/29 電機・電子部品・情報・通信)

わずかな光を活用する環境発電(エナジーハーベスティング)技術を用いた電源で、室内の照明光でも発電できる。... 発電効率は現在の7%から約10%程度まで高める。... また太陽光だけでなく、照明などの...

将来的にはエナジーハーベスト(環境発電)などと組み合わせることで機器の独立稼働に貢献できる。... TDKは太陽光発電技術や非接触給電技術などを保有している。石黒成直TDK社長は「発電や給電、蓄電など...

無線で制御できるライティングレール用LED、山田照明が開発 (2017/6/29 電機・電子部品・情報・通信2)

エナジーハーベスト(環境発電)を採用したスイッチで、調光などを無線で操作する。

振動や温度差などを利用した環境発電、人工知能(AI)などへの不揮発性メモリーの応用につながる。

村田製作所、ラミネート型二次電池を量産 (2016/6/29 電機・電子部品・情報・通信2)

エネルギーハーベスト(環境発電)を電源とするセンサー端末や、各種ウエアラブル機器などへの採用を見込む。 ... 屋内外のあらゆる場所に配置するワイヤレスセンサーネットワークでは、電池...

内蔵のアンテナに人が近づくと、周囲の環境にある雑音(ノイズ)の受信量が変動することを利用し検出する。... 開発したのは、環境ノイズ検出型の無電源人感センサー。... 電波を電気に変換する「レクテナ」...

周囲の環境から採取した、微小なエネルギーを利用する環境発電(エネルギーハーベスティング)技術を使って、完全無線による自己駆動を実現した。

モノのインターネット(IoT)を支える技術としてエネルギーハーベスト(環境発電)が注目されている。... 環境発電に取り組む前は、光集積回路の研究に10年間打ち込んだ。実用化により近い研究テーマに取り...

小型セラミックス素子は、エナジーハーベスト(環境発電)と呼ばれる振動から発電を行う。セラミックスに圧力や振動を加えることで発電する性質を利用している。 ... 素子は振動が起きる場所...

検知回数を必要最低限にでき、環境発電(エナジーハーベスティング)技術も活用して、省エネを実現する。

積水化学、CNT使った温度差発電シートのサンプル出荷 (2016/4/20 素材・ヘルスケア・環境)

温度差を使ったエネルギーハーベスティング(環境発電技術)向けで、大型商業施設の地下施設や空調の配管、大型倉庫、船舶などのセンサー用電源への採用を想定する。 ... 生活環境など身近な...

東北特殊鋼など、IoTセンサーを開発−新磁歪材を採用 (2016/2/26 電機・電子部品・情報・通信1)

振動発電素子には低コストで耐久性に優れた東北特殊鋼製の新磁歪(じわい)材料を採用した。設置した環境の振動を電気に変え作動するため、電池や電線からの給電が不要。... 東北特殊鋼の新磁歪材料と、宮城県産...

産業界の動向を集めたインダストリー・プログラムでは、シャープが開発した多機能環境センサーが注目論文に挙げられた。... 技術発表では、環境や人体情報をモニターするポータブル機器や、メディカル向けの各種...

小型で搭載スペースが限られるウエラブル端末や成長が見込めるエネルギーハーベスト(環境発電)の蓄電素子向けにも提案する。

サイカツ建設(秋田市、齊藤勝俊社長、018・839・5037)と秋田大学などで構成する「あきた環境発電住宅コンソーシアム」は、明かり、音、香りを組み合わせた快適な空間づくりに取り組んでいる。生活リズム...

新磁歪・電磁スマートデバイス開発研究会は4日13時から仙台国際センター(仙台市青葉区)で講演会「地域未来を拓く発電材料・デバイス」を開く。「超成熟社会に向けたクルマの知能化」(井上秀雄トヨタ自動車FP...

色素増感太陽電池は微弱な光でも発電性能が低下せず、照明など室内光での発電に向く。身近にある小さなエネルギーを落ち穂拾いのように“収穫(ハーベスト)”する発電は、エネルギーハーベスティング(環境発電)と...

ワイサンはスマートメーターの管理などに適し、エンオーシャンは外部電源に依存しない「環境発電」に対応できるのが特徴。... 店舗環境やメガソーラー、自動販売機の管理や介護現場での見守りシステムなど、多様...

このゼーベック効果を利用して熱エネルギーを電気エネルギーに直接変換する発電方法が熱電発電である。熱電発電の効率は温度差と材料で決まるので、できるだけ高温環境で使える熱電材料の開発が重要である。 ...

さらに同手法は超音波や光、熱、音波、振動など、さまざまな形で環境に存在するエネルギーを電力に変換する環境発電分野のセンサーなどに応用できる可能性があるという。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる