電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

29件中、2ページ目 21〜29件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

ソフトバンク、6G技術開発強化 テラヘルツ波の利用探る (2021/7/15 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンクは14日、2030年代に普及が見込まれる第6世代通信(6G)についての技術展を開き、テラヘルツ波や高高度疑似衛星(HAPS)関連の技術開発に力を注ぐ方針を示...

成層圏通信プラットフォーム(HAPS)用無人航空機向けにも開発が進んでいます。

ソフトバンク、二次電池検証評価施設を新設 (2021/3/16 電機・電子部品・情報・通信)

無人航空機を用いて上空から携帯通信エリアを広げるHAPS(高高度疑似衛星)事業のほか、飛行ロボット(ドローン)タクシーやロボットでの実用化を目指す。

三洋化成工業は24日、関係会社のAPB(東京都千代田区)が、ソフトバンク子会社のHAPSモバイル(同港区)と、成層圏通信プラットフォーム(HAPS)向け...

これに登壇した岸山祥久ネットワークイノベーション研究所無線技術担当課長は、カバレッジ拡張の手段として「高高度疑似衛星(HAPS)を使うことが考えられる」と解説した。 ...

HAPSモバイル、無人航空機の性能試験完了 (2020/7/31 電機・電子部品・情報・通信)

ソフトバンク傘下のHAPSモバイル(東京都港区)は30日、米ニューメキシコ州で、太陽電池を搭載した成層圏通信プラットフォーム(基盤)向けの無人航空機「サングライダー」の...

(編集委員・水嶋真人) ソフトバンク傘下のHAPSモバイル(東京都港区)は、太陽電池を用いて上空2万メートルの成層圏を時速110キロメートルで長期間周...

HAPSモバイル、米航空局から無人機飛行許可 (2019/8/9 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンク子会社のHAPSモバイル(東京都港区)は8日、上空2万メートルの成層圏を飛んで通信基地局の役割を担う無人航空機「ホーク30」の飛行許可を米連邦航空局(FAA)...

ソフトバンク、成層圏飛ぶ通信基地局 23年に開始 (2019/4/26 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンクは25日、上空2万メートルの成層圏を飛ぶ無人航空機「ホーク30=イメージ」を通信基地局のように運用し、1基当たり直径200キロメートルの地域に第4世代通信(4G)や...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン