電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

181件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

コントロールシステムを開発したのは、四肢まひや筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者向けなどの支援機器を製造するテクノツール(東京都稲城市)。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭葉変性症(FTLD)などの治療や創薬研究を加速させた。

長谷川氏は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭葉変性症(FTLD)といった脳の神経変性によって引き起こされる疾患の進行に関わるたんぱく質「TDP―43」を発見。

車椅子レーサー、再び鈴鹿へ 20年目の挑戦支える特製装置 (2022/8/23 中小・ベンチャー・中小政策)

手動装置を開発したのは、四肢まひやALS(筋萎縮性側索硬化症)患者向けなどの支援機器を製造するテクノツール(東京都稲城市)社長の島田真太郎さん。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病の治療技術の開発に取り組むジックサックバイオエンジニアリング(川崎市幸区)と協力する。

三菱ケミカルG、デジタルヘルスの新興企業支援 (2022/7/4 素材・医療・ヘルスケア)

同プログラムでは①筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者や家族などの幸福感向上②分散型臨床試験のデジタル化推進③日本での任意接種ワクチン接種の推進をテーマに、最先端技術を持つ企業を募集する。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)や脳卒中などの影響で意識や感覚がありながら自分の意思を伝える手段がなかった人もコミュニケーションができ、患者の生活改善や介護負担の軽減につながる可能性がある...

京大、ALS対象に治療薬候補の第2相治験 (2022/4/21 科学技術・大学)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の井上治久教授らは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象に治療薬候補「ボスチニブ」(製品名ボシュリフ)を用いた第2...

その中で、カナダでの新型コロナウイルス感染症ワクチン承認や米国での筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬『ラジカヴァ』の経口薬の申請など地球規模の事業展開が進んでおり、国内も堅調。... ...

田辺三菱薬、米でALS経口剤を承認申請 (2022/1/18 素材・医療・ヘルスケア1)

田辺三菱製薬は米国で筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の経口剤「エダラボン経口懸濁剤」を承認申請した。... 同医薬品は点滴注射剤のALS治療薬と同一の有効成分を含む。... ...

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らは30日、筋肉の衰えにより2―5年で死に至る「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者が対象の白血病治療薬「ボスチニブ(製...

奈良県立医科大学の森英一朗准教授らを中心とする共同研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭型認知症(FTD)といった神経変性疾患における分子集合状態の制御が...

京都大学大学院工学研究科の白川昌宏教授と菅瀬謙治准教授ら研究グループは、アルツハイマー病や筋萎縮性軸索硬化症(ALS)などの原因とされる、たんぱく質の「アミロイド線維化」の過程を高分解...

パラマウントベッド、介護ベッドを音声操作 アプリに機能追加 (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)など指先でのボタン操作が難しい利用者が音声で操作できる。... 厚生労働省によると、ALSや脊椎損傷など指先でのボタン操作が難しいと想定される患者は約20万...

筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬開発や、片頭痛向けデジタル医療機器で外部企業と提携してきた。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)で発声や身ぶりが難しい人向けで、脳波を電気信号に変えて本人の意志を伝えられる。

既に脊髄損傷急性期、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、声帯瘢痕(はんこん)、急性腎障害で臨床試験を進めている。

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬について、まずは市場の大きい米国での承認取得を目指して開発を進める。

例えば筋萎縮性側索硬化症(ALS)は確定診断まで時間がかかる。

米国は現在、筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬が主力だが、同薬の経口剤に加え、疾患領域を拡大する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン