電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

374件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ファミマ、シュークリーム包材にバイオプラ活用 (2024/4/24 生活インフラ・医療・くらし2)

同社は環境に関する中長期目標「ファミマecoビジョン2050」を20年に策定し、「二酸化炭素(CO2)排出量の削減」「プラスチック対策」「食品ロスの削減」の三つのテーマに取り組んでいる...

フードロス削減に加え付加価値につなげる取り組みとなる。... 食品ロス削減に貢献できる商品では同年春の3品と合わせて5品のラインアップになった。「30年までに食品廃棄物を18年比で50%削減す...

環境省、脱炭素技術7件採択 (2024/4/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

愛研化工機(松山市)は産業技術総合研究所や愛媛大学などと分散型創エネルギー排水処理システムを研究し、NanoSuit(浜松市東区)は日立製作所などと生物模倣を生かした薄...

湖池屋、ジャガイモ系商品の賞味期限2カ月延長 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

サプライチェーン(供給網)全体での食品ロス削減を目指す。... 消費者庁が定めた食品表示基準で年月表示が可能な3カ月を超えるため。

試験結果を機器の安定稼働、異常通知による食品ロスや食中毒の危険回避サービスにつなげる。

エア・ウォーター、コメ卸の神明HDに出資 農業強化 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし1)

ベジテック(川崎市宮前区)、デリカフーズHDと合わせた4社連合体として、農業・食品事業で原料調達、加工、物流、販売などで連携する。... 低温・鮮度保持技術の活用で食品ロス削減も狙う。...

需要が予測不能のため手配していた予備の食品やトラックを不要にした。... 業界慣習を乗り越え、食品を賞味期間の3分の1以内で納品するルールも2分の1に改めた。食品ロス削減のため大手スーパーやコンビニエ...

「食品は最低でも2割ほど上がっている。... ただ、当社は食品ロスが非常に少ない。

県内食品製造の競争力強化や、県の食品ロス低減につなげる。 ... 栃木県の食品ロスは食品製造業からの排出が45%を占め、全国と比べ約2倍の高割合。未利用食品活用を促し、食品ロ...

大阪市は食品ロス削減を推進する。規格外品や余剰在庫品などの食品がある企業を対象に、それらの食品を消費者につなげるプラットフォームを運営するロスゼロ(大阪市西区)との商談会を4月に大阪産...

「どうやって食品ロスをゼロに近づければ良いのか」と話すのは、大森機械工業(埼玉県越谷市)社長の大森利夫さん。

微弱な電場を使って氷点下でも食品を凍らせない技術を活用し、専用コンテナで鮮度を保ちながら豚肉など生鮮食品を長距離輸送する。... 現在は紛争リスクを回避してアフリカ南端を迂回(うかい)...

冷凍加工食品を製造する。... 既存事業で培った調達力やシェフとのネットワークを生かし、食品ロスを缶詰やスープなどに活用する。... フードロス削減につなげたい」と佐藤広志社長は話す。

グリーンインフラ産業展2024/自然環境機能で課題解決 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

(総合1参照) ヤンマーグループは食品廃棄物を堆肥化するバイオコンポスターの実機を展示している。食品ロスの問題への注目度が高まる中、資源の循環システムの実現に向けた取...

未来にはばたくスタートアップ(4)KOMPEITO 職場でサラダ無人販売 (2024/2/16 中小・ベンチャー・中小政策)

都市部では食品製造工場や配送事業者と連携して商品の補充をし、地方では冷凍・冷蔵の宅配事業者に依頼して食品を届ける。 ... 販売売上を向上させるほか、食品ロスを低減させる狙い。......

また製造工程で生じる食品ロスを活用し、新製品・素材を開発するための設備やシステム導入費も新たに補助する。

関東経済産業局が開いた事例発表会では障がい者雇用や介護、食品ロス削減や観光促進などにスタートアップのサービスを活用して、地域活性化につなげる取り組みが紹介された。... 長野市はICS―net(...

23年度は「食品ロス削減・アップサイクル」「たんぱく質危機」をテーマに募集し、それぞれユニークなアイデアに出会った。

クラダシ、鹿児島・喜界町で食品ロス削減支援 (2024/1/19 中小・ベンチャー・中小政策)

クラダシ(東京都品川区、関藤竜也社長)は、鹿児島県喜界町と日本エアコミューター(鹿児島県霧島市)との間で「鹿児島県喜界町におけるSDGsの推進にかかる食品ロス削減等に向...

ファミマ、弁当容器変更 石油系プラ年421トン削減 (2024/1/17 生活インフラ・医療・くらし1)

同社は持続可能な社会の実現のため、温室効果ガス(GHG)削減、プラスチック対策、食品ロス削減に力を入れて取り組んでいる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン