945件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

国連は生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)を中国・昆明市で10月に開いて新目標を採択する計画だったが、新型コロナウイルス感染の広がりで延期となった。各国交渉官が新目標を検討する作業部会も延期...

今のような立場に置かれているのが不思議だ」 「今年、英グラスゴーで開かれる第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)では、より野心的な目標を世界に発信してほしい。

従来捨てていた熱を最大限活用することによりエネルギー消費効率(COP)は一般的なヒートポンプと比べ、約2倍の10・2を達成。... VH2台を導入し、レトルト殺菌装置の廃温水を利用する飲料工場ではCO...

山口 COP23の現場を取材されていましたが、会議に参加されていた日本の建設会社の方が、泣かれていましたよね。

同条約の第26回締約国会議(COP26)が開幕する11月を提出の最終期限とする見方があり「関係省庁と調整し、国際的な発信で日本が正当な評価を受ける形にしていく」(小泉環境相)と、提出を見送る意思が固い...

COP15は生物を守る新しい世界目標を決定する。... 目標を採択するCOP15は10月15日、昆明市で開会予定だ。 現在の世界目標「愛知目標」は、10年に名古屋市で開かれたCOP1...

高耐熱性シクロオレフィンポリマー(COP)は車載レンズに採用されたり、シリンジ用として米国食品医薬品局(FDA)や学会にアピールしたりしている。... そうした中でCOPを原料とする光学フィルムの生産...

COP25で日本は「化石賞」を受賞したが、これからも地震列島で生きていく私たちにとって、原発の新設はハードルが高い。

2019年9月に神戸製鋼所と共同開発した高温・高COP(成績係数)の高効率汎用ヒートポンプを採用した。

【京都】サムコは独自のプラズマ処理技術で、マイクロ流体チップなどに使われる難接着性のシクロオレフィンポリマー(COP)などが常温で強固に接合できることを実証した。... 水蒸気で樹脂の表面をプラズマ処...

地球環境戦略研究機関(IGES)と地球産業文化研究所は17日13時30分から、灘尾ホール(東京都千代田区)で「COP25報告シンポジウム」を開く。2019年12月、スペイン・マドリードで開催された気候...

今年は英国で温暖化問題を話し合う締約国会議(COP26)が開かれる。

冷却のエネルギー消費効率(COP)は60馬力で3・46、70馬力で3・33とともに業界最高水準。

実際、19年12月にスペイン・マドリードで開かれた第25回気候変動枠組条約締約国会議(COP25)は紛糾。... 同様に重要なテーマである生物多様性についても、10年に名古屋市で開かれた生物多様性条約...

2020年 経済・産業 主な日程 (2020/1/1 総合3)

【1月】  1日(水)▽日米貿易協定発効  5日(日)▽家電・IT見本市「CES」(米ラスベガス、報道陣向け公開は6日まで、一般公開は7―10日) ...

12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で小泉環境相は目新しい政策を打ち出せず、日本は海外から気候変動対策に消極的と映った。

COP25(気候変動枠組み条約第25回締約国会議)では、国際NGO団体が日本を温暖化対策に消極的な国に認定し、2度目の「化石賞」を授与している。

スペインで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席した小泉進次郎環境相(写真)は17日、閣議後会見で「日本の調整がなければ、各国の粘り強い調整がなかった...

ルールづくりは20年の英国でのCOP26に持ち越しとなった。 ... COPでの議論が脱石炭火力発電の是非のみに集中したことは解せない。... COP25は成果に乏しかったが、パリ協...

きょうの動き (2019/12/13 総合3)

■政治・経済■ ◇12月の日銀短観(8時50分) ◇閣議(時間、場所未定) ■国 際■ ◇デギンドスECB副総裁講演(マドリード) ◇11月の米小売売上高(商務...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる