電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

88件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

再生ボトルを確実に調達できるようにして、リサイクル率向上を図る。... 水平リサイクル率高める/科学的再生法を活用 PETボトルリサイクル推進協議会によると、国内のペットボ...

オレフィン素材は比重が小さく水に浮くため、水に沈むポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルとラベルを分離・回収しやすい。... 国内ではポリスチレン製が多く、グンゼはポリスチレンとP...

グンゼ、収縮フィルム発売 比重分離で回収可能 (2022/2/2 素材・医療・ヘルスケア)

PETボトル飲料や食料品、日用品などのラベル向けに展開する。オレフィン素材は比重が小さく水に浮くため、ボトルとの分離や回収がしやすく、枯渇性資源の石油を有効活用できると期待されている。

3R推進団体連絡会(東京都港区、秋野卓也幹事長=PETボトルリサイクル推進協議会専務理事)によると、ガラス瓶やペットボトルなど容器包装8素材のリデュース(廃棄物の発生抑...

東洋紡、100%植物由来のPET樹脂重合に成功 (2022/1/10 素材・医療・ヘルスケア)

東洋紡は100%植物由来のポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂の重合に成功した。サントリーグループと米バイオ化学ベンチャーのアネロテックが進めてきた、植物由来原料を100&...

【千葉】平和化学工業所(千葉県市川市、畠山和幸社長)は、ポリエチレンテレフタレート(PET)ボトルと同等の性能を持ちながら、水蒸気の透過を抑制できる...

産総研、PETを常温で再資源化 原料収率9割超 (2021/11/9 科学技術・大学)

PET樹脂のポリマーを分解してモノマーに戻せる。... テレフタル酸ジメチルはPETの原料になる。... 実現するとPETボトルの低コストリサイクルが可能になる。

全プラ製品対象、業界ガイドラインに期待 逆に、ペットボトルではPETボトルリサイクル推進協議会が、ペットボトルに着色しない、シュリンクラベルをミシン目入りにするなど「PETボトル自主...

同社は「A―PETシート」が主力。... 同社はバージン原料を使用したA―PETシートのほか、約20年前からPETボトルのリサイクル材料を使った同シートも手がける。... ボトルやそれ以外のPET廃材...

PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区、佐藤澄人会長)は資源循環に向け、2030年度までに使用済みペットボトルの100%有効利用を目指す。使用済みボ...

アサヒ飲料、ショート・ボトル缶強化 苦味を強調 来月発売 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

ボトル缶では砂糖不使用のカフェラテ「『ワンダ』極 老舗珈琲店の甘くないラテ」を4月に投入する。同ブランドでPETボトル商品は大幅に減少するため、20年販売目標は前年比4・8%減の376...

PETボトルを包むフィルム状ラベルを付けないラベルレス商品(写真)を拡充し、2020年の同商品出荷数量を前年比50%増の約150万ケースに引き上げる。... 三ツ矢サイダーの5...

2020予測/化学繊維、材料・生産にプラス「エコ」 (2020/1/6 素材・ヘルスケア・環境)

東レはストレッチ素材の主力ブランド「プライムフレックス」に、リサイクルPET(ポリエチレンテレフタレート)原料を用いたシリーズを追加する。... これまでのリサイクルPET原料ではスト...

挑戦する企業/アサヒGHD(5)SCM戦略を共有 (2019/11/29 建設・生活・環境・エネルギー)

この他にPETボトル原料のレジンやアルミ缶なども含む。PETボトルは日本では飲料用だが、欧州ではPETボトル入りビールが販売されている。これらをマスボリュームによる共同購入で単価を下げるほかに、PET...

アサヒグループホールディングス(GHD)は、アサヒビール名古屋工場(名古屋市守山区)にPETボトル容器商品(清涼飲料)の製造ラインと物流倉庫を新設する。...

東レ、繊維原料再利用を本格化 回収PETボトルで (2019/9/6 素材・医療・ヘルスケア)

東レは5日、回収したPETボトルを繊維原料として再利用する取り組みを本格的に始めると発表した。多様な繊維断面や細さ、高い白度が可能なPETボトルリサイクル繊維の生産技術を開発した。... 日本のPET...

コカ・コーラが新工場、広島・三原市に来春完成 (2019/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

このうち1ラインは炭酸PETボトル兼用となる。

PETボトルリサイクル推進協議会によれば、2017年度のペットボトル販売数量のうちの回収率は92・2%と高水準。... ここにきて注目されるのが飲料用ボトルに再加工するボトルtoボトルだ。.....

タカナシ乳業/華やぐ香りジャスミン茶ラテ (2019/6/24 新製品フラッシュ1)

ミルク本来のおいしさを伝えるために、牛乳びんの形をした同社オリジナルのPETボトル容器を採用。

アサヒ飲料、群馬工場で乳性飲料増産 (2019/1/16 建設・エネルギー・生活1)

アセプティックPETライン(無菌充填する設備)を増設するほか、「カルピス」の乳発酵設備を更新する。... アセプティックPETラインは従来の3ラインから4ラインに増やす。調合設備、PE...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン