66件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

総務省消防庁は28日、大規模テロの発生時に応援の消防部隊が速やかに参集できるよう、あらかじめ派遣計画を定める方向で検討に入った。発生場所や規模に応じ、東京消防庁や20政令市の消防本部から、テロ対応の専...

内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)で、港湾空港技術研究所、総務省消防庁消防研究センター、土木研究所が共同で開発した。

総務省消防庁は20日、全国瞬時警報システム(Jアラート)によるミサイル発射などの緊急情報を外国人旅行者向け災害情報アプリ「Safety tips」で同日から配信すると発表した。

防災科研が研究開発する災害対応支援システム「府省庁連携防災情報共有システム」(SIP4D)は、内閣府や文部科学省、国土交通省などの災害関連データを集約。... すでに内閣府や総務省消防庁、自衛隊、警察...

消防庁、準中型免許取得を支援 (2018/2/22 総合2)

総務省消防庁は2018年度から、改正道路交通法で新設された「準中型免許」を取得する消防団員への支援に乗り出す。

同日午後9時現在で、けが人や体調不良の情報はないが、国土交通省福井河川国道事務所によると、10時間以上動けない車もあり、解消の見通しは立っていないという。  ... 総務省消防庁がま...

総務省消防庁は、飛行ロボット(ドローン)を活用した防災活動普及のため、消防本部向け手引書を作成した。... 消防庁は30日に都道府県などに対し、市町村に手引書を周知するよう要請する。

総務省消防庁は、日本語が通じにくい外国人や、身体が思うように動かない障害者を災害時に安全な場所へスムーズに誘導できるよう、本年度中に避難訓練の実施要領を作る。... 一方、駅やホテルなどには消防法で避...

総務省消防庁は21日、8月の熱中症による搬送者数は1万7302人だったと発表した。... 消防庁は搬送者が減った要因として、東日本の太平洋側で8月の日照時間が例年に比べかなり短かったことや、台風の影響...

総務省消防庁は2018年度に大規模災害時の迅速な情報収集を促進するため、飛行ロボット(ドローン)を活用する体制を整備する。... 総務省消防庁の18年度概算要求に3000万円を盛り込む。... 消防庁...

総務省消防庁は、市町村を通じて住民に緊急情報を知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート」について、国からの情報をより速やかに伝達できる新型受信機を2018年度末までに導入するよう地方自治体に通知した。...

国土交通省は21日、大規模倉庫を対象に、防火シャッターの電線ショートによる被害拡大の防止措置を義務付ける方針を固めた。... 国交省と総務省消防庁が同日、アスクルの倉庫火災を踏まえた有識者による防火対...

アスクルの物流センターであるALP首都圏の火災事故を受け、総務省・消防庁と国土交通省が全国の大規模倉庫の調査に乗り出している。... (山下絵梨) 総務省・消防庁...

総務省消防庁は、地域の消防団が飛行ロボット(ドローン)を活用し、災害現場の状況を素早く把握できる体制を整える。... 総務省は地方交付税でその費用を支援する。

総務省消防庁、熱中症で搬送2万人に (2016/9/20 ヘルスケア)

総務省消防庁は8月に熱中症で救急搬送された人が全国で2万1383人に上ったと発表した。

横顔/栃木県副知事に就任した赤松俊彦氏 (2016/9/1 中小企業・地域経済2)

自治省(現総務省)出身で、29年ぶりの栃木県勤務。... (宇都宮) 【略歴】あかまつ・としひこ 87年(昭62)京大法卒、同年自治省(現総務省)入省。13年総務...

2000年代半ばには、同社の救助用走行ロボット「エクスクローラー」を総務省消防庁が採用。... 優れた走行性能が評価され、救助用ロボットのエクスクローラーは、現在東京消防庁のハイパーレスキュー隊に複数...

東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センターの加藤孝明准教授らは、東京消防庁などと共同で地震火災発生時の人の避難行動について、コンピューター上の仮想的な世界(仮想現実)を使って検証する実験を...

津波や土砂災害の現場に投入して早期に状況を把握しようと、総務省消防庁が小型無人機「ドローン」の試作機を開発した。... 消防庁は「一刻も早く救助することで、救命率は上がる」として、ドローンの活躍に期待...

また、同社はエンルートと開発するマルチコプター型のドローンを防衛省と総務省消防庁に15年度中に納入する。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる