104件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

KDDIは睡眠など扱う領域を増やしニーズを掘り起こす。 ... アプリでは寝付きや睡眠時間など五つの指標で毎日の睡眠を評価する。このほか、普段使っているベッドに敷くと睡眠状態を簡易分...

健康維持における睡眠の役割は大きく、睡眠時間の不足や質の悪い睡眠は多くの病気の原因となる。... ベッドに一定時間内に戻らなければ通知するアラーム設定もできる。... 24時間のモニタリングが比較的容...

「働き方改革などが進み、(睡眠時間や労働時間を除いた自由に使える)“余暇時間”が増えるだろう。... こうした余暇時間を取り込む。

日立コンシューマなど、スマホで高齢者見守り 活動センサー活用 (2018/11/29 電機・電子部品・情報・通信2)

ドシテルは、部屋の壁などに活動センサーを設置して生活リズムや活動量、睡眠時間などの情報を検知する。... 不在や静止状態が一定時間継続した場合などには、アプリに「24時間以上おみかけしておりません」な...

運転者に装着した腕輪の生体センサーで、脈拍や運動量、睡眠状態などを自動計測する。... 腕輪をつけた状態なら睡眠時間のチェックも可能という。

専用のウエアラブル機器を使い、運転手の睡眠時間をクラウド上に登録。... 運転手が装着して生活することで、確認が難しい睡眠時間を定量的に把握できる。出勤時にデータを確認し、睡眠時間の長短で異なるアラー...

経営ひと言/セキュア・谷口辰成社長「心に宿る熱」 (2018/7/26 電機・電子部品・情報・通信2)

「睡眠時間をきちんと確保してスケジュールを立てる」という時間管理を行っている。

経営ひと言/ふくや・川原武浩社長「仕事も祭りも」 (2018/7/4 中小企業・地域経済1)

「睡眠時間が減り、帰宅時間が遅くなる」と笑うが今年も「オイサ!」

センサーで睡眠の質解析 凸版、非接触型システム (2018/6/27 電機・電子部品・情報・通信1)

覚醒や就寝、寝返りの有無など睡眠状態を把握できる。解析した睡眠状態は、睡眠時間や熟睡度、睡眠サイクル、寝返り回数といった項目ごとにスコア化する。... チェックアウト時に、睡眠時間や寝返り回数などの実...

医療関係ではIT活用で、スマートフォンを通じて血圧や熱量、睡眠時間などをチェックする医療ICTで「新市場ができつつある」(同)と、製品開発に力を入れる。 ...

利用者の多くは血圧計を購入しても時間の経過とともに測定頻度が落ちる。... 一方、市場に出回っているウエアラブル端末は健康維持を目的とした歩数や睡眠時間、消費カロリー、心拍数を測定する活動量計で医療機...

睡眠状態はエアコンにセンサーを取り付けて把握する。... 介護が必要な高齢者の睡眠時間が乱れると、同居する家族の睡眠が損なわれて負担が増す。... 昼寝の時間が長くなれば、高齢者に必要十分な活動時間を...

例えば睡眠時間と生産効率などとの相関を分析し、「ストレスチェックの結果も踏まえて、個々にアドバイスする仕組みなども検討している」(岩津聖二富士通ヘルスケアビジネス推進統括部部長)。

体力維持のため、ISS滞在中の宇宙飛行士は毎日2時間のトレーニングを行う。... 古川さんは「声の調子や尿などのデータからストレス状態を評価し、睡眠時間の確保といった助言ができる人工知能(AI)システ...

TDK、生体データ遠隔監視システム開発 患者の徘徊対策に (2018/2/23 電機・電子部品・情報・通信1)

位置情報のほか、脈拍、歩数、睡眠時間、会話量などを幅広くセンシングできる。

NECネッツエスアイ、介護施設向けベッド見守りソリューション (2018/1/31 電機・電子部品・情報・通信2)

睡眠時間や離床のタイミング、脈拍・呼吸などの取得も可能。... また寝る時間や起きる時間の生活リズムを見える化することで、介護支援を効果的に行うなどの一定の効果を上げることができたという。 &...

実証する「IoTスマートホーム」では、ベッドに設置したセンサーで睡眠時間や睡眠の質などをチェックしたり、ソファがストレス状態を計測したりすることを想定している。

国内でも、概日リズムと睡眠障害の関係を示す研究成果が発表されている。... 国立精神・神経医療研究センターの肥田昌子室長らは睡眠時間帯が夜間から大きくずれて社会生活が困難になる睡眠障害の研究について5...

睡眠の役割は何か。... 「小さな子どもはよく寝るが、加齢と共に睡眠時間は短くなる。... 深い睡眠状態を指す「ノンレム睡眠」は、睡眠時に成長ホルモンが分泌されるほか、最近はノンレム睡眠中の脳波が全身...

すると仲間はずれのプレーヤーにボールを回す行動は睡眠時間で大きな差はないが、脳活動を磁気共鳴断層撮影装置(MRI)で観察すると、睡眠時間が十分に取れている条件下では主観的な喜びを感じる領域の活動が増加...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる