42件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

キャタピラージャパン(東京都世田谷区、ハリー・コブラック代表取締役、03・5717・1121)は、ブルドーザー「Cat D6K2=写真」を発売した。... 価格は2367万1000円(消費税抜き)など...

一眼レフに迫るミラーレスカメラ、先進技術で市場活性化 (2016/9/22 電機・電子部品・情報・通信)

パナソニックは高画質の「4K」動画から静止画を切り出す4Kフォトを核に訴求し、ミラーレスの弱点を克服する。6K以上になれば、写真家が展覧会に飾る大判印刷にも十分な画質になる。... 2017年春には6...

パナソニック、20年度までに「8K」動画撮影対応のカメラ投入 (2016/9/21 電機・電子部品・情報・通信1)

6K・8Kフォトへの対応により、プロ向け市場でも小型・軽量なミラーレスの存在感が増しそうだ。 6Kフォトは約1800万画素、8Kフォトは約3300万画素の高精細画像を切り出す。4Kフ...

パナソニックは2016年度中に、解像度がフルハイビジョンの9倍の6K動画を撮影できる機能などを持たせた計2機種の新型ミラーレス一眼カメラを市場投入する。民生用カメラで6K動画対応機は業界初。... 高...

【高圧力で変化】 高橋教授らは約11万気圧以上の圧力下で、はしご型構造を持つ鉄系化合物が、最高17K(Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C)で超電導を示すことを見いだした。... ...

パナソニックは画素数がフルハイビジョンの16倍の「8K」動画撮影に対応したデジタルカメラや放送業務用カメラを開発し、2020年までに順次発売する。... 8K対応品の前にフルハイビジョンの9倍の1コマ...

価格は「826K」が7369万円(消費税抜き)、「836K=写真」が1億1605万円(同)。836Kを先行して発売した。826Kを15日に発売する。

(03・3767・8861) 【ワンストップで自動化需要対応】 アステック九州工場(佐賀県神埼市)は、自動化、省力化の専用機を製作。... 30万画素から解像度16...

18テスラの高磁場までと、0・09Kの極低温までという磁場と温度環境を変化させて電気抵抗を測定することで実証した。... 研究ではランタン・ストロンチウム・銅の酸化物からなる高温超電導体を試料として、...

1・6K(Kは絶対温度、マイナス271・55度C)の低温で電気抵抗がゼロとなる超電導状態となった。... 研究チームは、金、ケイ素、ケイ化ストロンチウム(SrSi2)を、1500度C、6万気圧(1気圧...

椿本チエインは8日、優れたメンテナンス性の樹脂製搬送用チェーン「つばきプラスチックモジュラーチェーンWT2706―K形=写真」を発売したと発表した。... 食品容器やゴムシートの搬送向けなどに2016...

キャタピラージャパン(東京都世田谷区、竹内紀行社長、03・5717・1121)は、特定特殊自動車排出ガス規制の2011年基準に対応した13トンクラスの中型ブルドーザー「Cat D6K2=写真」を発売し...

その結果、自発磁化が生じる温度(94K〈Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C〉)より高い温度(126K)で磁化の温度依存性に異常が見られることが分かった。

キャタピラージャパン(東京都世田谷区、竹内紀行社長、03・5717・1122)は、特定特殊自動車排出ガス規制法(オフロード法)の2011年基準に適合した中・大型ホイールローダー「Cat966K=写真」...

伊藤さんは「高解像度の4K2K(約4000×2000画素)のパネル製造に匹敵する生産技術が必要だった」と開発の苦労を語る。 ... 東芝の伊藤さんは大画面化に向けて「6K3...

理化学研究所と東京大学、広島大学、東京理科大学は6日、6K程度(Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C)の低温下で、反物質の代表格である反水素原子を7%の効率で作り出すことに成功したと発表した。

高輝度光科学研究センターは米ミシガン大学、中国の浙江大学と共同で、18K(Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C)付近で超電導状態が一時的に消失する鉄系高温超電導体の鉄原子の役割を突き止めた。この超電...

この瓶の内部に、電場と磁場を調整しながら反陽子と陽電子をためて混ぜ合わせると、互いのクーロン力で引き合い、さまざまな衝突過程を経て0・6K程度(Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C)の冷たい反水素原...

富士通マイクロエレクトロニクスは16日、携帯用パソコン向けの無線通信規格の一つであるモバイルWiMAX通信処理(ベースバンド)LSI「MB86K23」を4月にサンプル出荷すると発表した。回路線幅65ナ...

だが、93年に発見された135K(高圧下で160K)の水銀系銅酸化物を最後に、酸化物系の記録更新は止まってしまう。... 中国を筆頭に世界が研究に参戦、臨界温度は金属系を上回り、56Kを超えている。&...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる