電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

80件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

従来は、電極や脳波計(EEG)、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)といった、脳活動を計測・可視化する技術が中心だった。... 例えば、オランダのフィリップスが開発・販売す...

同大の走査型電子顕微鏡(SEM)や透過型電子顕微鏡(TEM)、誘導結合プラズマ質量分析装置などの分析機器や、生命・環境科学部臨床検査技術学科が活用する脳波計、筋電計、超...

すでに採択した企業には、シニア女性の体調管理をサポートするTRULY(東京都渋谷区)やイヤホン型脳波計を開発するCyberneX(同大田区)、不動産業界のデジタル変革&...

木製パズル、脳を活性化 長岡技科大が解明 (2021/4/6 科学技術・大学)

脳波計をつけた被験者にパズルを組み立てさせ、その過程での脳波を計測。... 65歳以上の健常者の男女5人に脳波計を装着させ、パズル組み立て前のリラックスしている状態、組み立て中、完成後のリラックス状態...

東海光学の脳活動計測デバイス「TOKAI Orb(トウカイオーブ)」は、ヘッドセット型の脳波計。... 計測した脳波は近距離無線通信「ブルートゥース」でパソコンに送信する。.....

第1弾として大学や研究機関向けにワイヤレス簡易脳波計「TOKAI Orb(トウカイオーブ)=写真」を発売した。... ヘッドセット型の脳波計で前頭部用3個、後頭部用5個...

CyberneX(同大田区)はイヤホン型脳波計を開発する。

このほかイヤホン型脳波計を開発するCyberneX(東京都大田区)などを採択した。

広島大学の山脇成人特任教授と町沢まろ特任准教授の研究グループは、視覚による刺激に反応する脳波や脳の動きから「ワクワク感」といった感情を数値化し、リアルタイムで表示する技術を開発した。... その際の脳...

開発した小型脳波計を用いてうつ病を客観的に診断できる可能性が開けた。

期待を寄せるのがパッチ式脳波計だ。... パッチ式脳波計なら家庭でも計測できる。 ... 作業者の脳波の動きを読み取れる脳波計があれば、事故への対策を打ちやすくなると考える。

私は、ウエアラブル脳波計を用い、被験者の行動を大きく制限することなく、自然に近い環境で脳活動を計測・解析している。... 脳波計測では、バッターが空振りでストライクを取られた時にエラーに関連する脳波成...

従来はプロアシストの脳波計「スリープグラフ」や「脳波センサZAシリーズ」を用いて、企業や大学などの顧客から一晩の睡眠データを収集。検査技師や医師による脳波解析を仲介し、睡眠の効率や深さなどの情報を利用...

脳波計や心電計といった生体計測機器などの売り上げ伸長とともに保守サービスの需要も増したため「ビジネスとしても推進したい」という。

JAL、ハワイ体感仮想旅行 イベントでアピール (2019/4/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

トレッドミル、送風機、ハンドデバイス、ミスト発生器、ヘッドマウントデバイス、脳波計、香り発生器の組み合わせで五感を再現。

この脳波を使えば、作業の習熟度を測れるかもしれない。... 情報通信研究機構の横田悠右研究員はウエアラブル脳波計と市販ゲーム機を同期し、投球種と空振りやヒット、脳波を記録するシステムを開発した。......

【脳波計で測定】 スリープウェル(大阪市北区)は、睡眠の質を測る脳波計「スリープスコープ」のレンタル事業に力を注いでいる。

多くの施設で導入できるよう、脳波計などを使った検出技術を開発したい」と話した。

NICT先端研究/CiNet(10)脳波で無意識情報評価 (2017/9/19 科学技術・大学)

脳情報通信融合研究センター(CiNet)はまず、簡単で快適に脳波を測ることのできるウェアラブル脳波計を開発した。... 自由に動き回る日常生活空間の中での脳活動計測には、この脳波計が役...

家電メーカー各社、睡眠支援に脚光 (2017/5/11 電機・電子部品・情報・通信2)

オムロンヘルスケア(京都府向日市)は、就寝前の呼吸をトレーニングすることでスムーズな寝つきを支援する「ねむり時間計」を販売。... スリープウェル(大阪市北区)は、睡眠...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン