679件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

「木質由来のセルロースナノファイバー(CNF)を活用したもので、高い耐熱性や安全性、電解液浸透性を実現する。

従来の微多孔質フィルム製に比べ加工が容易で、高い耐熱性や電解液浸透性、低コストが特徴だ。... フィブリックは電解液溶媒(プロピレンカーボネート)を使った浸透性の実験で即座に染み込むこ...

クレイ型電池は電極に電解質を練り込んで粘土状とした構造で、電解液を用いた従来のリチウムイオン電池と比べて安全性が高いのが特徴。... 【用語】クレイ型リチウムイオン蓄電池=電極材料が、電解液を...

展望2022/宇部興産社長・泉原雅人氏 グローバル・環境で成長 (2022/1/25 素材・医療・ヘルスケア2)

リチウムイオン電池(LIB)電解液材料の需給はひっ迫しており、北米のファインケミカル製品の新工場を早く実現したい」 ―LIB用セパレーターの展開は。 ...

今後は、電池の電解液や生体試料などの測定ニーズを開拓し、同装置の普及を目指す。

リチウムイオン電池用電解液は日米欧の3極で必要に応じて増産する。

正極材料と電解液の間にナノキューブを添加剤として少量加えるだけで、リチウムイオンの出し入れ速度が速まる。... ナノキューブに吸着したリチウムイオンは溶媒分子を脱離、表面拡散した後、ナノキューブと活物...

空隙(げき)率の高い炭素材料や充放電の酸化還元反応を促す電解液を作製して性能を高めた。

日本製紙、CNF蓄電体で協業拡大 実用化へ試作品開発 (2021/12/10 素材・医療・ヘルスケア)

CNF蓄電体は従来の電気化学的蓄電池と違い、リチウムなどレアメタル、電解液が不要で安全性も高い。

リチウムイオン電池の液体電解質を大阪ソーダのゲル化剤で半固体化することで、液漏れや発火のリスクを低減した。... 従来のリチウムイオン電池は引火性の電解液が使われており、液漏れや発火など安全性に課題が...

安全なリチウム電池開発期待 東北大学流体科学研究所の中村寿准教授と丸田薫教授らは、リチウムイオン電池の電解液主成分である炭酸エステルの着火反応を解明した。... だが、これらは電解液...

半導体向けに限らず電気自動車(EV)などの成長市場を狙い、リチウム(Li)イオンバッテリー電解液といった次世代材料で開拓する。

研究グループはこれまで電解液を酸化物ナノ粒子と混合することで固体状にした「疑似固体リチウムイオン電池」を開発。電解液に難燃性、難揮発性、低融点のイオン液体を使うため、全固体電池と同様に安全性が高い。&...

三井金属は11日、全固体リチウムイオン電池用固体電解質の量産試験設備での検証を完了し、サンプル供給を開始したと発表した。... 同社は、電解液と同等水準の高いリチウムイオ...

ケミカル山本/湿気やホコリに強い電源器 ケミカル山本(広島市佐伯区)は、ステンレス鋼の中性塩電解法による表面改質処理用として湿気やホコリ...

産総研、PETを常温で再資源化 原料収率9割超 (2021/11/9 科学技術・大学)

炭酸エチレンはリチウムイオン電池の電解液として利用される。

ニュース拡大鏡/ソフトバンク・NTT、二次電池開発アクセル (2021/11/3 電機・電子部品・情報・通信)

3月時点では1キログラム当たり450ワット時だったが、リチウム金属の界面制御技術や電解液技術の改良などにより密度を高めた。... 電極を導電性フィルム上に成膜し、電解質をゲル化することで、透けて曲がる...

日本ケミコン、アルミ電解コンデンサー 静電容量2割向上 (2021/10/19 電機・電子部品・情報・通信2)

使用する電極箔(はく)や電解液を見直すことで、電圧などの性能は維持しつつ、静電容量だけを高めた。... 基板自立形のアルミ電解コンデンサーは、主にスイッチング電源などの平滑回路に使う。...

LIB材料市場 EV向け需要増 LIBは正極材、負極材、セパレーター(絶縁材)、電解液の主要4部材と、正極・負極バインダー、正極・負極集電体、外装材などで構成...

正極の集電性や電解液の組成などを改良し、入出力性能も高めた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン