電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

146件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

富士フイルム、豪VBから再生医療品を製造受託 (2021/10/7 素材・医療・ヘルスケア1)

富士フイルムは豪州の再生医療ベンチャーのサイナータセラピューティクスとiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療製品の製造受託で基本合意した。... FCDIはiPS細胞...

武田薬、クローン病の複雑痔ろう薬で承認取得 (2021/10/5 素材・医療・ヘルスケア1)

アロフィセルは健康な成人の脂肪組織から抽出し、培養、増殖させた同種異系間葉系幹細胞の懸濁液。

開発技術は、さまざまな組織に分化可能な間葉系幹細胞の膜を用いて、がんや免疫疾患の治療効果を高めると期待される。 がん細胞との親和性が高い間葉系幹細胞の特性を生かし、患部の腫瘍を小さく...

経営ひと言/ロート製薬・杉本雅史社長「タイムリーに」 (2021/5/24 素材・医療・ヘルスケア)

国内初となる他家間葉系幹細胞を用いた再生医療の臨床試験は「仮認証のガイドラインがより厳しくなっており、さらに多くの症例数が必要になるため、進捗(しんちょく)に若干の後ろずれはある」とい...

間葉系幹細胞と同じ仕組みで、新型コロナウイルスの細胞への侵入・感染を阻害する物質「キノロン系化合物」について、医薬品開発に向けた評価を進める。 バイオミメティクスシンパシーズは、さま...

現在、幹細胞(iPS細胞、間葉系幹細胞など)を病変部位に移植し生体機能の再生を目指す、再生医療の開発が活発に進められている。これらの細胞本来の機能に頼った天然型の細胞医療は、今後も着実...

科学技術の潮流(88)創薬モダリティー多様化 (2021/2/12 科学技術・大学)

【激しい開発競争】 低分子医薬、たんぱく医薬、抗体医薬、核酸医薬、遺伝子治療、細胞医療、治療アプリ、予防ワクチン。... しかし近年、さまざまな創薬モダリティー間の開発競争も繰り広げ...

重症化間葉系細胞、炎症治療に可能性 ...

細胞を封入したファイバー状の高分子材料をラットの腎臓にカテーテルで送達。... 尾上准教授らは、蓄積したマイクロ流体システムのノウハウを活用して、さまざまな組織に分化可能な間葉系幹細胞を封入した2層構...

免疫拒絶反応を抑制 ヘリオスは、独自開発したiPS細胞(人工多能性幹細胞)「ユニバーサルドナーセル(UDC)」の臨床株作製に成功し...

検証2020/創薬ベンチャーの戦い ワクチン・薬の開発活発 (2020/12/9 素材・医療・ヘルスケア)

肺で炎症性細胞が活性化されて組織が傷つく疾患で、重度の呼吸不全を招く。... ヘリオスは、米アサシスが創製した間葉系幹細胞製品「マルチステム」を、ARDSを適応症に開発中。... またヒューマンライフ...

ニュース拡大鏡/コロナ重症患者を救う! ARDS国内臨床 (2020/11/24 素材・医療・ヘルスケア)

そこで注目が集まるのが、炎症を抑える効果があるといわれる間葉系細胞だ。... 同社は米アサシスが創製した間葉系幹細胞製品「マルチステム」を日本でARDS治療薬として開発・販売する権利を持つ。 ...

順天堂大の運動器疾患の治療に関する知見と、セルソースの細胞に関する知見を掛け合わせる。... 既に活用されている血液由来の物質「多血小板血漿〈けっしょう〉(PRP)」のほか、細胞間の情...

RAINBOW 細胞培養で再生医療 北海道大学脳神経外科で生まれた「自家骨髄間葉系幹細胞(MSC)製品」技術の実用化に向け2019年、会社を発足した。... ...

このデータを基に過去の細胞画像、細胞品質を蓄積したデータベースから人工知能(AI)が分析する。 培養途中の細胞のみを使い、未来の細胞の品質を予測して培養過程をサポート...

幹細胞移植、適切な臨床を 新型コロナウイルス感染症の治療法の確立に向けて、薬剤やワクチンの開発だけでなく「幹細胞」の能力を利用した治療法の臨床試験が始まっている。... 一方、科学的...

「間葉系幹細胞を用いた新型コロナウイルス感染症に対する臨床試験はかなりの国で行われている」と話すのは、大阪大学教授で日本再生医療学会理事長の沢芳樹さん。 ... 米国では極めて前向き...

塩野義製薬とステムリム、再生誘導医薬で臨床実施契約 (2020/7/7 素材・医療・ヘルスケア)

塩野義製薬とバイオ医薬品メーカーのステムリムは、骨髄から幹細胞を血中に誘導し、損傷組織を再生する開発中の医薬品「再生誘導医薬」について、複数の疾患を対象とした医師主導の臨床試験を実施するための契約を締...

骨や血管などの細胞を再生できると期待される間葉系幹細胞を使い、重症肺炎患者を対象として安全性や初期の薬効を評価する。 ... 細胞製剤には他人の脂肪由来の幹細胞を用いる。脂肪組織に多...

新型コロナ/間葉系幹細胞で治療薬 ロート製薬、臨床計画 (2020/6/12 素材・医療・ヘルスケア)

骨や血管などの細胞を再生できると期待されている間葉系幹細胞を使い、肺炎患者の重症化を抑える効果を検証する。... 間葉系幹細胞は体内組織に含まれる幹細胞で、炎症や過剰な免疫反応を抑制するとされる。.....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン