126件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

6000人以上の死者を出した未曽有の大地震、阪神・淡路大震災によって神戸製鋼所の神戸本社が全壊、製鉄所も高炉など主要設備にダメージを受け、私の神戸市東灘区の自宅も全壊した。... 震災前のバブル期、高...

高炉各社が需要減を見越して設備の定期修理を集中して実施したため生産量はマイナスとなったようだ。 炉別では高炉系の転炉鋼が同2・1%減の2108万5000トン、電炉鋼は同0・5%増の6...

4―6月の需要の反動減を織り込み、高炉各社が設備の定期修理を集中して実施。... 定修が終わり、鉄鋼各社から製品が出始めれば輸入材が増えている状況も変わるのではないか」と注視している。 ...

消費増税の反動減を見越して、高炉各社が設備の定期修理を実施したことが影響して生産量は減少した。... 6月も高炉の定修で粗鋼生産量はマイナスとなる模様。一部で「自動車向けで消費増税後の反動減の影響が出...

需要減を見越して高炉各社が生産設備の定期修理を4―6月期に集中実施させていることも需要環境にはプラスだ。

【販価是正課題−コスト削減効果“目減り”収益悪化】高炉各社は低品位原料の利用を増やすなどコスト削減を“絞り出し”てきたが原料下落でメリットが小さくなる(神鋼の加古川製鉄所) 原料価格...

【鉄鋼/抑制も国内事業基盤は強化】高炉各社は国内の事業基盤強化を推進(新日鉄住金の君津製鉄所) 高炉4社は自動車や建設・土木関連など需要環境は堅調ながら設備投資は抑制基調だ。... ...

住宅関連などで消費増税の反動減の影響が出たほか、高炉各社が設備の定期修理を実施したために生産量は減少した。 ... 炉別では高炉系の転炉鋼が前年同月比3・5%減の681万1000トン...

(3回連載) 好調な内需を背景に生産出荷の拡大と販売価格是正によるマージン改善で高炉4社の収益は回復している。... 輸出比率が高い高炉各社にとって全社のマージン...

【在庫消化加速】 新日鉄住金など高炉は「盆休み前後から荷動きが良くなってきた」との感触を示す。高炉各社の生産ラインはタイト感が強まっており、特に自動車向けの荷動き・引き合いは「7月か...

高炉は「自動車の生産が当初見込みを上回る中で在庫を積んでいるのでは」と指摘する。 ... 高炉各社の生産はタイト感が出ており、6月以降は「建築、製造業とも間違いなく伸びる。

今年は全体に荷動きが堅調で、高炉各社の生産にもタイト感が出ているようだ。各社とも7―9月にはもう一段の生産増を見込んでいる。... また生産における在庫の割合は高炉・電炉の定期改修による生産減を受け2...

需要の復調で鉄鋼各社の収益改善も進展。高炉各社の2014年3月期連結決算見通しは神戸製鋼所、日新製鋼ホールディングス(HD)が経常黒字化を予想。... 各社とももう一段のコスト削減に加え、今後需要家と...

関東電炉各社は2月、主な18拠点で計41万8000トン(前月比7・1%増、前年同月比4・3%減)の粗鋼生産を計画する。... 高炉各社が市中から調達するスクラップも低迷したまま。

高炉会社4社の2012年4―12月期決算が14日、出そろった。... (総合1参照) 12年10―12月期は中国で日本製品の買い控え、建機・産機の低迷などで高炉各社の転炉鋼生産の合計...

日中関係の悪化で自動車向けの需要が縮小したものの、高炉各社が国内向けの生産を落としたことで在庫が消化された。

(10回連載、次回から素材面に掲載します) 【決死の覚悟】 2013年1―3月の鋼板輸出商談で高炉各社が値上げに動いている。... アジア市場では中国・韓国勢を含め...

高炉各社の2012年4―9月期連結決算が12日出そろった。... 各社とも業績低迷の主因はアジアにおける需給緩和の長期化に直面している鉄鋼事業だ。

2013年度から5年間で約150億円をかけ、実証試験用の高炉を国内に構えて各種要素技術を連携した試験を進める。... 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究開発事業として、08年度か...

【人的災害ゼロ】 臨海部に大型製鉄所を構える高炉各社も津波対策に力を振り向ける。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる