電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,202件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

TSMCの製造子会社にトヨタ自動車が出資することについては「自動運転技術での半導体活用など他産業の発展も期待できる」(笠原社長)と波及効果を予想。

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、自動運転技術の開発を手がけるイスラエル企業モービルアイとの提携を強化し、新たな自動運転技術を搭載した量産車を導入すると発表した。 &#...

自動運転バス・タクシー展開 NECなど、地方交通課題解決で業務提携 (2024/3/19 電機・電子部品・情報・通信1)

第一交通が有するバス・タクシーなどの顧客基盤と電脳交通が持つ配車システムに加え、NECの自動運転技術やソフトウエアを掛け合わせる。... 将来の道路運送車両法で定める「レベル4」(限定領域でド...

2000年代前半までは家電が中心であったが、11年に電気自動車(EV)が紹介され、以降毎年のように自動運転技術など、自動車関連の技術が紹介されている。 21年には、V...

自由に改変できるオープンソースの自動運転システム「Autoware」の開発を主導し、世界のあらゆる環境下で自動運転の実証実験を行っている。 ティアフォーと協業実績があるいすゞは、出資...

魅力的なスマート社会を実現するため、自動運転技術など先進的なデジタル技術の実装を目指すプロジェクト推進に1億5200万円、若者と企業の出会いの場創出など県内就職・定着促進関連に1億2700万円を充てた...

県内でも自動車関連製品を取り扱う企業は多く「自動運転技術など、半導体を活用した新産業で地元企業が強みを発揮できるのでは」と予想する。 ... 培ってきた金属加工の技術を生かす。......

また、次世代車に搭載される多くのカメラやセンサーの曇り止めとして、必要な部分のみに熱を与えるヒーター装置や、運転席・助手席を効率的に温める薄型の輻射ヒーター、ウォッシャー液の凍結防止用ワイパーヒーター...

新技術を活用して戦略を加速させる狙いだ。... 22年以降だけでも、電気自動車(EV)トラックを開発・販売するEVモーターズ・ジャパン(北九州市若松区)、自動運転技術を...

車の先進運転支援システム(ADAS)や自動運転の分野を主対象に提案・受注し、まず200メートル程度の計測が可能な中距離用ライダーを量産する。周囲を把握する「目」となるライダーは運転支援...

アイシンと新明和工業は25日、大型施設で車両を受け渡しして機械式駐車設備まで往復・入出庫できる自動運転技術を共同開発したと発表した。水準は特定条件下で自動運転する「レベル4」。.....

両者はアイサンテクノロジーらと自動運転技術の実用化を見据えたコンソーシアムを立ち上げ、一定条件下で完全自動運転する「レベル4」を目指している。... 自動運転バスは市内にキャンパスを置く埼玉工大が開発...

深層断面/日本初、月面到達 (2024/1/22 深層断面)

「降りたい場所にピンポイントで降りられる技術」に挑戦した。... 月面での有人自動運転技術や走行技術に必要なデータの取得を目指す。... 中小企業の繊細な技術力が月への着陸を支えた。 ...

高さを抑えた薄いデザインと高い空力性能、電費性能、自動運転と先進運転支援システム(AD/ADAS)やコネクテッド技術などによるソフトウエア定義車両(SDV)な...

一方、別途インタビューに応じた川西泉社長は、各社の自動運転技術の開発状況について、完全なシステムを実現できたという企業は「世界のどこにもない」と指摘。

各社の技術を結集し、複数の半導体チップを接続して一つのチップのように機能させる「チップレット」の技術を2028年までに確立する。同技術を適用した自動車用SoCを開発し、30年以降の量産車に搭載する。&...

計画は自動運転技術や人工知能(AI)など最新技術を活用した“デジタルインフラ”の実装計画だ。... 一つが高速道路と一般道における自動運転車の走行レーンの整備だ。 ....

愛知県と自動運転技術を開発するイスラエル・モービルアイの日本法人モービルアイジャパン(東京都港区)などは、自動運転車を走らせる実証実験に取り組んでいる。... 技術的には実現が見える自...

日産、EVエコシステム研究 中国・清華大と新拠点 (2023/12/19 自動車・モビリティー)

1995年から2009年の間に生まれ、中国の急速な技術革新や経済成長期に育った「Z世代」に対する効果的なコミュニケーションの方法のほか、充電インフラ整備やバッテリーの回収・再利用、エネルギー管理といっ...

将来への一手として、運転をシステムに任せ、運転士の国家資格を持たない係員が車両前方席で緊急時などに対応する係員付き自動運転の実現を狙う。 ... このため、踏切がある一般の路線でも、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン