電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

571件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

田辺三菱製薬が膣カンジダ薬 再発治療向け (2023/6/29 生活インフラ・医療・くらし)

田辺三菱製薬は膣カンジダ再発治療薬「オキナゾールL600=写真」を30日に発売する。

田辺三菱CVC、AMEDの創薬VB強化事業の認定VCに (2023/6/21 生活インフラ・医療・くらし1)

田辺三菱製薬のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「MPヘルスケアベンチャーマネジメント(MPH)」が日本医療研究開発機構(AMED)の創薬ベンチ...

2019年に創傷管理を複数診療科で行う施設での使用などの条件や5年の期限付きで承認を取得して田辺三菱製薬が発売したが、21年に目標症例数の患者登録を完了したこともあり条件解除に向けて申請した。 ...

国内最古の製薬会社を受け継ぐ会社を成長トレンドに導き貢献する」 《主力の国内市場は縮小が予測され、薬価も毎年引き下げとなり外部環境は厳しい。... 23年三菱ケミカルグループ執行役兼...

経営ひと言/日本製薬工業協会・上野裕明会長「創薬力を強化」 (2023/5/31 生活インフラ・医療・くらし2)

「製薬産業の役割は、イノベーションを生み出し国民と社会に貢献すること」と話すのは、田辺三菱製薬代表取締役で日本製薬工業協会の新会長に就任した上野裕明さん。 製薬産...

田辺三菱薬、海外開拓を加速 希少疾患向け新薬投入 (2023/5/30 生活インフラ・医療・くらし)

主力の国内、先細り必至 田辺三菱製薬は現在約20%の海外売上高比率を早期に30%、将来的には50%に引き上げる。「世界の製薬市場は最大の米国を中心に年間3&#...

日本製薬工業協会は25日、同日付で上野裕明氏(田辺三菱製薬代表取締役)が新会長に就任したと発表した。

田辺三菱薬、ALS治療薬の経口懸濁剤がスイスで承認取得 (2023/5/19 生活インフラ・医療・くらし2)

田辺三菱製薬はドイツの子会社のミツビシ・タナベ・ファーマ・ゲーエムベーハー(MTPD、デュッセルドルフ)を通じて、筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬「ラジカヴァ経口懸濁...

田辺三菱薬、ALS治療に経口剤 患者の負担軽減 (2023/5/3 生活インフラ・医療・くらし)

田辺三菱製薬は筋萎縮性側索硬化症(ALS)での機能障がいの進行を抑制する治療薬「エダラボン」の経口剤「ラジカット内用懸濁液=写真」を発売した。

日本IBM、医薬品流通経路の在庫可視化 基盤運用検証 (2023/4/27 電機・電子部品・情報・通信1)

同基盤の検討は、製薬企業や医療機関など約20社・団体が参加するコンソーシアム(共同事業体)「ヘルスケア・ブロックチェーン・コラボレーション(HBC)」で進めてきた。塩野...

日本イーライリリー、西神工場に70億円 包装・品質管理を効率化 (2023/4/26 生活インフラ・医療・くらし1)

4月に田辺三菱製薬と発売した、2型糖尿病患者向けの「マンジャロ皮下注アテオス」などを扱っている。

血糖値改善が1週間持続 田辺三菱薬など、糖尿病薬を発売 (2023/4/25 生活インフラ・医療・くらし)

田辺三菱製薬と日本イーライリリー(神戸市中央区、シモーネ・トムセン社長)は、血糖値を改善する持続性ペプチド受容体作動薬「マンジャロ皮下注アテオス=写真」を発...

阪大微生物病研究会(BIKEN、大阪府吹田市、山西弘一理事長)と田辺三菱製薬は、共同開発していた5種混合ワクチン「ゴービック水性懸濁注シリンジ」の製造販売承認を取得した。

三菱ケミG、当期益1180億円 通期見通し上方修正 (2023/2/17 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ケミカルグループは16日、2023年3月期業績予想(国際会計基準)を上方修正し、当期利益を従来予想比900億円増の1180億円(前期比33・4%...

田辺三菱製薬はカナダの連結子会社のメディカゴ(ケベック市)で大規模生産に向けて準備していた新型コロナウイルス感染症ワクチンの商用化を断念した。

製薬3社、医薬品を共同輸送 「流通の完全性」確保 (2023/1/17 素材・医療・ヘルスケア2)

田辺三菱製薬と小野薬品工業、塩野義製薬の製薬3社と医療流通を手がけるエス・ディ・コラボ(東京都千代田区)は16日、医療用医薬品の国内共同輸送を始めたと発表した。... 4社で管理基準を...

連続生産、実用化素早く 田辺三菱製薬は製造子会社の田辺三菱製薬工場(大阪市中央区)の小野田工場(山口県山陽小野田市)内で医薬品製造関係の研究(...

【東大阪】近畿大学生物理工学部の財津桂教授、産業技術総合研究所の井口亮主任研究員、田辺三菱製薬の日比野優衣主任研究員らの研究チームは、メタボローム解析と生物情報科学を用い...

田辺三菱製薬は薬剤耐性菌に対する新規抗菌薬の創製のため、世界保健機関(WHO)などにより発足したグローバル抗菌薬研究開発パートナーシップ(GARDP)へ、所有する5万化...

「ウェット」と「ドライ」両立 田辺三菱製薬は大きく四つの方針で人工知能(AI)を創薬現場に導入している。... 全てを自社で行うには限界があるため、他の製薬会社とのデ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン