電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

213件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

急な速度変化など転倒の特徴を検知した時は緊急ブレーキをかける。 ... 歩行速度や緊急停止回数、位置情報といった利用状況を可視化することで、被介護者の歩行の改善状況を見える...

日立造船は売電事業の主力拠点である茨城工場(茨城県常陸大宮市)で、2基ある火力発電設備の内、地震発生時に稼働していた一基を、安全のため緊急停止させた。

建機、AIで人体検知 大成建が接触事故防止システム (2022/2/23 建設・生活・環境・エネルギー)

建機に搭載したカメラの映像をAIで解析し、人体を検知すると建機が減速や緊急停止する。... 瞬時の映像を基に人体を検知し、接触の危険性を判断すると建設機械の自動減速・停止や警報の発出などを同時に行う。

電源とともに工場の製造装置やロボットなどに搭載すれば、停電や緊急停止などの際でもデータの保存が可能になる。... デジタル技術で生産性を高めるスマート工場は落雷による停電や生産トラブルによる緊急停止な...

安全・異物混入対策としてはエリアセンサー付きで作動中にリフト内へ人の手などが入ると緊急停止する。

西松建設など、ローカル5Gでホイールローダー遠隔操作 (2021/10/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

無線トラブルやホイールローダーに人の異常接近するのを人工知能(AI)が認識すると、自動的に緊急停止する。

東京都では地震による車輪の脱輪で新交通システム「日暮里・舎人ライナー」が運行を停止。... 震源地に近い千葉県内に工場を置く企業では被害は軽微だが、エレベーター(EV)の停止や従業員の...

キャニコム、積載式集材作業車 厳しい勾配にも対応 (2021/6/23 機械・ロボット・航空機2)

車両状態がひと目で分かる表示モニターやエンジン緊急停止スイッチなどを搭載し、操縦時の安全性を高めた。

予兆段階でこれを検知することにより運転操作にて装置の緊急停止を回避する事ができ、生産機会損失の減少と労働環境の改善というメリットが得られている。

ドライバーの体調が急変して運転操作が不能になった場合に異常を検知して、同一車線内で車両を減速して緊急停止する。... 衝突の危険があると判断すると時速20キロメートル以下の領域で緊急停止する。 ...

新幹線車両N700A、3年で86編成改造 JR東海、「S」化で安全性向上 (2021/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

N700Sのブレーキシステムは、時速285キロメートル走行時における緊急停止の制動距離を、N700A(3次車)比で約5%短縮できる。

設備が緊急停止した場合も、損傷した部位を短時間で発見し、停止期間を短縮できる。

さまざまな気象データを読み込ませたAIを開発することで、竜巻の進行方向で走行中の電車を緊急停止させるといった応用につながる。

3.11 メッセージ/工作機械 早期復旧、デジタル技術駆使 (2021/3/11 機械・ロボット・航空機1)

地震の揺れによる機械の緊急停止や自動搬送装置のパレット位置のずれをサポートセンターが遠隔で確認し、復旧のための操作支援を行った。

ニュース拡大鏡/JR東、初の在来線自動運転 ATOで業務効率改善 (2021/3/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

定位置停止制御用の地上子を駅構内の線路に設け、ATCの速度制限に追従して加減速・停止する機能を加えた。 ... 遅延など運行状況に合わせて駅間停止しないように速度を調整して運転する。...

勃興5Gサービス(34)TOPIC、群馬大など実証 (2021/2/24 電機・電子部品・情報・通信)

【低遅延生きる】 「車両―路側間」は現場データを即時処理するエッジコンピューティングによる低遅延の特性を生かし、路側センサーから必要な情報を車両制御に直結することで、緊急停止などのリ...

IoT(モノのインターネット)で稼働率や機械の状況をリモート診断する機能や、遠隔で緊急停止する機能を搭載し、生産性や保守性が向上する。

建設現場の遠隔モニタリング市場、30年に3.8倍62億円 (2021/1/12 電機・電子部品・情報・通信2)

作業者と建機の接触事故や危険箇所への立ち入りを防ぐため、作業者を生体として識別して危険情報を発し、建機などを自動的に緊急停止させる現場エッジ処理の30年の市場規模は同59・1%増の70億円と予...

三菱電、昇降機の安全機能強化 (2020/12/8 電機・電子部品・情報・通信1)

緊急停止時に緩やかに減速し、手動の切り替えスイッチによる低速運転も有償付加で可能にした。

最近、東日本大震災で緊急停止した東北電力女川原発が再稼働に近づき、長年の懸案である廃棄物処分場についても北海道の2自治体が調査に応募した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン